ラーラぱどでお馴染みのJAふくおか八女とのコラボ企画、八女の味覚を堪能するディナーイベントが今年も帰ってきました!

3年目となる今年の第1弾は、八女の「うめ」「もも」「お茶」がテーマ。

毎回驚きがいっぱいの大人気イベント。

八女のおいしいものを囲みながら、みんなで盛り上がろう。

 

 

>>>前回のイベントの様子はこちら

「八女のあまおう・キウイ・レタス・花を楽しむ会」を八女大使・林美帆子さんがレポート☆

 

おいしい八女をご紹介♪

福岡県の南部に位置し、東部は大分県、南部は熊本県と境を接し、八女市、筑後市、広川町の2市1町で構成される八女地域。

自然豊かな八女は、米・麦、みかん・ぶどう・なし・キウイなどの果樹や、いちご・なす・トマトなどの野菜、電照菊・ガーベラなどの花卉、そしてお茶の生産が盛んです。

 

 

甘酢っぱい香りと味が魅力の八女の「うめ」

八女地域は、小梅栽培面積が全体の約30%を占める青梅を中心とした産地。

「光陽」、「鶯宿」、「玉英」、「南高」の4品種を中心に栽培。

特に、八女市立花町は九州の中でも有数の梅の栽培地域として知られています。

小ぶりな光陽はカリカリ漬けに、大ぶりな鶯宿・玉英・南高は梅ジュースや梅酒などにして食べられています。

 

 

甘くてジューシー♡八女の「もも」

5月から出荷が始まるハウス栽培のももは、上品な香りと濃厚な甘み、みずみずしさが魅力。

収穫のタイミングがとても難しいそうで、遅いと過熟して痛みの原因に。逆に早いと甘みが足りなくなるのだとか。

生産者の方が、色つや香りを毎日確認しつつ、ベストな時に収穫を行っています。

 

 

高級茶として知られている八女の「お茶」

八女といえば「お茶」!

「八女茶」と呼ばれ、高級なお茶の一つとして知られています。

八女茶には、山間地帯で育てられる玉露と平坦地帯の煎茶の2種類があります。

「いい色」「いい味」「いい香り」の3拍子が揃った優秀なお茶は、八女のシンボル的存在。

 

 

5月14日開催!「おいしいレシピで楽しむ会」に参加しよう

八女の旬が楽しめるディナー付き女子会を開催。

お友達を誘ってみんなで参加して!

 

 

INFORMATION

「八女のもも・うめ・お茶をおいしいレシピで楽しむ会」

◆開催日時

5月14日(火)19:00~21:00 ※受付は18:30~

 

◆会場

ホテルローズガーデン新宿

新宿区西新宿8-1-3

(地下鉄西新宿駅 1番出口より徒歩1分)

 

◆参加費

お一人様1,000円 ※20歳以上の女性の方限定

 

◆定員

50名(応募者多数の場合抽選)

 

◆参加条件

・女性限定

・InstagramなどSNSで情報発信ができる方

・アルコール提供があるため、20歳未満の方のご参加はお断りさせていただきます

 

◆応募締切

4月25日(木)

 

【主催】JAふくおか八女 【企画・協力】株式会社ぱど【飲食提供】ホテルローズガーデン新宿

 

 

>>>応募はこちらから

八女のもも・うめ・八女茶をおいしいレシピで楽しむ会応募フォーム