ハンドメイド雑貨やおしゃれな小物が好きな女の子の心をゆさぶるカフェギャラリー「LUPOPO」。三軒茶屋から徒歩4分ほど歩くと見えてくる、まるでヨーロッパの街並みの一角にあるような建物です。そこで、今回は中を覗いてみたくなる店内のご紹介をします!

 

LUPOPOってこんな店

さっそく店内を覗いてみると、お店の半分以上を埋め尽くすのは手作り雑貨!!

ピアスやキーホルダーなどのハンドメイドアクセサリーもたくさんあります♡

時期ごとに個展も開催されているのでお気に入りの作家さん見つけてみるのも楽しそう!

 

入って左側のカフェスペースは、机の上に可愛い形の花瓶や、木の温かみがあるテーブルで、ホッと落ち着ける空間になっています。

 

【そもそもLUPOPOを開こうと思ったきっかけってなんですか?】

店主花井さんのお母さんは、生まれ育ったここ三軒茶屋で30年間お店を営んでいたと言います。そんなとき「そろそろ何か違うことがしたいね」。という話になり、好きだったカフェとレンタルボックスを一緒にやろうということになったとのこと。

 

店主花井さんのイチオシ作品

【hacy’sさんの作品】http://lupopocafe.net/hacys-34/

様々な動物のピンクッション 各980円~

可愛くてピンがさせない、、(笑)

 

【にしきのさんの作品】http://lupopocafe.net/nishikino-14/

桜のイヤリング 1,600円

ピンクと桜で女性らしさが漂います。春にぴったり!

 

【千葉夏海*たそがれ水曜日さんの作品】http://lupopocafe.net/chibanatsumi-8/

空時計バングル(針は動きません) 各5,400円

バングルだけど、お部屋にかざっておきたくなる美しさ。

 

ハンドメイド雑貨の魅力は、作り手の味わいや温もりを感じることができることや、大量に生産できない雑貨なので希少感を得ることもできますね

 

カフェ

日は、とってもあたたかい気候だったので、私はさっぱりとした

ジャージャー麺を注文しました。ケーキセットもあるので、デザートタイムとして立ち寄ってもいいですね。

 

ジャージャー麺セット(コーヒーもしくは紅茶付 1,000)

ちょっぴり甘辛いミンチと、もちもちとした麺。さらにシャキシャキのきゅうりの相性が抜群!これなら、夏バテの時期なんかも食べられちゃいそう~♪

 

カフェで使う食器も手作りこだわり、陶器市に行って器を探し、職人さんに

お願いして一つひとつ作ってもらったそう!

 

料理を注文をしてから、届くまでは作品をゆっくりと見ることができます。

もちろん、作品の購入だけで足を運ぶ方も多いので、ランチ終わりに

ちょっと寄ってみるのもいいかも♪

 

机の上にあるメッセージ

机の上に並んでた20冊以上あるメモ帳には、お客さんのメッセージが残されています。

読んでいて、お店が愛されているんだな~と心がほっこりしました。

 

忙しい毎日でも、クラフト雑貨に囲まれたカフェタイムでリフレッシュ!!

午後は買ったアクセサリーをつけて、お仕事もうひと頑張りできそうな気がしませんか?

 

 

 

*café & gallery LUPOPO*

住所/世田谷区三軒茶屋1-35-20 1F

アクセス/三軒茶屋駅から徒歩5分

営業時間/11:30~19:30

休み/火曜・水曜

HP/http://lupopo.net