ラーラぱどでWEB限定の連続ドラマ「きみはまだ運命の恋を知らない」は、5分で読める恋愛シナリオドラマ。全15話を、本家の月9にチャンネルを合わせる5分前、月曜隔週20時55分にWEB限定で公開中!ドラマの脚本は「AbemaTV」で開催された第1回「シナリオライター賞」で、全600作品の応募の中から「大賞」に輝いた山下すばるさんが書かれました。

 

前回のあらすじ

運命の人・千に再会する為に、ナツキと同居をしているみより。ナツキの提案で千が副社長を務める会社・東雲ホールディングスの創立記念パーティーに潜入し、ついに千との再会を果たす。ようやくみよりの運命の恋が動き出す!

 

【連続シナリオドラマ】きみはまだ運命の恋を知らない/第10話

 

本作の人物紹介

【月野みより】
29歳。喫茶店でアルバイトをしながら、運命の恋を叶える為にナツキと同居中。
【神生ナツキ】
20歳の大学生。恋守神社の一人息子。
不思議なチカラを持つ恋のキューピット。
【東雲 千】
29歳。みよりの初恋の相手で運命の人。東雲ホールディングスの副社長。
【高梨香穂】
29歳。みよりの友人。
【冴島ユリ】
27歳。千の大学の後輩。冴島グループの社長令嬢。
【水原あかね】
20歳。大学生。ナツキと同じ大学で、同じアパートに住んでいる。

 

 

第11話『二人の関係』

○水族館・通路(昼)


水槽の中で、魚達が泳いでいる。
並んで歩いてる、みよりと千。

 

みより(ナレーション)「あれから私と千くんは、デートを重ねて、順調に愛を育んでいるーー。筈なんだけど……」

 

 

○水族館・ペンギンの水槽前(昼)

みよりと千がペンギンを見ている。
千「あのペンギン、みっちゃんに似てる」
みより「えっ、なんで? どこが?」
千「うーん。ビクってして振り返るときの早さとか。あとあの姿勢のよさ?」
みより「なにそれ、いいところ?」

 

千「うーん。可愛いところ?」
みより「……(照れる)」
みより、千の横顔を見つめて。
みより「……」

 

みより(ナレーション)「二人の関係は、まだ曖昧で。私たちって恋人? 友達? 聞きたい。聞きたいけど、聞けなくてーー」

 

 

○同・魚の水槽前(昼)


ゆらゆらと泳ぐ魚達。
立ち止まり、静かに見つめているみよりと千。

 

みより「水族館なんて、何年ぶりだろう」
千「俺、初めて来たよ」
みより「えっ、本当に?」
千「うん。水族館って入園料が高いから。動物園の倍ぐらいするし。子供の頃は遠慮して行けなかった」
みより「……千くんのお母さんって、いつ再婚したの?」
千「中3の時だよ。今の義父さんがいなかったら、俺は高校に行くのも諦めてたと思う……」
みより「パーティーの時に見かけたけど、優しそうな人だった。千くんのお義父さん」
千「うん。いい人だよ……義父さんには、本当に感謝しかない」
みより「……」

 

千「昔はずっと息苦しかった」
千、悲しい目で水槽を見つめて。
千「この魚と一緒で。生まれた時からみんな勝手にどっかの水槽に入れられて、その水槽は選べなくて。その中でしか生きていけないってことが……」

 

みより「千くん……」
千「きっと義父さんがいなかったら、俺は自分ではどこにも行けてなかったな……」
少し寂しそうに笑う千。

 

みより「……でも……どんな水槽の中にいたって、千くんは千くんじゃない」
千「えっ」
みより「私、子供の頃、千くんの事、太陽みたいだって思ってた。みんながいる運動場でも、千くんだけすぐに見つけられた。どんなところにいたって千くんは特別で……」
みより、キラキラとした目で、水槽を見ている。
みより「今も昔も、千くんは千くんだよ」
千「……」

 

 

○同・売店(夕方)


ペンギンのストラップを手に取って見ているみより。そこにそっと近寄る千。
千「みっちゃん、それ欲しい?」
千、手につけたカワウソのパペットを動かしながら。
千「(笑顔で)買ってあげようか?」
みより「!」

 

みより(心の声)「か、可愛い……」

 

千「みっちゃん?」
みより「あ、ううん! 別にいい!」
千「そう? じゃあ、別の買う? 記念に」
みより「ううん! いい! 本当に大丈夫だから!」
千「そっか……(残念そうに)」

 

 

○駅前(夜)
改札から出てきたみよりと千。
みよりが周りを見回して、気にして。
千「どうかした?」
みより「いや、なんか最近ちょっと。視線を感じるっていうか……」
千「大丈夫? 家まで送るよ」
みより「えっ、いいよ! 悪いし! きっと気のせいだし! 千くん忙しいし!」
千「でも……もう少し一緒にいたいから」
みより「(嬉しくて)……」

 

 

× × ×

物陰からこっそり二人を見ているユリ。
ユリ「……」

 

○住宅街(夜)
歩いているみよりと千。

みより(心の声)「はぁ、幸せだな……できればこのまま、帰りたくない……」

千「そういえばみっちゃんって、一人暮らしじゃないんだよね? 友達と住んでるの?」
みより「あ、えっと。友達っていうか……」

 

みより(心の声)「友達? ナツキって何? なんて説明すれば……」

 

千「それって、女の子?」
みより「えっ!」
みより、動揺して、カバンを落とす。
中の物が地面に散らばり、慌てて拾う。

 

みより(心の声)「どうしよう。千くんに嘘はつきたくない。でも、正直に言ったら変に思われる? いや、でもやっぱり嘘は」

 

千、カバンからこぼれ落ちた物を拾うのを手伝いながら。
千「大丈夫? ごめん、変なこと聞いて……あ、そうだ。これ、やっぱり買ったんだ」
と、ポケットから小さな包みを取り出す。
ペンギンのストラップで。
みより「それ、さっきの……」
千、ストラップをみよりに渡して。
千「俺さ、昔、みっちゃんに色んな物貰ってばっかりだったから。クッキーとか。何か返したいなぁと思って。あ、でも、いらなかったら、別に……」

 

ペンギンを愛おしそうに見つめるみより。
みより「ううん。いる。可愛い。ありがとう」
千「(嬉しそうに)よかった」

みより「……あのね、千くん。さっきの話なんだけど。実は私……」
あかね「みよりさん?」
と、そこに通りかかったあかね。

みより「あ、あかねちゃん」
あかね「今、帰りですか?」
千「?」
みより「あ、同じアパートの」
あかね「みよりさんの同居人です!」
みより「えっ?」
あかね「初めまして。みよりさんと一緒に住んでる、水原あかねです!」
千「あ、どうも。こんばんわ」
みより「(複雑な顔で)……」

 

 

○ナツキの部屋・居室(夜)

みよりが帰ってくる。
キャンバスに絵を描いているナツキ。
もうほどんど完成しているように見える、二羽の鳥が星空に飛び立っていく絵。

みより、怒った顔でナツキに近寄って。
みより「……どういう事? あかねちゃんに嘘つかせるなんて」
ナツキ「……だって、言えないかと思って。僕と一緒に住んでるなんて」
みより「言えないよ! 言えないけど! でも私、千くんに嘘なんてつきたくなかった」
ナツキ「じゃあ、言わないで隠してるだけなら、嘘じゃないからよかったってこと?」
みより「それは……よくないけど……」
みより、座り込んで、クッションに顔をうずめる。
ナツキ「……悪かったよ。余計な事して」
みより「……」

 

 

○コーヒーショップ(夜)
ホットコーヒーを持って、店内から出てくるみよりとナツキ。

 

 

○歩道橋の上(夜)

ホットコーヒーを飲みながら歩くみよりとナツキ。
みよりの表情がニヤニヤしている。
ナツキ「みよりはコーヒー1杯で機嫌が直るんだな」
みより「違うわよ! 千くんのカワウソを思い出してたの!」
ナツキ「? いいなぁ、みよりは。楽しそうで」
みより「ナツキはないの? 楽しい事」
ナツキ「あるよ。絵を描いてる時とか」
みより「そういえばあの絵、ずっと描いてるよね? 鳥の絵。あれ、いつ完成するの?」
ナツキ「完成はしない」
みより「え、なんで?」
ナツキ「完成したらそこで終わる。それは寂しい」
みより「寂しい?」

 

橋の真ん中に来た所で立ち止まるナツキ。
みよりもナツキに並んで、夜景を眺める二人。

 

ナツキ「僕は子供の時から楽しい事が少なかった。ゲームもスポーツも、先に結果が見えると楽しめなくて……でも芸術は違う。芸術には答えがない。真っ白なキャンバスはまるで宇宙だ。そこには無限の可能性があるし、僕はいつだって無知で自由だ」
みより「……」
ナツキ「子供の頃から、絵は1番の遊び相手なんだ……だからいつも完成させるのは寂しくて、難しい」
みより「えっでもさ、完成したら、また次の絵を描けばいいんじゃないの?」
ナツキ「それもそうだな……じゃあ、もし完成したら、あの絵はみよりにあげるよ」
みより「えっ。いらないけど」

 

ナツキ「あ、もうひとつあった。楽しい事」
みより「?」
ナツキ「みより」
みより「えっ?」
ナツキ「みよりの恋は見てて楽しい。小さな事で喜んだり、怒ったり、不安になって落ち込んだり。なかなか飽きないよ」
みより「人の恋をなんだと思ってんのよ」
ナツキ「でも、そっちももうすぐ完成だな」
みより「……」
ナツキ「みよりが出て行ったら寂しいよ。次の絵を描くみたいにはいかない……」
みより「……」
ナツキ「……だって僕は、みよりがいい」

 

みより「……」
ナツキ「みよりの作る料理が」

 

みより「はいはい。そう来ると思ってた!」
いたずらに笑うナツキ。
みより「でも、本当にうまく行くのかな……千くんと……」
みより、ポケットからスマホを取り出し、ペンギンのストラップを見つめる。
ナツキ「……そんなに心配しなくても大丈夫だよ。二人は両思いだ。それは僕が保証する」
みより「だといいんだけど……」
みよりの横顔をじっと見つめるナツキ。
ナツキ「……」

 

 

○カフェ・テラス(昼)


向かい合って座っているみよりと香穂。
みより「やっぱり、不安なんだよね……」

 

香穂、みよりのスマホでみよりと千の2ショット写真を見て。
香穂「……って、ラブラブじゃねーか!」
と、スマホをテーブルに叩きつける。

 

みより「ちょ! 何すんのよ!」
香穂「こんなのもう付き合ってるみたいなもんじゃん! 何が不安だっていうのよ!」
みより「だって、まだ確かめてないし」
香穂「確かめるって、何を?」
みより「……千くんに、彼女がいるのか、いないのか」
香穂「えっ、聞いてないの?」
みより「聞いてない。聞いてないし聞かれてない」
香穂「なるほど……」
みより「なんか怖くて……私、今までもこういうのあったから。絶対に付き合ってると思ってたら実は彼女が居たり、既婚者だったり。あと彼女作らない主義の人とか。なんなのよ、その主義……」
香穂「あと他人の女じゃないと愛せないって男もいたよね?」
みより「やめて、それはもう忘れたい……もちろん、千くんに限ってそんな事は無いとは思うけど。でも好きになればなるほど、確かめるのが怖くて……」

 

香穂「みより……今聞かなきゃ、もっと聞けなくなるよ?」
みより「うん。だよね……」

 

 

○東雲ホールディングス・副社長室(夜)


デスクに座って仕事をしている千。
スマホが鳴り、みよりからメールが届く。
『今日、会えない?』
千、返事を打とうとすると、もう1通メールが入る。登録されていない送信先で。
千「?」

 

 

○駅前(夜)


千を待っているみより。
みよりの前、タクシーが止まる。
千、タクシーから顔を出して。
千「ごめん。遅くなって……」
みより「ううん。こっちこそ、急に呼び出しちゃったから……」
千「……とりあえず乗って」
みより「? どこ行くの?」

 

 

○千の住むマンション・前(夜)
タクシーから降りてくるみよりと千。
みより「ここって……?」
千「俺の部屋……」
みより「えっ!」
千「……」

 

みよりの手を引いて中に入ろうとする千。
みより「ちょ! ちょっと待って!」
千「(止まって)……」
みより「千くん……どうしたの?」
千「……何が?」
みより「なんか、いつもと違う……それに、いきなり部屋に連れてくるなんて」
千「みっちゃん、俺の部屋に入るのは怖い?」
みより「いや、怖いっていうか、だって私たち、まだ付き合ってないから……」

 

千「……じゃあ付き合ってるんだ? あの男の子とは」
みより「!」
千「一緒に住んでるのって、こないだの女の子じゃないよね?」
みより「……」

 

千「……ごめん。実はさっき、これが送られてきて」
千、みよりにメールを見せる。
みよりとナツキが隠し撮りされた写真。
二人でコーヒーショップから出てくるところ。
橋の上で話しているところ。
一緒に部屋に入っていくところ。
みより「! なんでこんな写真が……」
千「分からないけど……みっちゃんが一緒に住んでるのって……」
みより「(頷く)……」

 

千「そっか……」
みより「ごめん……嘘ついて。でも、その子とは何でも無いの。なんて言ったらいいか。本当にただ、一緒に住んでるだけで」
千「いや、いいんだ。ごめん、俺の方こそ。責めるような事言って……俺は別に、責める事が出来る立場じゃないのに……」

 

みより「……千くん……責めることが出来る立場に……なってはくれないの?」
千「……」
みより「私、ずっと怖くて聞けなかった……千くん、私の事、彼女にするつもりある?」
千「……」
みより「それとも、こうやって一緒にいるだけ? 嫉妬したり、デートはするけど、彼女じゃないし、付き合う気もないし、ただ、一緒にいるだけ?」
千「……」
みより「なんで何にも言ってくれないの?」
みよりの目に涙が溜まっていく。

千「……ごめん、みっちゃん……俺……」
みより「……」

 

千「……結婚しようと思ってる人がいる」

みより「!……」

 

 

みより(ナレーション)「傷付く前に、聞かなきゃって思ってた。引き返せなくなる前に。胸がつぶれそうになる前に――」

 

みよりの目から涙がぽろぽろと落ちる。
堪えきれずその場から立ち去ろうとするみより。

千「……待って(みよりの腕を掴む)」
みより「(止まって)……」
千「みっちゃん……」
みより「……」

 

 

みより(ナレーション)「でも、そんなの。もうとっくに遅かった――」

 

 

第11話・了

脚本/山下すばる

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

第12話「20代最後の恋」

11月5日(月)午後8:55公開

お楽しみに!