世界から国内まで旅を愛する、ラグジュアリーバックパッカーの雨宮あゆ実です。葉山の日帰り旅で地元の人におすすめしてもらった素敵なお店、2018年1月にオープンしたタルト専門店『Maron(マロン)』をご紹介します。今まで食べたチョコレートタルトの中でわたし的NO.1に出会いましたよ!

 

地元の人が通いつめる住宅街に佇む美味しいタルト屋さん

住宅街を歩いていると突如現れる小さな看板『Maron』が目印の一軒家の1階にお店を構える小さなお店。

 

普通の家のドアに、「タルト屋やってます!」とかかっているので、これを目印に中に入ってみて下さい。あまりにも普通のお家で「え?ここ?」とわたしも驚いてしまいました。

 

中に入ると『MARON』の可愛い壁がお出迎え。そして更に奥にいくと・・・

 

小さなスペースにショーケースがありタルトが並んでいます。

 

こんなに小さなスペースなのにひっきりなしにお客さんがくるんだから、本当に地元の人に愛されている名店です。それは一人でタルトを作り販売までしているパティシエの人柄あってなのかな?と思うほど、パティシエも素敵な女性でした。

 

彼女は元は洋食のシェフだったそうで、お料理の一環としてデザートを作っているうちに本格的に習いたくなり、デザートの勉強をはじめたそうです。その後シェフに戻るかと思っていたものの、「誰かの記念日に自分の作ったお菓子でお祝いしてもらえるなんて、嬉しい!」とやりがいとパティシエの楽しさに目覚め、今ではタルト屋さんをしているわけです。

その道のりも平坦ではなく、オフィスでマーケティングの仕事に就いてから独立したそうなんです。自分の店舗が持てた今が楽しい!と笑顔で語って下さいました。

そのパティシエのお話を聞いていると、着々とやりたいことを実現していく姿にわたしも感動してしまいました!

 

 

パティシエが心を込めてつくるこだわりの素材を使用したタルトたち

今回は3種類のタルトをいただきました。「料理は心でつくるもの」と言われるだけあって、一つひとつ丁寧に作られた美味しいタルトは小さなお子様から大人まで大人気。午後には売り切れてしまうものもあるので、種類がたくさんある午前中がおすすめですよ。

 

先ず、看板商品の『大人の生チョコタルト』(460円税抜き)。こちらは高品質のブランデー『V.S.O.P』とパティシエが納得いくまで探し求めたというベルギー産チョコレートを贅沢に使ったこだわりのチョコレートタルトです。

口に入れると濃厚なチョコレートがとろけ、ブランデーの香りがふんわりと広がります。タルト生地は薄くてサクサクでチョコレートによく合います。実はお酒があまり得意ではないわたしですが、今まで食べた生チョコタルトで一番美味しい!と思えたほどです。お酒が苦手な方でも楽しめるほど、バランスがよい正しく大人な味でした!リピーターも多いそうです。

 

続いて『生チョコバナナタルト』(480円税抜き)です。ココアのタルト生地に濃厚なビターチョコレートとバナナ、生クリームがのっていてほどよい甘さでパクパク食べれちゃいます。こちらはお酒は使用していないそうなのでお子様にもおすすめです。

 

最後に『オレンジのタルト』(500円税抜き)を。サクサクのタルトとマーマレードジャム、そしてカスタードクリームが合わさり、甘さの中にオレンジの酸味と香りが広がるフルーティーなタルト。

 

どれも美味しくて地元の人がこぞって買いにくるのが分かります。

 

小さなお店だからこそ、そして一つひとつ心が込められた手作りだからこその美味しさが忘れられず、わたしもまたリピートしたくなりました。誕生日や記念日のお祝い用のホールケーキのオーダーもできるそうで、ご主人が奥様のためにサプライズプレゼントでご注文されることも。とっても素敵ですよね!

 

そんな温もり溢れるマロンのタルトを買いに、お散歩がてら訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

■Information

『タルト専門店Maron』

神奈川県三浦郡葉山町一色769-1 1F スペースF

営業時間:10:30〜18:00

※売り切れ次第終了

定休日:日曜日、月曜日