「今日の午後はお休み!」ふいに手に入れた半休。さて、どう過ごそうかな。ショッピングや映画もいいけれど、たまにはちょっぴり遠出してみる?

川越・小江戸は、都内からサクッと行けて、旅行気分を味わえちゃうスポット。食べ歩きや風情ある町並みを楽しむ、弾丸ぶらり旅をしてきました♪

 

風情あふれる菓子屋横丁で食べ歩き♪

まず訪れたのは、菓子屋横丁。和甘味や駄菓子屋さんが軒を連ねる通りです。和の風情あふれる通りには、思い思いに食べ歩きを楽しむ人たちがたくさん!

 

誘惑に耐え切れず、「生芋ようかんソフトクリーム」(300円)を購入♪

 

紫芋と芋ようかんのミックスソフトクリームに、耳のように刺さった芋チップスがアクセント♡やさしい甘みが仕事終わりの体に沁みる…!

 

川越は芋の産地なのだとか。他にも芋ようかんやおまんじゅう、芋けんぴなど、いろんな芋スイーツが味わえます♪

 

 

着物姿の女性もちらほら。艶やかさが目を惹きます♡

 

気の赴くままにお店を覗こう♪蔵づくりの町並みをゆったりお散歩

 

続いて、蔵づくりの町並みをお散歩しました。小江戸のメインストリートでもある大通り沿いには、歴史的な建造物が目白押し。右にも左にも気になるお店がありすぎて、何度も道を行ったり来たり。

 

 

外まで茶葉のいい香りが漂っていたお茶屋さん。店内2階には小休憩にぴったりの茶房も。

 

お茶屋さんの反対側で見つけたのは、ちりめん細工のお店です。

 

 

お店に入ると、ちりめん細工がディスプレイされています。やさしい表情のお人形は、どれもこれもかわいい♡

 

 

 

 

川越限定品も見つけちゃいました♡がま口タイプの小銭入れやポーチ、印鑑ケースなど。ちりめんのざらりとした手触りが気持ちよく、何よりとってもキュート♪

 

 

2階では、さまざまなデザインの手ぬぐいが販売されていました。中にはハロウィンやクリスマスといった洋物の柄も。

 

実はこの手ぬぐい、手軽に模様替えができる壁インテリアアイテムとして人気なんですよ。

 

 

こうした路地にも心惹かれます。奥へ入っていくと…

 

 

桜が咲き誇っていました!

 

 

川越の名物のひとつ、小江戸ビールを発見!あちこちで見かけましたが、今回は翌日のことを考えてガマンガマン…。

 

荷物になっても構わない!という方は、お土産として買って帰ってもいいかも♪

 

 

木工商品店のショーウィンドウでは、珈琲すり器という変わった商品も。おもちゃやアクセサリーも販売されていました。

 

こうした木製商品は、昔ながらの町並みにもしっくり溶け込みますね。

 

小江戸のシンボル時の鐘!川越薬師で参拝も

 

川越・小江戸のシンボル「時の鐘」。1番「川越に来た!」と思えるスポットです。時の鐘の下にあるのが「川越薬師」。川越に訪れたら、是非行って欲しい所です♡

 

 

…さて、ここまで歩いてきたところで、のどが渇いてきました。足も疲れてきたので、少しひと休みをしたいところ。

 

そこで入ってみたのが、時の鐘の下にある、福呂屋です。

 

 

創業明治8年の老舗なのだそう。テイクアウトもできますが、「座りたい…」ということで、2階席へ。

 

 

オーダーはアイスのほうじ茶ラテ♡歩き回って火照った体をクールダウンさせてくれます。お席も和のテイストで、落ち着くひととき…。

 

さあ、そろそろ帰りの時間。バス停まで気まぐれ散歩を続けましょう♪

 

半日旅行は「いつもの1日」を特別にするスパイス

 

「行っちゃおうかな?」と思ったときにすぐ行ける半日旅行。たった半日だけど、されど半日。思う存分、旅行気分を味わえました♪

 

会社や自宅近くで過ごす時間より、何だか充実度が高かったように感じるのが不思議です。半日お休みが取れる日に、ぜひお出かけしてみてくださいね!

 

さて、次はどんなところに半日ぶらり旅に行こうかな?

 

布遊舎

住所/埼玉県川越市元町1丁目15−5

 

福呂屋

住所/埼玉県川越市幸町15-1

営業時間:10:00~19:00

定休日 :月曜日

URL/http://fukuroya-kawagoe.com/shop/index.html

 

 

 

今回の記事の内容に関してお気づきの点がございましたら、

こちらまでお問い合わせください。 lala@pado.co.jp(L’alapado編集部)