気持ち良く朝のスタートを切ることは、1日を心地よく過ごすための大事なポイント。ちょっぴり早起きして清々しい朝の空気を楽めたら、その日を軽やかな気持ちでスタートできますよね♪ 朝の楽しみ方は人それぞれですが、おすめなのが ”朝シャワー”!寝起きの頭と気持ちをスッキリさせてくれるのはもちろん、全身の血行がよくなってお肌の調子もワンランクアップしますよ。 

 

 

心地いい朝習慣!10分の早起きで、朝シャワーしよう♪ 

 

 

 

気持ちよく朝のスタートを切りたい♪でも、ちょっとした朝の困りごとといえば、むくんで顔がぼやけてる…、肌が乾燥気味でメイクがのらない…などなど。その原因のひとつとして、リンパの流れや血液循環の滞りが考えられます。肩こり、疲れがとれにくいという人も、もしかしたらそのせいかも? 

 

朝が苦手なうえに冷え性でもある筆者。朝シャワーを試してみたところ、湯船に浸からなくてもシャワーだけで身体が温まり、顔色も良くなったといううれしい発見が!予想以上の朝シャワーの良さを体感しびっくりしたので、ポイントや浴び方をお伝えしたいと思います。

 

 

■ちょっとしたポイント♪ 

 

★お湯の温度は少し熱いと感じるくらい、水圧は強めにするとマッサージ効果が期待できます。さらに温水と冷水を交互にあてると血行がよくなりやすいですよ。 

 

★お風呂場の床にアロマオイルを1 滴。ほんの少しの手間で、良い香りに包まれながらのバスタイムになるのでおすすめです。オレンジやレモンなど柑橘系のさわやかな香りが朝には良さそう♪ 

(※直接肌に触れないよう、注意してください) 

 

 

 

 

■ただ浴びるだけじゃもったいない! 抑えておきたいポイント♪

 1 ・首の後ろに熱めのシャワーをあてる 

首の付け根や、耳の後ろあたりに熱めのシャワーをあてて温めましょう。 

首や肩が凝っていると、血液循環も滞りお肌に栄養がいかない原因になることも。血行がよくなることで、栄養もいきわたり、柔らかなツヤ肌へ近づきます。 

 

 

 

2 ・リンパの流れに沿って老廃物を流す

リンパマッサージを手でするときには、肌の表面にあるリンパをなでるようにごくごくソフトな力加減でマッサージするのがよいとされていますが、プロのエステティシャンとは違い、素人には力加減が難しく、思うような効果が得られないこともあります。

シャワーの圧力はリンパを流すのに良い力加減なのに加えて、温めることで老廃物を流しやすくしてくれる効果もあるのだそう。 

 

つま先から太ももへ、手の先から二の腕へ……と先端から心臓にむかってシャワーをあてていきます。その後、首筋から鎖骨、脇の下へと老廃物を流していくイメージで、お湯の温かさを感じながらゆっくりと時間をかけて何度か行っていきます。 

私は、身体の内側から温まったように感じるまで、5~7分程度行いました。

 

 

 

 

3・ ほおの内側からシャワーマッサージ 

 

美しいつや肌の持ち主でもあり、美容家の小林ひろ美さんが実践している「バラ色のほお」になる方法。シャワーを口のなかにあて内側からあたためることで、血色のよい上気したほおがよみがえるそうです♪ 

試してみたところ、確かに寝起きのぼやっとした顔にパッと明るさが宿った気がしました! 

 

 

 

■結果は…予想以上に身体とお肌の調子がよいと感じました!

 

朝のシャワーを浴びるときは、いつもならササッと済ませてしまうのですが、じっくり身体を温め、老廃物を流すように意識しながらシャワーを浴びてみると、いつもと明らかに違う感覚に驚きました!

 

・まず、シャワーを終えたあと鏡をみると、血色がよく朝から表情が生き生きしているように感じました。 

 

・シャワーを浴びてから30分〜1時間後、身体がぽかぽかとしてきて……普段は体温が低いはずの時間帯なのに汗ばんでいてびっくり! 

 

・体調がよいので、いつもよりスムーズに仕事へ気持ちを切り変えられた気がします。 

 

 

 

 

■1日を心地よく過ごすための朝習慣を♡

早起きして体調を整えることで、自分の身体を大切にしている感覚も手伝ってか、予想以上に気持ちのよい1日を過ごすことができました。 

みなさんも朝のシャワーで気持ちもお肌も上向きに。いつもより少し早起きして、良い1日をスタートさせてくださいね♪ 

 

(※ご紹介した内容はあくまで筆者の感想であり、体感には個人差があります。)