彼の気持ちや復縁時期がわかる ▶︎無料で占ってみる

【Amazonプライムで観れる】笑って泣ける日本の恋愛映画<ベスト8>

おうちで過ごす時間が多くなり、サブスクで映画を楽しんでいる人も多いのではないでしょうか。そこで今回は笑って泣ける日本の恋愛映画を紹介します。

なかなか旅行や出会いの場に行けないこのご時世、ラブストーリーは見飽きたという人にも、ちょっと新鮮に感じられる作品ばかりを集めたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

【Amazonプライムで観れる】笑って泣ける日本の恋愛映画<ベスト8>

【その1】50回目のファーストキス

働きにハワイに行った男性が女性と出会い男性は猛アッタクします。が、彼女は新しい記憶が一日で消えてしまう後遺症を持っている。だが男性は諦めず彼女と結びつこうという物語です。

この映画は実話を元に作られたと聞いてとても驚きました。彼女の家族は彼女の中に記憶が残っている最後の一日を何年も変わらずに続けていて、テレビ、新聞、全てその日の物にし、時が経っていない様に動いていました。

当然彼女は自分が新しい記憶を一日で消えていることも分からず彼女からしたら自分にアタックしてくる男性は毎日初対面な訳です。それに対し男性は毎日会っている女性です。

男性は毎日女性はたったの一日、絶対的に混じりあえることの出来ない時の中恋を発展させたのはとてもすごい事だと思いました。

製作年: 2018年
製作国: 日本
メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
出演者: 山田孝之 、 長澤まさみ 、 ムロツヨシ 、 勝矢 、 仲野太賀 、 山崎紘菜 、 大和田伸也 、 佐藤二朗 、 生越千晴 、 小宮有紗
監督: 福田雄一
脚本: 福田雄一
音楽: 瀬川英史

【その2】君に届け

とにかく多部未華子さんと三浦春馬さんのさわやかな魅力にあふれた胸キュン青春映画です。

みんなからホラー映画に出てくる貞子と呼ばれて育ってきたヒロイン黒沼爽子(多部未華子)と、高校の入学式の日、たまたま道に迷っていた主人公風早翔太(三浦春馬)。そんな2人が出会ってから恋に落ちてしまうという、まさに白馬の王子が現れたような女性なら誰でも憧れるような展開。

風景や映像もとても美しい映画ですが、特に高校の入学式の日、爽子が学校に行こうとした瞬間、たまたま道に迷った風早に道を教える所が素敵でした。爽子の頭の上に桜の花びらが付いていた時、風早が取ってあげたシーンが大好きで印象に残っています。

ラストまでこんな青春時代があったら素敵だなと思えるほど、胸キュンな展開でした。何度も見返したくなるラブストーリーです。

製作年: 2010年
製作国: 日本
メーカー: バップ
出演者: 多部未華子 、 三浦春馬 、 蓮佛美沙子 、 桐谷美玲 、 夏菜 、 青山ハル 、 金井勇太 、 東亜優 、 近野成美 、 松山愛里
監督: 熊澤尚人
脚本: 根津理香 、 熊澤尚人
原作者: 椎名軽穂
音楽: 安川午朗

【その3】おんなのこきらい

とにかくかわいいことだけが取り柄のOLキリコの複雑な恋愛事情を描いた物語です。同性とは険悪、異性には媚びを売って世の中をうまく渡り歩いていくキリコですが、自分のかわいさが全く通用しない男性と出会い、徐々に惹かれていきます。

かわいいが全て、かわいくないものに価値はない、というポリシーのもと日々を過ごすキリコが放つ圧倒的なかわいさに同性ながら惚れ惚れしてしまいます。

どのシーンもヘアメイクやファッションだけでなく、言葉の抑揚一つ一つまでこだわり抜いて撮影された作品だなと感じます。主人公を演じた森川葵さんもとてもキュートでした。

自分の生き方がまるで通用しない相手にもがき苦しむキリコのリアルな姿に引き込まれます。また、ふぇのたすが歌う主題歌と挿入歌も魅力的です。かわいいだけじゃだめみたい、というフレーズが印象に残ります。

製作年: 2014年
製作国: 日本
メーカー: TCエンタテインメント
出演者: 森川葵 、 木口健太 、 谷啓吾 、 井上早紀 、 加弥乃 、 松澤匠 、 巴山祐樹 、 ふぇのたす
監督: 加藤綾佳
脚本: 加藤綾佳
音楽: ふぇのたす

【その4】マチネの終わりに

クラシックギター界の最前線を走り続けてきた主人公の蒔野。ある演奏会後、友人との食事会でジャーナリストとして活躍する女性・洋子と出会う。出会った瞬間から惹かれあう二人、しかし洋子には婚約者がいた。

東京・ニューヨーク・パリを舞台に、たった3回しか会えない二人の男女の物語が繰り広げられていきます。

蒔野のクラッシックギタリストとしての苦悩、若いころから最前線に立ち続けてきたが、突然の不調に悩み葛藤する姿、それを支え続けるマネージャー。しかし、そのマネージャーもまた人知れず蒔野に淡い恋心を抱いています。

そんな事は露知らず、ある日の演奏会後に出会う洋子に惹かれ、食事の際に陽子が漏らした言葉に蒔野が返す言葉が心に沁みます。

「過去にあった楽しい記憶も、未来に起こる出来事によって悲しい記憶に変わってしまう。変えられてしまうとも言える。人は未来しか変えられないと思っているけれど、実は未来が過去を変えてしまう事だってある。」この言葉がとても印象的です。

パリでジャーナリストとして働く中で、テロに巻き込まれてしまう洋子。

閉ざされたエレベーターの中で外から聞こえる悲鳴、爆発音に独り耐えながら、洋子が懸命にメッセージを撮る際に出てきた言葉もまた「この悲しい出来事から立ち上がり、教訓にし、より良い未来にしていくために今を生きる人ができることをしていくのだ」と。

起こってしまった事実は変えられなくても、幸せに向かう努力を人はできるし、していくべきなのだと強く感じました。映画の中でゆっくりと歩いて登場する洋子は「焦ったら幸せが逃げてしまう」と言います。でも、物語が進み最終的に洋子は走り出す。蒔野の演奏会に向かうために。幸せへと向かうために、という風にも見えました。

大人になると、言葉を選び節度ある行動をとらねば、と自分を律することもあるけれど、気持ちに素直になることの大切さをこの作品から教えてもらいました。

製作年: 2019年
製作国: 日本
メーカー: アミューズ
出演者: 福山雅治 、 石田ゆり子 、 伊勢谷友介 、 桜井ユキ 、 木南晴夏 、 風吹ジュン 、 板谷由夏 、 古谷一行
監督: 西谷弘
脚本: 井上由美子
原作者: 平野啓一郎
音楽: 菅野祐悟

【その5】好きって言いなよ。

キスシーンが話題になった作品です。

16年間恋人も友達もいないヒロイン橘めい(川口春奈)。そんなある日、学校一イケメンの主人公黒沢大和(福士蒼汰)に回しけりをし、大和はめいに興味を持つようになります。いかにも漫画が原作というストーリー展開ですね!

ある日、めいがバイトの帰り道、バイト先に来てくれるお客さんにストーカーをされてしまったのだった。
怯えためいは、大和を電話で呼んだのだった。それを聞いた大和は、めいを連れて、ストーカーの目の前でキスをしたのだった。

学校でめいが大和に回しけりをしたシーンが面白かったです。めいがストーカーをされている時、大和がめいにキスをしたシーンがとても話題になっていましたが、大和が色んなキスをするところも素敵でした。

製作年: 2014年
製作国: 日本
出演者: 川口春奈 、 福士蒼汰 、 市川知宏 、 足立梨花 、 永瀬匡 、 西崎莉麻 、 山本涼介 、 八木アリサ 、 寺門ジモン 、 永池南津子 、 渡辺満里奈 、 菊池亜希子
原作:葉月かなえ「好きっていいなよ。」(講談社『デザート』連載)
監督・脚本:日向朝子
主題歌:「ハッピリー」ワン・ダイレクション(ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)

【その6】ナラタージュ

高校教師と生徒(のち演劇部OB)の恋愛映画です。

すごく雰囲気のある映像に引き込まれます。映画の舞台である富山の空気感なのか、昭和のムードというかヨーロッパの文学的な作品のような雰囲気。

有村架純さん演じる泉は再会を機に松潤演じる教師に抑えていた気持ちが膨らんでいきます。

泉を弄ぶような葉山先生の儚さ、危うさ、ズルさ…そういったところにイラつくという意見も多い映画ですが、恋愛って色んな形があって、主人公には本当に幸せな恋愛をしてほしいなと思う映画でした。

登場人物の中では坂口健太郎さんが演じる小野のかなり異常というかサイコパスなキャラも見所のひとつだと思いました。

製作年: 2017年
メーカー: 東宝
出演者: 松本潤 、 有村架純 、 坂口健太郎 、 大西礼芳 、 古舘佑太郎 、 神岡実希 、 金子大地 、 駒木根隆介 、 堀ちえみ 、 武発史郎
監督: 行定勲
脚本: 堀泉杏
原作者: 島本理生
音楽: めいなCo.

【その7】きみの瞳(め)が問いかけている

主人公・篠崎塁(横浜流星)が駐車場の仕事をしている時、ちょうど入ってきた視覚障碍者のヒロイン明香里(吉高由里子)が入ってきて、一緒に映画を見ている所が素敵でした。

明香里が上司が家に入ってきた嫌がらせをされている時、塁が入ってきて助けに行く所が、かっこよかったです。二人のデートのシーンで、焼肉を食べている時、明香里が肉を落とし、服を汚してしまった時、それを見た塁が、こっそり渡す所が、良かったです。

塁が明香里のために手術代を稼ぐために家を出たシーンも凄かったです。塁がボクシングをしている所がかっこよかったです。最後のシーンで、二人が再会する所が、とても感動しました。二人の恋愛の所が胸キュンしました。

製作年: 2020年
製作国: 日本
メーカー: ギャガ
出演者: 吉高由里子 、 横浜流星 、 やべきょうすけ 、 田山涼成 、 野間口徹 、 岡田義徳 、 奥野瑛太 、 般若 、 森矢カンナ 、 三船海斗
監督: 三木孝浩
製作総指揮: 依田巽
脚本: 登米裕一
音楽: mio-sotido

【その8】今夜、ロマンス劇場で

モノクロ映画の世界のお姫様・美雪が現実世界へと降り立ち、映画のお姫様に恋をしていた青年・健司と本当の恋愛を描いていく作品です。

現実世界へと飛び出してきた美雪に振り回される健司の姿は面白みを強くしますが、人の温もりを感じると消えてしまうという秘密を抱えながら健司への思いを強めていく美雪に胸が痛みます。

別れることを決意し、「最後に一度抱きしめて」という美雪のセリフは悲しみを強くしますが、温もりを感じられなくとも共に歩んでいくことを決断したシーンは感動的でありながら不安が募りました。

映画の世界から出てきたために年を取らない美雪の姿から周りの見え方が恋人、夫婦、祖父と孫と変化していく様子に悲しみが溢れます。そして年老いた健司が死の淵に立った際に初めて健司の温もりに触れた美雪、そして消えていく美雪と息を引き取った健司の姿に愛情の深さを強く感じさせました。

その後描かれた若返った二人が祝福されながらキスを交わすシーンは心震えました。キスと共に美しく彩られていく映像もまた美しく、何度見ても愛の深さを感じられる作品です。

製作年: 2018年
製作国: 日本
監督: 武内英樹
出演: 綾瀬はるか 、 坂口健太郎 、 本田翼 、 北村一輝 、 中尾明慶 、 石橋杏奈 、 西岡徳馬 、 柄本明 、 加藤剛
脚本: 宇山佳佑
音楽: 住友紀人

【番外編】バチェラー・ジャパン(シーズン4)

映画ではありませんが、番外編ということで恋愛サバイバル番組『バチェラー・ジャパン シーズン4』、まだ観ていない人は絶対おすすめです!全シーズン見ていますが、これまでのシーズンの中で最も展開が面白く、私の周りでも見た人全員が今回は面白すぎると毎週のように話していました。

また女性陣のレベルもこれまでで最も高く、みなさんおきれいでスタイル抜群!そして今回はコロナ禍での撮影ということで、タイ・プーケットでロケが行われていたので、これまでのシーズンよりもより非日常感がありました。そのあたりも見どころではないでしょうか。

また今回のバチェラーであるコウコウさんは、以前に男性が一人の女性を奪い合うバチェロレッテで最後まで残ったうちの1人。ミスターパーフェクトといわれる彼がガチで女性と向き合います。出会ってすぐに限られたメンバーの中から結婚相手を見つけるというのはかなり厳しい条件ですよね。

女性も誰がバチェラーなのか知らずに参加しているので、ゼロから相手を好きになるのは相当難しいんじゃないかと思いますが、嫉妬とか不安とかが入り混じった人間模様も垣間見れて面白かったです。

途中、前代未聞のトラブルなども起こったりしてこれまでのシーズンよりもリアリティがありとても見応えがありました。

製作年: 2021年
出演:黄 皓, 坂東 工, 今田 耕司

まとめ

8作品をご紹介しましたが、いかがでしたか?気になる作品がありましたか?

引き寄せの法則では良い恋愛をするには、良いイメージを持つことも大事!!

ぜひ気になる作品を見て恋愛運もアップしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる