ココロのあり方のテーマを中心にしたブックセラピストとして活動中の元木忍さん。L’ala Pado世代の働く女性のために、元木さんがココロもカラダも自然に笑顔になれる本をお届け。今月は、「自分を少し変えること」ができる滝本哲史さんの著書『ミライの授業』をご紹介。

 

[Vol.2]元木忍のL’ala LIBRERIA『いのちを呼びさますもの』

 

 

L’ala LIBRERIAとは

「LIBRERIA」とはスペイン語で「やさしい風の本屋さん」という意味。スペインの本屋さんは所狭しに本が並び、そこで素敵な一冊に出会ったり、予想外のものを発見することができます。

 

人、社会や地球を、そして自分自身を愛すること…。

この世の中が持続性可能でよりよい社会になるために…。そして、ありのままを受け入れることができる自分自身になるために…。元木さんがラーラぱどのために毎月一冊をセレクト。

 

 

滝本哲史著『ミライの授業』(講談社)

キラリ女性になるには、まずはキラリ女性を知っておこう!

女性にだってイノベーションはおこせる。今ちゃんと知っておきたいキラリ女性を紹介すると、誰もが知っているナイチンゲールは戦死ではなく病院環境の悪さで亡くなってしまう現場の事実を訴え、徹底した統計学で環境を整えた。また、ベア・テシロタ・ゴードンという女性が日本国憲法の中に「男女平等」という概念を取り入れることに力を注いでくれた人がいた。しかも戦後の日本の法律のことに、当時22歳のユダヤ人が真剣に取り組んでくれたことに驚きを隠せない。今、私たちが男性と肩を並べ意見を交わし、共に働けることに改めて感謝をしたい。その他、ココシャネルやハリーポッターのJKローロングの話も掲載しておりボリューム満載の1冊。些細な本質を見過ごすことなく貫き通せば未来を変えられると。まずは自分を少し変えることからはじまるのだとこの本は説いています。

 

キラリ女性、最高!

 

                       

 

 

ブックセラピスト 元木忍/

3.11の震災を機に仕事を見直し、南青山にココロとカラダをコンセプトにした本屋、イベント等の企画、東洋医学のエステを併設した「brisa liberia」を開業、代表を務める。ココロのあり方のテーマを中心にしたブックセラピストとして活動中。