女の子ならみんな大好き「モロッコ」。天蓋やパステルカラーがラブリーな建物。キラキラの装飾が施された雑貨。モロッコのものはどれも女心をくすぐる。そんなモロッコテイストが満喫できるフォトジェニックなカフェが静岡県の掛川にあるというウワサ! 知る人ぞ知る穴場カフェを探しに、早速掛川へ行ってきました。

 

 

 住宅地の真ん中に佇むパステルピンクの建物

掛川駅から車で約15分。ナビが示すのは、田畑の間を抜けた先の新興住宅地。こんなところにカフェなんてあるの? とキョロキョロしていると、突如現れましたパステルピンクの建物。これが今回のお目当ての場所『Cafe Riad』です。

 

オープンは2015年。まだ知る人ぞ知る穴場カフェみたい。

 

『Care Riad』が穴場カフェといわれる理由のひとつが、木・金・土曜(看板は金・土曜となっていますが…)のランチとカフェタイム限定の営業なところ。このレア感が、カフェLOVERの心をくすぐりますね。

 

 

ドアを向こうは、モロッコの世界☆

重厚感のあるドアを恐る恐る開けてみると・・・

 

目の前には中庭が! モロッコ・マラケシュのトラディッショナルな建築スタイルです。店名になっている“リアド”は、モロッコのことばで「中庭のある家」の意味。現地では日本の旅館のような宿泊施設のことを言うのだそう。

 

中庭のフラワーバスは、人気のシューティングスポット!

 

 

モロッコよりもモロッコらしい! オーナーのモロッコ愛にあふれる店内

『Care Riad』のオーナーは元英語教師だったという白井さん。海外旅行で訪れたモロッコに一目惚れをしてしまい、帰国後、教師を辞めてカフェをオープン。ピンクや水色に塗られた壁、天蓋、フラワーバス、照明・・・細部までとことんモロッコにこだわっています。ちなみに、モロッコ雑貨や照明は、その旅行中に買い集めたものだそう。建物もモロッコ・マラケシュの伝統的な建築をイメージして自ら設計し、新築したのだとか! 白井さんの熱いモロッコ愛、伝わってきます!

 

細かい細工がステキ☆ モロッコ名物ミントティーのティーポットも旅で持ち帰った戦利品!

 

 

モロッコ時間に浸りたい♡ 時間を忘れるほど心地良い空間

フォトジェニックすぎる店内はあちこち撮影したくなっちゃいます。そんなことも許してくれる心の広い白井さん♡ そのやさしさに甘えて、撮影も楽しんじゃいましょう!

 

テーブルとソファ席の他に、靴を脱いでくつろげるモロッコスタイルの個室も。何時間でものんびりしたくなる。

 

食事は月替わり。野菜やハーブなど女の子が好きなものばかりをワンプレートにした「プレートランチ」1,300円と自家製のピザ生地で作る「ピザランチ」1,200円の2つのメニューから選べます。

 

カフェタイムは自家製スイーツをいただきましょう。モロッコミントティーほか、ハーブを使ったドリンクもあるので、ぜひオーダーしてみて。

 

ランチメニューはドリンク付き。プラス100円で「ノンアルコールサングリア」などのスペシャルドリンクもオーダーできます。

 

 

フォトジェニックな『Cafe Riad』にハマりそう

外観も店内も料理も、すべてがフォトジェニック♡ いつまでも写真を撮っていたくなっちゃう『Cafe Riad』。ここを目当てにわざわざ掛川へ行きたくなるそんな居心地よい空間になっているのも、オーナー白井さんのモロッコ愛があるからかも。モロッコ好き、カフェLOVERのみなさんにはぜひ訪れてほしい場所!

 

 

 

>>>Information

Cafe Riad