最近、パソコンの調子が悪くデータが消えそうになり大慌て。そこで朝活参拝がてら、神田明神(正式名称:神田神社)へ、やって参りました! 実はこちらの神社、電気街やビジネス街の多いエリアの氏神様だけあり、パソコンデータに関する「お守り」が手に入る嬉しい神社なのです。これは楽しみ!

 

「御茶ノ水」「お茶の水」「秋葉原」から歩けるので、朝活参拝におすすめ!

 

 

総檜造りの「隨神門」が見事な美しさで、目をひきます。ついついそのまま足を踏み入れたくなりますが、そこはひと呼吸。隨神門の左手前に「手水舎」があるので、こちらで心身を清めてから境内に入ります。

 

 

青空に映える御社殿は、神社建築としては画期的な「鉄骨鉄筋コンクリート・総漆朱塗」。東京大空襲にも耐えた、力強い建物なのです!

そして御社殿の手前には、これまた珍しいタイプの狛犬がいましたよ。

 

 

真正面を向いているのです。目に表情を感じるほど、リアルな顔立ち!

 

 

 

向かって右側の狛犬(獅子)。迫力があります。 

 

 

 

厳かな雰囲気を全身で感じながら、神前で手を合わせます。「パソコンのデータが守られますように」の他に、もうひとつ。心のなかでぶつぶつと、日ごろの感謝の言葉も忘れずに……。

 

「神田明神」は、パソコンのデータ関連のみならず、家族円満、縁結び、商売繁盛、除災厄除など、さまざまな神徳のある神社なので、心の中で呟くことも増えがちです。

 

 

参拝の後は、たのしみにしていた「お守り」&「御朱印」

 

 

念願の「IT情報安全祈願」のお守りをいただきました。こちらのお守りは、パソコンに貼って使えるそうです。さすが秋葉原の氏神様。この他にも、萌えキャラのおまんじゅうや絵馬もありましたよ! 

 

しかもホームページから、神田明神公式LINEスタンプ(http://line.kandamyoujin.info/1)も入手できるちゃうのです。なんだかありがたいLINEスタンプですよね!

 

 

もちろん御朱印も忘れずにいただきました。

 

 

神田明神は一風変わったものが多くあり、みどころが満載

 

 

参拝受付などをおこなう「鳳凰殿」の横に、何やら水色の像が!

こちら、イルカやタイ、トビウオに守られて大海原を渡る「えびす様」の姿なのです。

 

 

「お獅子」が運んでくれるおみくじもありました。大胆に動く「お獅子」の姿に、ほっこり。

 

 

おみくじは、こちらに結んでおきました。おみくじで埋まったら立体のハート型になるようです♡

神田明神はおとなの女性がキュンとなる要素がたくさんあります。私が、心惹かれたのはこちらの「明(あかり)」ちゃん。

 

 

境内で過ごしている神馬・神幸(みゆき)号「明(あかり)」ちゃんは、平成22年生まれの牝馬。あし毛が美しい神馬です。年齢を重ねるにつれて白毛が増えて白馬になるそうですよ。この日は、お眠りタイムだったようで、あまり顔が見えなくて残念! でも、眺めているだけで癒されました。

 

 

他にも境内には「銭形平次捕物控」(野村胡堂作)の主人公「銭形平次」碑や、江戸の昔よりこの地で育つ「公孫樹(いちょう)」のご神木もありました。

 

 

なんだか気持ち良くて、ぼんやりと樹木を眺めてしまいました。江戸時代から暮らしの様子や街並みはかわってしまったけれど、それでも生き続けている樹木があるなんてすてきですね。

 

 

最後に、境内の売店でアイスクリーム! 今日もパワフルに過ごせそうです!

 

 

神田明神

住所/〒101-0021 東京都千代田区外神田2-16-2

電話番号/03-3254-0753

公式サイト/http://www.kandamyoujin.or.jp/

アクセス/御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分
     秋葉原駅(電気街口)より徒歩7分