彼が自宅に遊びに来たとき、おいしくて気の利いた料理がさっと作れたら・・・そんなステキ女子を目指す人におすすめしたいイベントが、日本橋にある滋賀県の情報発信基地『ここ滋賀』で開催。

当日は、ミシュランガイド・ビブグルマンに掲載されたレストランの姉妹店のオーナーシェフが登場し、自宅でも手軽にできるレシピをレクチャー。そのほか、滋賀のおいしいお酒と料理を囲みながら、滋賀の魅力を堪能するプログラムが盛りだくさん♪

一夜限りのイベントに参加して、料理上手な彼女を目指しちゃおう♡

 

 

 

会場は、近江商人ゆかりの地「日本橋」にある滋賀県の情報発信拠点『ここ滋賀』

今回のイベントの会場となるのは、2017年10月にオープンした東京・日本橋にある滋賀県の情報発信拠点『ここ滋賀』。近江商人と関係が深い日本橋で、滋賀県の特産品や伝統工芸品はもちろん、地元の食材が味わえるレストランや地酒が飲めるバーなど、滋賀県の魅力を堪能できるスポットです。

 

館内には、滋賀の魅力を味わえるレストランなども。こちらは、滋賀県にある33の蔵元のお酒が楽しめるバー「SHIHA’s BAR」。滋賀県産の「みずかがみ」のおむすびや近江のお茶などもいただけます。

 

そして、今回のイベント会場でもある滋賀県の豊かな食材とお酒が楽しめるレストラン「日本橋 滋乃味」。お寿司のルーツともいわれる発酵食の「鮒ずし」や、日本の牛肉食のはじまりとされている「近江牛」、「琵琶湖」に育まれた「湖の幸」など四季折々の食材を使った美食が味わえます。

 

 

 

講師は、ミシュランガイド・ビブグルマンに選ばれた姉妹店のオーナーシェフ!

渋谷区の神泉駅前にあるミシュランガイド・ビブグルマンに掲載されたお店の姉妹店『かしわビストロ バンバン』のオーナーシェフ高城直弥さんが講師として登場。高城さんの評判のレシピ本「人気店が教える 小さなバルの絶品レシピ」の中にも掲載されている「大葉ジュのベーゼソース」「黒オリーブソース」「茄子のバルサミコマリネ」を教えていただきます。いつもの料理がプロ級に変わるポイントをマスターしちゃいましょう!

 

 

 

 

イベントのもうひとつの目玉は、目の前で焼く「とんちゃん」!

琵琶湖、彦根城、信楽焼など、滋賀県にはたくさんの魅力があります。特に、琵琶湖の恵みをたっぷり受けた食材は、滋賀県の人々の生活を豊かにし、独自の食文化を育んできました。料亭や旅館などでじっくり堪能する近江牛やうなぎ、湖魚などの高級食材から、手軽に食べられる鯖ずしやサラダパンなどのご当地グルメまで、食の豊かさは日本トップクラスを誇ります。

そんな滋賀県の豊かな食文化の中から、滋賀県高島市で“家庭の味”として親しまれている「とんちゃん」をご紹介。

 

「とんちゃん」とは、あっさりとした鶏肉に、こってりとした甘辛い味噌ダレをからめた「味付けかしわ」のこと。高島市では、この味付けかしわを「とんちゃん」と呼んでいます。

 

鶏肉なのに愛称は「とんちゃん」・・・ちょっと不思議ですよね。

その理由は、高島市の鶏肉専門店「鳥中」が考案したメニューで、お客様が呼び出した愛ことに由来するのだとか。また、韓国の味付けした牛ホルモン焼き「とんちゃん」から付けられたとも言われています。

 

今回はかしわビストロバンバン風のとんちゃんを自分で焼いて食べる体験も! 目の前で焼くとんちゃんの甘く香ばしい香り・・・想像しただけでもよだれがでてきますね!

 

 

 

浴衣で参加すると1000円OFFの特典も!

このイベントに浴衣で参加した方は、通常参加費5000円→4000円になる特典も! 料金にはドリンク飲み放題も含まれているからとってもお得です。

 

高城シェフのミニ料理教室、とんちゃんのほかにも、夏まつりをイメージした納涼デザートや、かちわりワイン、びわ湖サイダーなどの飲み物、「バンバンオリジナルポテトサラダ」、目の前で仕上げる「リゾットカレーby RISOTTOCURRY STANDARD」など、かしわビストロバンバンの名物メニューが登場します。

 

浴衣姿で参加して、平成最後の夏を締めくくりましょう!

 

 

 

>>>イベントの詳細・お申込みはこちらから!

浴衣で参加すると1,000円OFF! 1日限りのかしわ(地鶏)を楽しむ納涼会「近江の地鶏かしわ堪能祭」