おしゃれでおいしいお店が立ち並ぶ恵比寿駅周辺。イタリアンやフレンチ、カフェなど様々な店舗があって、詳しい方も多いのでは?ではとっておきの和食のお店はご存知でしょうか。本当は教えたくない!大人の隠れ家的和食店をご紹介します!

 

安心安全かつ改まりすぎない、高品質和食居酒屋「イワカムツカリ」

JR恵比寿駅東口から徒歩5分、渋谷川のほとりに佇む「イワカムツカリ」。ここは無薬無添加の素材を生かした和食がいただける、高品質和食居酒屋です。

 

「イワカムツカリ」……?不思議な名前ですよね。

 

オーナーシェフの内山 昭さんに話を聞いてみたところ、店名は磐鹿六雁命(イワカムツカリノミコト)という、日本料理の神様の名前からとっているのだそう。

ここでちょっぴり昔話を聞きました!

 

日本料理の祖神とされる磐鹿六雁命(イワカムツカリノミコト)とは?

日本書紀によると、第十二代景行天皇の東国巡幸に供奉し、淡水門(安房, 千葉県)で白蛤(しろはまぐり、アワビとも)を得て、これを膾(なます)に作り献上したその功により、膳大伴部(カシワデノオオトモベ)を賜わったとのこと。

 

ここはそんな神様の名前を冠し、決して客を裏切らず、食材・調理法・空間のすべてに妥協をしないお店!昔ながらの日本料理を重んじつつも、色あせることのないよう、進化し続けるお料理を提供してくれます。温故知新とはまさにこのことですね……!

 

落ち着いた立地と古民家をリノベーションしたぬくもりの空間

恵比寿駅の賑やかな雰囲気から一変、お店の前には渋谷川が流れ、春には川岸の桜が見事で、ゆったりとした立地。落ち着いた空間でのんびりと過ごすことができるのも嬉しいポイントです♪

 

大正時代に建てられたという、2階建ての古民家をリノベーションした店内は、木のぬくもり溢れる、旅館のような穏やかなつくり。天井の見事な梁にも「古き良き」を感じます!

 

時間を気にせず、「もうちょっとゆっくりしていこうかな。」なんて。

 

 

「無薬蓄養畜養 活はまぐりしゃぶしゃぶ鍋」は旨味の宝庫!

新鮮なはまぐりの味のおいしさに衝撃を受けたというシェフの内山さん。料理人が手を加えずとも、素材の旨味が無敵級!と言います。

 

火を入れてはまぐりが開いた瞬間が最もおいしいく、その瞬間のはまぐりを食べてほしいという思いを込めて考案したのが「無薬蓄養畜養 活はまぐりしゃぶしゃぶ鍋」です。


メニュー名の通り、はまぐりは「無薬蓄養畜養」。鹿児島県の南大隈町から直送される、薬品などを使わずに育った活はまぐりを使用しています。夏は、そのはまぐりが採れないことから、夏季以外の季節で提供されるので注意ですよ!

 

さて、もう待ちきれません!

 

早速はまぐりをしゃぶしゃぶしましょう!出汁には、宗田鰹節や鯖節、鰯、昆布の4種類を使用。緑の海藻はなんとあおさなんですよ。

※しゃぶしゃぶ中の写真です※

 

はまぐりをしゃぶしゃぶする機会なんて中々ないので不思議に感じる写真ですが、大丈夫です!これで合っています!(笑)

沸騰した状態でしゃぶしゃぶすること約2分……

 

パカっと開きました!!!この瞬間がたまらない!!

はまぐり本来の味わいを楽しむため、つけダレは付けずにいただきます♪開いたばかりのプリッとした身には旨味が凝縮され、磯の味わいがダイレクトに感じられます♡

開いてからはだんだんと身が縮んでいくのではまぐりは1つ1つしゃぶしゃぶするのがいいんだとか。

はまぐりエキスがたっぷり加わり、さらに旨みが深まった鍋の中…、、このまま「ご馳走さま」なんてもったいないですよね。

 

実はこのお鍋…、メインディッシュは〆のおじやなんです!!

 

最強の〆!玄米で作る「おじや」は新食感の逸品

内山さんが言うに、はまぐりしゃぶしゃぶのメインディッシュはこの「おじや」。特長的なのは白米ではなく、玄米、それも自家発芽玄米、つまり生きている米で作るところです。

 

おじやは雑炊と違って鍋の中の出汁が全てなくなるくらいまで米に出汁を吸わせます。

 

ここからは卵の登場!見てくださいこの黄みと白みの美しさ♡

 

火を止めて、おじやと混ぜ合わせてほどよい半熟で完成!!

たくさん出汁を吸った米はとても柔らかくなるのですが、こちらでは玄米を使っているので米の外側の食感は残り、内側はトロっとした新食感が味わえちゃうんです!卵と合わさってまろやかで…、これがなんともおいしい♡

 

そしてこちらの梅干しと絶妙なマッチングです!

 

梅干しと純米酒で作る「入り酒」を作る際に使ったという梅干しなのですが、完全無農薬無添加だからカラダにやさしい。この梅干しを食べると、もうほかの梅干しなんて…と思うくらい絶品!パクパクと食べ進められちゃいますよ。

 

そしてそして、お鍋とともに、ほかのお料理の注文もぜひ★こちらはグルテンフリーで、小麦粉を一切使っていない季節の天ぷらの盛合せ。

このサックサクの食感、軽い衣。肉厚なマイタケやホワイトアスパラなど、素材の味を邪魔なんてしません!食材がほくほくしていてとっても美味しい♡

 

 

お腹も心も満たされるお料理たち。そんな逸品にはやっぱり最上級のお酒が必要です。

こちらではお酒にもこだわりが…!

「カストリ焼酎」って聞いたことありますか?!

和食にはやっぱり日本酒…?と思っている私はまだまだ甘ちゃんでした!こちらでは「カストリ焼酎」という、酒粕で作った焼酎のソーダ割をオススメしています!「焼酎か…私はちょっと苦手だな…。」と思っている方にこそ、ぜひ試していただきたいのです!

 

焼酎の独特な臭みはなく、お米からできているから料理との相性は抜群。焼酎が苦手な方もこれなら飲めると、ファンになる人が続出しているのだとか!まだあまり広く知られていないお酒なので、試してみるなら「カストリスト」でもあるオーナーの内山さんのいるこちらのお店に行くっきゃない!!

 

お料理もお酒も安心安全に楽しむ恵比寿の夜はいかが?

こだわりと思いの詰まった「イワカムツカリ」。お料理を愉しむも良し、お酒を嗜むも良し、雰囲気に酔うのも良しと、様々なシチュエーションで、普段使いのできそうなちょっといい和食店。紹介した以外にもたくさんの目を引くお料理がありますよ♪家族に、友人に、恋人に、紹介すればきっと一目置かれること間違いなしのお店です。

 

だけどやっぱり、あんまり教えたくないかも(笑)な~んて。

 

撮影/幡原裕治