ココロのあり方のテーマを中心にしたブックセラピストとして活動中の元木忍さん。L’ala Pado世代の働く女性のために、元木さんが毎月1冊ずつココロもカラダも自然に笑顔になれる本をお届け。2018年7月は岩井俊憲さんの著書『男と女のアドラー心理学』をご紹介。

※スペイン語で「やさしい風の本屋さん」を意味する「LIBRERIA」。L’ala LIBRERIAは、スペインの本屋さんのように、所狭しに本が並び、そこで素敵な一冊に出会ったり、予想外のものを見つけるコーナーです。

 

 

【2018年7月BOOK】

岩井俊憲著『男と女のアドラー心理学』

「木」だけを見て「森」を見ない女。「森」だけを見て、「木」を見ない男。

男と女の関係は複雑で、まったく違う生きものである。そんなあたり前のことは頭では理解していたつもりでも、いつも同じところでイライラしていることってありませんか? アドラー本で、こんなにも男女の関係を具体的な事例を使ってわかりやすく書かれている本は他に例がない。目の前にいる男性とちゃんと向き合うことができていない人に是非とも読んで欲しい一冊。この本から自分の気持ちを優先にしすぎている行動に反省するとともに、男と女は常に協力しあい、その協力は二人のためだけでなく人類の幸福のための協力であることを忘れてはいけない。

 

 

「L’ala LIBRERIAとは」

人、社会や地球を、そして自分自身を愛すること…。この世の中が持続性可能でよりよい社会になるために…。そして、ありのままを受け入れることができる自分自身になるために…。元木忍さんがラーラぱどのために毎月一冊をセレクトするコーナー。

 

 

ブックセラピスト元木忍のL’ala LIBRERIA [Vol.3]『愛するということ 新訳版』

 

(ブックセラピスト 元木忍)

3.11の震災を機に仕事を見直し、南青山にココロとカラダをコンセプトにした本屋、イベント等の企画、東洋医学のエステを併設した「brisa liberia」を開業、代表を務める。ココロのあり方のテーマを中心にしたブックセラピストとして活動中。