秋の訪れを感じるようになってきましたね。秋はしっとり大人な時間を過ごしたくなる。そんな気分にぴったりのお花を、下北沢にある植物の教室「NEROLIDOL」のフローリストの猪飼牧子さんがご提案します。
 
 
 

9月のピックアップフラワーは「菊」

9月、長月のピックアップはみなさんご存知の『菊』です。キク科キク属。日本では仏花のイメージが強いですが、実は、仏花のイメージは払拭されるような種類のものもたくさんあるんです。そして花もちもよい菊は私も大好きな花のひとつです。
 

皇室を象徴する花としても有名で、世界的には日本のイメージでもあります。身近なところで言えば50円玉硬貨の図案は菊ですね。

 
そして旧暦の9月9日は5節句のうちの一つ、重陽(ちょうよう)の節句と言って菊で不老長寿を願う日でした。
5節句とは、1月7日「七草の節句」、3月3日「桃の節句」、5月5日「菖蒲の節句」、7月7日「笹の節句」、そして9月9日の「菊の節句」の5つで、現在の祝日のようなものです。
 
 
 

昔から日本人にとって身近な存在の花

菊は中国原産とされる説と、日本原産の節とあります。
日本では平安時代から薬用、食用として使われていました。
また、生のままでは保存がきかない為保存食としては、花弁を蒸して乾燥させた菊海苔(干し菊)として山形や青森など東北で生産されています。
菊花は東北では有名な食用花でお浸しなどにしてよく食べられています。
NEROLIDOLのお客様に食用花のお話をする機会は多いですが、東北の方はみな菊が好き!とおっしゃいます。
よく見る黄色い食用菊もきれいですが、山形のもってのほかという赤い食用菊もかわいいですよ。シャキシャキした歯ごたえがとても美味しいのですよ。
 
そして菊花は、おいしいだけでなく食物繊維を含み、葉酸も豊富。
体内の熱を取りのぼせをふせぐので体の上部の不調に効き、解毒作用があり、古来から長寿の薬とされ漢方などに使われてきました。
お刺身に添えられている菊の花、あれは実は飾りで飾ってあるだけではなく生魚の殺菌、解毒の目的で刺身に添えられているのです。
 
ところで、添えられている菊の正しい食べ方をご存知ですか?
 
まず、菊の花弁だけを取って、刺身を食べる醤油皿に散らします。
黄色い菊の花弁は見た目にも美しいだけでなく、お刺身と一緒に食べたときにふっと鼻に抜ける菊の香りはとてもさわやかな気持ちにしてくれます。
 
生で食べると独特の菊の香りが気になる方も多いので、お浸しにしたり三杯酢で食べることも多いです。
花弁だけを取り、熱湯でさっとゆで冷水にとりぎゅっと絞った菊を三杯酢で和えただけでとても美味しい箸休めになります。
 
 
 

菊を使ったスペシャルレシピをご紹介

今回ご紹介するのは、生で菊の花を食べられる菊の花入り野草ピザ。菊の独特の風味は濃厚なトマトソースやチーズにぴったりです!
冷凍のピザ生地を使えば作るものはトマトソースだけ(トマトソースもお気に入りがあれば市販のものでも)。頑張らなくていい、でも見た目も味も満足できる菊の花ピザ、ぜひ挑戦してみてください。
 

菊の花トマトピザ

《材料》 1人分
冷凍ピザ生地・・・直径18センチ~20センチくらいのもの
シュレッドチーズ・・・お好みで
食用菊、お好みのエディブルフラワー、ハーブや野草(ルッコラやバジルなど)・・・適量
トマト缶・・・1缶
たまねぎ(中くらいサイズ)・・・1/4強
にんにく・・・1かけ
塩・・・小1/2
 
《作り方》
①にんにくと玉ねぎはみじん切りにする
②鍋にオリーブオイルと1を入れ、玉ねぎが透き通るまで炒める。
③トマト缶(ホールの場合はあらかじめつぶしておく)と塩を入れ半量になるくらいまで煮詰める。
④凍ったままのピザ生地に、3のトマトソースをたっぷり乗せ、その上にチーズをのせる。
⑤180度のオーブンで7~8分、もしくはオーブントースターで10分焼く。
⑥やきあがったらお好みのハーブや野草、食用菊を散らして出来上がり。

 

 

 

 

>>>前回の記事はこちら

【連載】ボタニカルスタイル〜植物のある暮らしと装い〜8月の花「ひまわり」