ラーラぱどでWEB限定の連続ドラマ「きみはまだ運命の恋を知らない」は、5分で読める恋愛シナリオドラマ。全15話を本家の月9にチャンネルを合わせる5分前、月曜隔週20時55分にWEB限定で公開中!ドラマの脚本は「AbemaTV」で開催された第1回「シナリオライター賞」で、全600作品の応募の中から「大賞」に輝いた山下すばるさんが書かれました。

 

 

前回のあらすじ

仕事も恋人も家も失ったみよりは、恋守神社の一人息子で不思議なチカラを持った大学生・ナツキに「運命の人に会える」と予言されて、小学生時代の初恋の相手・千に再会。小学6年生の春、同じ日に同じ学校へ転校してきたみよりと千。学校に馴染めずにいたみよりに千が話しかけたことで、二人は急接近するが、千がいじめに遭うようになり、みよりは千を裏切ってしまう。大人になって再会した二人はどうなる――?

 

【連続シナリオドラマ】きみはまだ運命の恋を知らない/第6話

 

本作の人物紹介

【月野みより】
恋も仕事も家も失った崖っぷちの29歳。
不思議なチカラを持った大学生・ナツキに運命の人に会えると予言されて、初恋の相手・千と再会する。
【東雲 千】
29歳。小学生時代のみよりの初恋の相手。子供の頃は家が貧しく、いじめに遭っていた。
【神生ナツキ】
20歳の大学生。恋守神社の神主の一人息子。
不思議なチカラを持っている。
【高梨香穂】
29歳。みよりの友人。
【青柳陽一】
42歳。喫茶店『プルミエラムール』の天然店長。
【東雲佐和子】
50歳。千の母親。

 

第7話『千くんに会いたい』

〇喫茶『プルミエラムール』・店内(夕方)


偶然に再会したみよりと千。

 

みより「本当に……千くんなの?」
千「そっちこそ、本当にみっちゃん?」
みより「こんな偶然って……」

 

青柳「あのぉ……」
申し訳なさそうに話しかける青柳。

 

みより「?」
青柳「麻婆豆腐なんですけど……作りましょうか?!冷蔵庫に豆腐あったんで!(ニコニコと)」

みより「あ、それはもういいんで!」
青柳「えっ……(シュンとする)」

千「俺、喫茶店で麻婆豆腐頼んでる人初めて見たよ。みっちゃん、そんなに麻婆豆腐食べたかったの?」
みより「あ、いや……それはなんていうか……」
千「食べに行く?麻婆豆腐」
みより「えっ!」
千「たしか……この近くに美味しい中華料理屋があったような……」
みより「行きたい!食べたい!麻婆豆腐!」
千「(微笑んで)……麻婆豆腐か。懐かしいな……」
みより「?(懐かしい?)」

と、その時、千の携帯が鳴って。

 

「あ、ちょっとごめん」と、いったん店の外に出ていく千。

 

みより(心の声)「嘘みたい。本当に千くんなんだ……」

ガラスの扉越しに電話をする千をじっと見るみより。
千は背が高くスラっとして、清潔感のあるスーツに身を包み、高そうな時計をしている。

 

みより、千に見惚れてうっとりして。
みより(心の声)「千くん、なんか大人っぽくなってるし、かっこいいなぁ……しかもいきなりご飯に誘われるなんて。これも運命の力?! えっ、てかもしかして、麻婆豆腐って……こうなることを予想して?すべては神生ナツキの計画通り?!さすが縁結びの天使……」

 

電話を終えて、戻ってきた千。


千「(深刻そうな顔で)……みっちゃん、ごめん。麻婆豆腐、行けなくなった」
みより「えっ!」
千「(青柳に)すみません、お会計お願いします!」
青柳「えっ!あっ、ちょっと待って(カウンターの中から、手が離せない様子で)……ろ、650円です!」
千「じゃあ、ここに置いときます!お釣りは結構なんで!」
青柳「えっ!」

みより(心の声)「えっ!運命の再会、もう終わり?! まだ麻婆豆腐の話しかしてないのに?!」

千「みっちゃん、ごめん、また連絡するよ!」
と、急いで出ていく千。

 

みより「えっ!……連絡って?……どうやって?」

 

 

〇タクシーの中(夕方)
慌ててタクシーに乗り込む千。

運転手「どちらまでですか?」
千「駅前の総合病院までお願いします!」

 

タクシーがゆっくりと発進していく。

 

 

〇喫茶『プルミエラムール』・店内(夕方)

みより「待って!千くん!」
と、みよりも慌てて店を出ようとするが。

青柳「待って!」

みより「(止まって)?」

青柳「帰らないで!ほら、これ!麻婆豆腐。もうすぐ出来るんで!(ニコニコと)」

満面の笑みでジャーンとフライパンに入った麻婆豆腐を見せる青柳。

 

みより「はい?!」

 

 

〇同・前(夕方)
店から出てくるみより。左右を見渡すが、千の姿はない。


みより「そんな……せっかく会えたのに……」

 

みより、遠ざかっていくタクシーが見えて。
みより「! 待って! 千くん!」

みより、走って追いかけようとするが、秒で転ぶ。

みより「そ……そんな……」

小さくなっていくタクシーに手を伸ばすみより。

 

 

〇同・店内(夕方)
しょんぼりとカウンター席に座っているみより。
目の前には青柳が作った麻婆豆腐。

 

× × ×
フラッシュバック。
千「(微笑んで)……麻婆豆腐か。懐かしいな……」
× × ×

 

みより、麻婆豆腐を見て、ハッとする。

みより「! そうだ、麻婆豆腐って……!」

 

 

〇(回想・18年前)小学校・裏庭(昼)


ベンチに座っているみより(11)と千(11)。

 

千「麻婆豆腐?」
みより「うん。千くん、好き?麻婆豆腐」
千「うーん。あんまり好きじゃないけど……なんで?」
みより「そっか……ならいいの。明日の調理実習で麻婆豆腐作るから。食べてもらおうかなーと思ったんだけど。あ、ほら、私、ダイエット中だから!」
千「……それ、食べたい」
みより「えっ、いいよ。嫌いなのに、無理しなくて……」
千「ううん、食べたい!みっちゃんが作った麻婆豆腐だったら……」
みより「えっ!」
千「……みっちゃんさ、料理の才能あると思うよ。今までみっちゃんが作ったもの、全部すっごい美味しかったし。なんか……みっちゃんが作ると、なんでも美味しくなるような気がする」
みより「そ、そんなこと……(照れて)」
千「だから明日、楽しみにしてるよ(と微笑む)」

 

みより(ナレーション)「そうだ、私……家庭科で作った麻婆豆腐、千くんにあげるって約束してたのに………」

 

 

〇(回想・18年前)同・教室(朝)
騒々しい教室の中心にいるみよりと千。


「告白!告白!」と、教室内で沸き起こる告白コール。

みより「……すっ……(大きな声)好きじゃない!!」

一同「……」
さーっと静まり返る教室。

 

みより「……好き、とかじゃないし……私は……関係ないから……」
千「……」
気まずそうに、さっと視線をそらすみより。

 

みより(ナレーション)「でも、結局、その約束は果たせないまま……」

 

 

〇(回想・18年前)田舎街の駅・ホーム(昼)


のどかな田舎の小さな駅。発車し始めた電車。

窓から寂しそうに顔を出している男の子、千(12)。

息を切らしながらホームに走り込んでくるみより(12)。

千「!(みよりに気付いて) みっちゃん!」
みより「千くん!」

 

徐々にスピードを上げていく電車。
電車を走って追いかけるみより。

千「みっちゃん!みっちゃん!」
みより「千くん!」

ホームの端まで走りつき、小さくなっていく電車に、必死に手を振り続けるみより。

みより「千くーん!千くーん!」

 

 

みより(ナレーション)「それどころか、あれからちゃんと話も出来ないまま……千くんは突然、あの町を出て行ってしまった。自分の気持ちに気付いて走り出した時には、もうとっくに遅かったんだ――」

 

(回想終わり)

 

 

〇(戻って)喫茶『プルミエラムール』・店内(夕方)


みより、感傷に浸り、切なげに麻婆豆腐を食べ始める。

 

みより(心の声)「食べたかったな……麻婆豆腐。千くんと一緒に……」

そんなみよりを神妙な面持ちで見守る青柳。
青柳「……ど、どうですか?お味の方は……」

みより「!」
青柳「!」
みより「まずい!」
青柳「えぇっ!」

 

 

〇喫茶・『プルミエラムール』・外観(昼)
一週間後。

 

〇同・店内(昼)
カウンター席に座って麻婆豆腐を食べている香穂。


香穂「ん~!美味しい~!この麻婆豆腐」

 

カウンターの中にエプロンを付けたみよりと青柳が立っている。

青柳「美味しいよね!みよりちゃんが作った麻婆豆腐!」

 

みより「もう!麻婆豆腐はどーでもいいから!今これ、私の初恋の話なんだけど!」
香穂「はいはい、聞いてる聞いてる。でもよかったじゃん!初恋の相手にも再会出来て、ついでにバイトも決まって!」
青柳「いや~、みよりちゃんみたいな料理上手の子がバイトに来てくれるなんて、僕もラッキーだったよ~!」

 

みより、ドンっと強めにカウンターを叩く。

みより「いや、私、ここで麻婆豆腐作るためにバイトしてるんじゃないから!」
香穂・青柳「……」

 

みより「話、聞いてた?!千くんともう会えないかもしれないんだよ?!大体、あの時、青柳さんが麻婆豆腐で引き留めなければ、千くんを追いかけられたかもしれないのに!」
青柳「……そ、そんなに怒らなくても」
みより「しかも、まずかったし!」

青柳「(シュンとして)……僕、一応店長なのに……」

 

香穂「まぁまぁ、それでここでバイトすれば、千くんにまた会えるかもって思ったんでしょ?」
みより「うん。近くに中華料理屋があるって言ってたし、この辺に住んでるのかも……だからここにいれば、いつかまた……」
香穂「ていうかさ……ねぇ、みより。なんか忘れてない?あるよね、千くんに会う方法……」
みより「へ?」
香穂「そもそも、みよりがここに来たのはどうしてだっけ? 喫茶店で麻婆豆腐を注文しろって言ったのは?」
みより「それは、あいつが……」
香穂「そう、それ!それだよ!神生ナツキ!また聞きに行けばいいじゃん」
みより「聞きに行くって……また四時起きで山登って、あんな遠い神社まで行くの?」
香穂「ここでいつ来るか分からないいつかを待ってるよりは、早いと思うけど……」

 

と、青柳が香穂にカフェラテを出してあげて。

青柳「はい、香穂ちゃん。これ、僕からサービス!」


香穂「えっ!ありがと~~!あれ?なにこれ超可愛い!青柳さん描いたの?」

青柳「へへぇ、可愛いでしょう。練習したんだ、ラテアート!」

 

みより「ん?」
何気なく香穂のカフェラテを覗きこむみより。
カフェラテには、クマのラテアートが描かれている。

 

香穂「あ!そういえば私、みよりに大事な話があってさ……」
みより「……?(何かに気付きそうで、首を傾げる)」
香穂「実はさ……」

 

みより「はっ!……クマだ!」
香穂「へ?何?」

 

× × ×
フラッシュバック。
クマの着ぐるみを着たナツキ。
× × ×

 

みより「香穂!クマ!クマだよ!!」

 

香穂「う、うん、どうした?ラテアート初めて見た人?」
みより「私……聞いてくるわ!」
香穂「えっ?」
みより「神生ナツキだよ!会いに行ってくる!」
香穂「えっ!会いに行くって、今から?」

 

みより「香穂。タイム、イズ、マネーだから!」

勢いよく店から飛び出していくみより。

青柳「えっ!……バイトは……?タイム、イズ、マネーなんですけど?」

 

〇病院・外観(夕方)
大きな総合病院。

 

〇同・病室(夕方)
個室。花束を手に、入ってくる千。

ベッドで座って本を読んでいる東雲佐和子(50)。

千「母さん、具合どう……?」
佐和子「どうもこうも……ただの骨折だから」
と、布団を捲り、右足のギプスを見せる佐和子。

千「事故に遭ったって電話があった時は、心臓止まるかと思ったよ……」
佐和子「あれは修一さんが、大げさに言うから。もう、片足折れただけで二か月も入院なんて。しかも個室……」
千「義父さんは心配してくれてるんだよ」

千、部屋の水道で花瓶に水を入れ、花を生ける。

佐和子「(千をまじまじと見て)……あんたが花を買うようになるとはねぇ……」
千「……昔は駄菓子屋のチョコレートすら買えなかったのに?」
佐和子「本当に……苦労かけました……」

千、窓際に花を飾って。
千「……母さんはさ、運命って信じる?」
佐和子「……運命?何?どうしたの急に……」
千「……いや、別に……」
花をじっと見つめる千。

 

 

〇ナツキの部屋・アパート前(夜)
大きな紙袋を持って立っているみより。


みより「どうしよう、来てしまった……こんなところまで……」

 

みより(心の声)「自分でもわかってる。いきなり家に押しかけるなんてどう考えても迷惑だ。いくら相手がクマの着ぐるみを着て人のことを連れ去るような男の子だとしても……」

 

 

〇同・玄関前(夜)
意を決したみより、玄関チャイムを鳴らす。

みより(心の声)「……でも、どうしても会いたかった。千くんに。もう一度……」

 

しばらくして、ナツキがドアを開ける。

ナツキ「(みよりを見て驚いて)……なんで?」
みより「……」

 

みより(心の声)「会いたい! 会いたい! 会いたい!」

 

みより「……あ、あの!」
ナツキ、遮るようにバタンとドアを閉めて、中に戻る。

みより「え……! ちょ! ちょっと待ってよ!」
みより、チャイムをしつこく何度も鳴らす。
仕方なく、またドアを開けるナツキ。

ナツキ「なんなんだよ!一体!」
みより「あ、あの……そ、その節は大変お世話になりました(と、頭を下げて)……」
ナツキ「……それで?なんか用?」

みより「……あの……えっと……その……とりあえずお邪魔します!」
と、招かれてもいないのに部屋に入るみより。

 

ナツキ「!」

 

みより(心の声)「千くんに会いたい!その為には、イジワルな天使にもすがるしかないのだ!」

 

 

第7話・了

脚本/山下すばる

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

第8話「恋のキューピット」

9月10日(月)午後8:55公開

お楽しみに!