東京のシンボルのひとつ、スカイツリーを臨む「亀戸天神社」は、藤棚が境内に多く植えられている「天神様」。赤い橋を渡って行く参拝道から見る緑が爽やかな神社です。学問の神様の印象が強い天神様ですが、悪いことを「ウソ」にしてしまえるって、知っていましたか?

 

 

赤い鳥居の向こうには印象的な赤い橋

 

 

wakanaさん(@yotsubakuma)がシェアした投稿

 

赤い大きな鳥居の向こう側に見えるのは、川の上に掛かったアーチ状の赤い橋。社殿はここからはまだ屋根しか見えません。

 

アーチ状の橋が、何だか映画「千と千尋の神隠し」のワンシーンみたい。階段を上るだけなのに、ちょっぴりわくわくしてしまいます。

 

 

wakanaさん(@yotsubakuma)がシェアした投稿 – 2018年 5月月18日午後2時24分PDT

 

橋の向こう側には、東京スカイツリーを望めます。木々の緑と橋の赤、空とスカイツリーの青の対比が、何とも鮮やか!

 

 

wakanaさん(@yotsubakuma)がシェアした投稿 – 2018年 5月月18日午後2時29分PDT

 

赤い橋は社殿前にも。橋の向こうに見える社殿も、何だか風情があります。参道の両脇には、藤棚がずらり。創建当初から植えられていると言われているのだそうです。江戸時代には錦絵にも描かれ、かなり有名なスポットだったのだとか。

 

毎年4~5月頭には、藤まつりが開催されているのだそうです。すごい量の藤棚を見て、満開時はさぞ壮観だろうなあと思いました。

緑あふれる季節もいいけれど、次回は藤のシーズンに来てみたい。

 

 

shinji kawadaさん(@k_hibuki)がシェアした投稿 – 2018年 4月月27日午前4時32分PDT

(出典:k_hibuki

 

藤まつりの時期には、夜間ライトアップも行われるのだそうです。昼間とは違った幻想的な雰囲気に。これは生で見てみたいですね……!

 

こちらの素敵なお写真は、k_hibukiさんよりお借り致しました。

 

 

“学問の神様”のもとには未来を願う絵馬がたくさん

 

 

wakanaさん(@yotsubakuma)がシェアした投稿 – 2018年 5月月18日午後2時43分PDT

 

参道の左側に、子どもの頃の天神様――菅原道真公の銅像が立っていました。天神様といえば、学問の神様。いつの時代も合格を願う受験生の気持ちは同じ。たくさんの絵馬に合格祈願の願いが綴られていました。わたしは合格祈願をする必要はもうないけれど。

 

さて、それでは手水鉢で手を清めます。お水を吐き出しているのが、亀でした。

 

 

wakanaさん(@yotsubakuma)がシェアした投稿 – 2018年 5月月18日午後2時46分PDT

 

そういえば、亀戸天神社にはたくさんの亀がいるのですよね。橋の下の川には、あちらにもこちらにも亀がひなたぼっこをしたり泳いだりしている姿を見ることができました。「亀戸」だけに、「亀」なのでしょうか。

 

 

wakanaさん(@yotsubakuma)がシェアした投稿 – 2018年 5月月18日午後2時51分PDT

 

 

 

さて、それでは、いざ参拝。学問の神様に、大人のわたしは何を願おうかと思いながら、二礼二拍一礼。

 

 

wakanaさん(@yotsubakuma)がシェアした投稿 – 2018年 5月月18日午後3時00分PDT

 

参拝後には、こちらも天神様ではおなじみの牛の像。多くの人になでられてテカテカになった牛を、わたしもなでなで。……受験はもうないけれど、やっぱり賢くありたいですもんね。

 

 

「凶事をウソに」してくれる鳥に願いごと

 

 

wakanaさん(@yotsubakuma)がシェアした投稿 – 2018年 5月月18日午後3時15分PDT

 

 

参拝も終わったところで、御朱印を書いていただきます。書いて頂いている間に気になったのが、お守りの一覧のところにある「うそ守り」。「うそ笛」「うそ土鈴」……「うそ」がつくお守りがたくさんあるのです。

 

御朱印をいただいたあと、この「うそ」について神社の方にお聞きすると、「うそ」は実在する鳥の「鷽(うそ)」のことなのだとか。悪いことを取り替えて(鳥替えて)良いことに転じさせる、という習わしがあるのだそうです。「うそ」は天神様ゆかりの鳥。これは、学問の旧字「學」と「鷽」とが似ていることが由来。おもしろいですよね。

 

 

wakanaさん(@yotsubakuma)がシェアした投稿 – 2018年 5月月18日午後6時11分PDT

 

悪いことを良いことに転じてくれるだなんて、これはちょっと学問の神様よりも関係があるぞ……ということで、お守りをちゃっかり買っちゃいました。(うそカード型 700円)

 

もうひとつのお守りは、健康を守ってくれ、長寿を願う「ふじみ守」。(500円)こちらは、母に送る予定。藤の薄紫色と花の刺繍がかわいい。

 

「天神様だなんて、もう大人のわたしにはちょっと関係がない場所なんじゃ?」と思いながら訪れた亀戸天神社。思わぬ「うそ」と出会えたことだし、これで今日これから起こるはずだった悪いことも、全部良いことにチェンジできたかも?

 

 

■亀戸天神社

住所/東京都江東区亀戸3丁目6番1号

電話/03-3681-0010

公式サイト/http://kameidotenjin.or.jp/

アクセス/亀戸駅 北口より徒歩15分
     錦糸町駅 北口より徒歩15分