全国にはまだまだ知られていない手しごとがたくさん!「はじめて見た」「これ何?」などなど、ラーラぱど編集部が気になるものをご紹介!すてきなものに出会って、毎日に潤いを与えましょう。

 

 

生命力あふれる、触りたくなるオブジェ

壁に掛けられた初めて見るアート。温かみがあって、ふんわりとした手触りを思わず想像してしまう。寒い地域で作られているものだと勝手に想像していると、これらは、まさかの亜熱帯沖縄。そう、「Fiber art」は沖縄在住のアーティスト・カナイエリさんによるアート作品なのです。

 

 

ふわふわの正体は”生きたメモリー”

カナイさんの「Fiber art」は、アルパカの赤ちゃんの毛や上質な羊の毛を使った「動物の生きたメモリー」を込めた作品。さらに彼女の言葉を借りると、「あらゆるものを一つの生命体であるとした有機体論を軸に、衣類を紐解き、そのバックグラウンドにある遊牧民族の暮らしのパートナーである動植物や環境を一つの”生きるもの“として捉えなおしたもの」だと言います。

 

 

作品一つひとつに硬いものと柔らかいものが合わさり、直線と曲線が交わります。一見相反することがカナイさんのセンスにより上手くまとまり、そこに生命力、奥深さを感じずにはいられません。 彼女が住む今帰仁村は、手つかずの自然にあふれている場所。ここだからこそ、真摯に”生きたメモリー“とも向き合えるのかもしれませんね。

 

 

■カナイエリさん

東京から沖縄に移住して15年目。普段はご主人と『atelier cafe bar 誠平』を営みながら、 総合的な空間ディレクションなど、ディレクターとしても活躍。近年ではコーディアル・ジャムなどの加工食品や県内外のオフィス、商業施設、イベントブースなどの空間ディレクションで注目されている。

 

 

問合せ:HELIX DESIGN OFFICE

090-7947-5026

helixdesignjp@gmail.com

islandchefsapartment@gmail.com(島田展人宛て)

 

 

///// 「Fiber art」作品をプレゼント! /////

カナイエリさんの「Fiber art」作品を抽選で1名様にプレゼントします。応募条件は、『ラーラぱど』本誌の表紙をおしゃれに撮って、インスタグラムにポストするだけ!

 

★ハッシュタグ「#ラーラぱど」を必ず付けてポストしてください。

当選者の方には、ダイレクトメッセージでお知らせさせていただきます。 応募締切は、2018年4月30日(月・祝)です。