日本からも近くて気軽に行ける韓国は、今だに根強い人気の観光スポット。韓国の街は歩くだけで色んなかわいいが目に飛び込んできます。せっかく韓国に行くならフォトジェニックな写真撮っておきたいですよね? そんな女心を満たす韓国の“かわいいカフェ”を厳選。カフェ周辺で楽しめる寄り道スポットもご紹介します!

 

 

ピンクの自販機の向こう側は……

地元韓国の女の子たちであふれるカフェ「ZAPANGI(ジャパンギ)」。ソウルの望遠洞(マンウォンドン)という、最近おしゃれになりつつあるエリアにあります。

目印はこのピンクの自販機。この前で写真を撮りたい女の子たちで連日行列!

カフェにはどこから入ったらいいのか一瞬迷いますが、実はこの自販機が入口です。

ちなみに自販機としては機能していないのであしからず。

 

店内のほぼ全員が女の子と言っていいくらい女子率高め! 地元韓国の子もいれば、日本人や他の国から来た女の子たちも。席がかなり密着しているので、席を譲りあっているうちに隣の席の子たちと交流が生まれることもあります。

 

女の子を虜にしているのが、このパステルカラーのスイーツたち! マーメイドをイメージした魚の尻尾がポイントの缶に入った「ティンケーキ」はいちばん人気のメニュー。どのスイーツもとっても甘いので、甘いもの好きにはたまりません!

 

ボトルに入ったのはミルクティー(砂糖入り)。ピンクのカップが欲しいときはスタッフにひとこと声をかければもらえます。水色グラデのパステルカラーのホイップクリームをのせたドリンクも人気。かわいくて崩したくなくなる!

 

ZAPANGIのあとはこちらに寄り道!

甘いもので満たされた後は、屋台ゴハンはいかが? ここマンウォンドンは市場も有名で、ZAPANGIから歩いて5分くらいのところに「望遠市場」があります。キムパ、韓国おでん、チキンなど食べ歩きが楽しい♪

甘いものと辛いものの無限ループになりそうです。笑

 

 

 

美容にも効果的♡古民家で韓方茶

次にご紹介するのは、三清洞(サムチョドン)にある韓国伝統の韓方茶が楽しめるカフェ「チャマシヌントゥル」。韓屋(ハノッ)と呼ばれる韓国の古民家を改装したカフェです。

 

店名は“お茶を飲む庭”という意味だそうで、中庭を囲むように席が配置されています。

 

座敷スタイルでカジュアルに寛げる雰囲気。インテリアにも凝っていてテーブルのデザインも1つひとつ違います。空いているときは座りたい席を指定することもできるので、スタッフに気軽にお願いしてみて。

 

五味子茶を使った甘酸っぱい「アイス花茶」(写真上)と何種類もの花をブレンドしたさっぱりとしたお茶「百花茶」が女の子に人気。どちらのお茶もキレイになれそう。甘いものが恋しいときは韓国伝統のお菓子と一緒にどうぞ。

 

チャマシヌントゥルのあとはこちらに寄り道!

チャマシヌントゥルがある三清洞は散策も楽しいエリア。路地を入ると昔ながらの建築物が残っていたり、ウォールアートがあったり、アートな気分を満喫できます。

 

タイルやレンガ造りがかわいいレトロな建物も!

 

何気ないハングルの看板ですらアートに見えてきます。

 

また三清洞にはおしゃれな洋服屋さんや雑貨屋さんがたくさんあるので、目的なくふらふらするのもおすすめです。

上の写真は三清洞の革靴屋さんでオーダーメイドした革のスニーカー。日本までの送料込みで1万円くらいでした。

 

 

どこに座るか迷っちゃう銭湯カフェ

日本でも銭湯カフェは人気ですが、韓国にもありました。

韓国のおしゃれスポット梨泰院(イテウォン)・漢南洞(ハンナムドン)エリアにある「on ne sait jamais(オンヌセジャメ)」。

 

銭湯をイメージした店内は座席が階段状になっていて、どこに座るか迷ってしまいそう。写真をたくさん撮りたいという人には入口付近がおすすめです。

 

個性的でかわいい店内に加えもう一つの人気が、韓国の有名店に長く勤務していた専属パティシエが作るケーキだそう。

 

席数も少ないので、お茶の時間はかなり混んでいます。狙い目はオープン直後。銭湯という異空間でぼーっとするだけで癒されますよ。

 

on ne sait jamaisのあとはこちらに寄り道!

地下鉄の駅から少し離れているon ne sait jamais。周辺にはこじんまりとしたブティックやサロンが立ち並ぶ落ち着いたエリア。建物や街を歩くおしゃれさんを見ながら散策しているだけで、五感が刺激されます!

 

 

 

<番外編>迫力満点のフォトジェニックスポット

カフェではありませんが、韓国旅行でいま訪れてほしい場所が「COEX MALL(コエックスモール)」。ショップ、映画館、水族館など1日いても飽きない巨大モールの中に突如現れるフォトジェニックな巨大な本棚!

 

いちばん上の本はどうやってとるのだろう? と心配になるような高さの本棚。日本でもおなじみのスタイル、カフェをしながら本を読むこともできます。

 

 

 

日本では予想もし得ないフォトジェニックなスポットがあちこちにある韓国。トレンドやスタイルを取り入れたカフェはめぐるだけでも刺激的! 夏休みももうすぐ。“かわいい”に出会える韓国へ、Go on a trip!

 

 

>>>こちらの記事もおすすめ

絶対にハズさない!韓国のローカル朝ごはんスポット