彼の気持ちや復縁時期がわかる ▶︎無料で占ってみる

まだ終わりじゃない!好きな人に未読スルーされたら実行すべき対策9つ

好きな人にLINEを送っても未読スルーされてしまったらショックですよね。

「もうこれでこの恋も終わり!?」なんて落ち込んでしまう人も多いのではないでしょうか。

でも、未読スルーだけで諦めるなんてもったいなさすぎます。

仮にLINEを送って未読がつかないからといって、それだけで脈ナシだなんて決めつけてはいけません。

では、なぜLINEを未読スルーされても大丈夫なのでしょうか。

未読スルーされた時に覚えておきたい対策や、未読スルーをする心理、そして未読スルーが明らかに脈ナシだと言えるようなパターンを紹介していきます。

今好きな人に未読スルーされて落ち込んでいる人は、これを読んで元気を出してくださいね。

目次

未読スルーされても大丈夫!その時に実行すべき9つの対策とは?

未読スルーをされた場合、相手から「メッセージも読みたくない」なんて思われているのではないかと不安になってしまうでしょう。

とはいえ、そこで諦めてしまうのは時期尚早です。

では、実際に未読スルーをされたら、諦める前にどのような対策をとれば良いのでしょうか。

忘れてはいけない9つの行動を紹介していきます。

相手の好きな話題で連絡をしてみる

相手が未読スルーをしている場合「ちょっとLINEを続けるのが面倒」と思われている可能性があります。

その場合は、相手が喜んで返事をしたくなるような内容でLINEをすれば、相手はすぐにメッセージを読み、返信をくれる可能性もあるでしょう。

まずは、相手の趣味の話題で連絡をしてみましょう。

その時「未読なのにごめんね」などと謝ると、重い女性だと思われてしまう恐れがあります。

あまり気にしていない調子で「そういえば、美味しそうなラーメン屋さん見つけたんだけど~」のように明るく送りましょう。

そうすれば、相手としても興味を持ち、未読スルーが終わるかもしれません。

時事ネタで連絡してみる

「すぐに話したい!」と彼が思えるような内容でLINEを送ることで、彼もLINEを見たくなるかもしれません。

たとえば彼がサッカー好きなら「今度の試合テレビで放送するんだね」とか「チケットとれたんだけど、行けないかな?」のように誘えば、彼も興味を持ってLINEを見てくれるでしょう。

他にも「今度の飲み会の出欠連絡」や「引っ越しする友達に対するプレゼントの相談」のように、メッセージのポップアップだけを見て彼が「あ、急いでLINEを開いて返信しないと」と思ってくれるようなLINEを送るのも、未読スルーされている時には効果的だと言われています。

電話をする

LINEをスルーされていると、なかなか連絡はしづらいですよね。

実際、未読スルーしている相手から追いLINEを送られると嫌な気持ちになってしまう人も多いと言われています。

ですが、もし頻繁に未読スルーをされているのでないのであれば、彼もたまたまLINEに気付いていないだけかもしれません。

お店からのクーポンに紛れてしまい、開くのを忘れている可能性もあります。

そんな時には、勇気を出して電話をしてみましょう。

それにより、彼の様子を伺うことができます。

LINEだと伝えづらい気持ちも、電話で実際に声を聞くことで相手に伝えることができるでしょう。

また、仮にその場では出てもらえなくても電話をすれば履歴が残るため、彼としても「そんなに用があるのかな」という気持ちになるはず。

未読スルーをやめて返信してくれるかもしれません。

友達に協力をお願いする

共通の友達がいるのなら、その人を通して様子を聞いてみるのもおすすめです。

もしかしたら、スマホを触る暇もないくらい忙しくてLINEどころではなかったり、具合が悪くてLINEを見ることもできなかったりするかもしれません。

また、スマホを落としてしまい、LINEのアカウントを作り直した時に連絡先が消えてしまったなどのケースも考えられます。

そういう時は、待っているだけだとなかなか相手との連絡もとれません。

あまりにも不安な気持ちになってしまうようでしたら、友達に「最近、〇〇って忙しいの?」と聞いてみたり、「未読スルーされてるんだけど、返信がほしいから一言伝えてもらえない?」とお願いしたりするのも良いのではないでしょうか。

誕生日やイベントを利用する

「未読スルーなら既読スルーよりも大丈夫だから、とりあえず連絡してみるのがおすすめ」なんてことはよく言われていますが、実際に未読スルーをされていると気軽に連絡をするのは勇気が必要ですよね。

そういう時には、誕生日やイベントを利用してみましょう。彼の誕生日があれば「おめでとう!」とLINEをしても自然ですし、自分の誕生日でも「寂しいからお祝いしてよ~」なんてLINEをしても良いかもしれません。

クリスマスやバレンタインが近ければ、予定を聞くような連絡もしやすいですよね。

また、共通の友達の誕生日などを利用するのもおすすめです。「〇〇って今年で何歳だっけ?」と聞いたり「誕生日って10日だっけ、11日だっけ?」のように、口実はいくらでも思いつくでしょう。

少し不自然でも、口実になりそうなものは利用していきましょう。

返信しなければならない質問を送る

男性が「LINEに既読をつけたら返信するのが面倒だから未読スルーにしておく」というタイプの場合は、返信しなければならないような質問を送るのも効果的だと言われています。

ただし、その文章が長いと、やはり男性は読むのが嫌になってしまうでしょう。

短文で「〇〇ってラーメン好きだっけ?」のような、簡単に答えられるような質問を送るのがおすすめです。

不思議なことに、最初の返信のハードルを下げることで、その後のLINEが続きやすくなると言われています。

さらに一度未読スルーをした負い目があるからか、またすぐに未読スルーをされることはないようです。

未読スルーをされたら「今なら彼と雑談LINEが頻繁にできるかもしれない!」とポジティブに考えても良いかもしれませんね。

怒らせたならしっかり謝る

基本的に未読スルーをされたからといって脈ナシのように考える必要はありませんが、もし未読スルー直前のLINEで微妙な様子になっていたり、あるいは直接話している時に喧嘩になった後で未読スルーされているのなら、それは彼からの「怒っている」というアピールだと思っても良いでしょう。

その場合、自分に非があるのであればしっかり謝るようにしましょう。

自分が悪くて彼を怒らせているのに、何もなかったかのような調子で明るいLINEを送ると、彼から「誠意がない女性」と思われてしまう可能性があります。

「信用できないから距離を置きたい」のように、今までよりも仲が悪くなってしまうこともあるでしょう。

もし未読スルーをされる心当たりがあるのであれば、適当に対応せずにしっかり謝るのがおすすめです。

他のSNSで彼の様子を見てみる

男性の中には「LINEは苦手だから放置するけど、TwitterとかInstagramのように自分のペースでできるSNSは更新する」という人もいます。

LINEを未読スルーされていて彼の様子を知りたいのであれば、他のSNSを見てみるのもおすすめです。

また、もしも既にSNSでフォロー・フォロワーの関係になっているのなら、彼の投稿に対してなんらかの反応をしてみるのもおすすめです。

ただしそこでLINEの未読スルーについて触れるのはおすすめできません。

友達しか見ていないSNSでも、個人でのやりとりを全体が見られる場所で行うのは嫌う男性が多いので要注意。

LINEの内容hには触れず、あくまでSNS上のやりとりをしましょう。

その上で、彼がどのように反応するかを見極めるのがおすすめです。

ブロックされていないか確認する

未読スルーをされている場合、彼がメッセージを見ていないことだけが原因とは限りません。

もしかしたら、ブロックされていてメッセージ自体が届かない可能性もあるのです。

それだと「脈ナシなわけじゃない」とのんきに思っていることもできないので、まずはブロックされていないかを確認しましょう。

簡単な確認方法としては、彼に対してスタンプや着せ替えなどのプレゼントを贈る方法がおすすめです。

もしブロックされているのなら、その時に「送れません」等の表示が出るので分かるでしょう。

ブロックされていたら、彼のことを諦めるのか、そこから挽回するのか早めに決めなければなりません。

もし未読スルーではなくブロックされる心当たりが少しでもあるのなら、念のため確認してみてくださいね。

無視されても終わりではない!未読スルーする心理6選

基本的にLINEはすぐに返す派の人から見ると、そもそも未読スルーをする理由が全く分からなくて戸惑うこともあるでしょう。

そんな人のために、ここからは未読スルーをする男性心理を紹介していきます。

未読スルーをする彼の意図を知りたい人は、ここから紹介する6つのパターンを参考にしてください。

返信を忘れたくない

大切な人からのLINEで、返信を絶対に忘れたくないからこそ未読スルーをするという男性は意外と多いようです。

一度既読をつけてしまうと、その他のメッセージと同じように下の方に流れていくので、忙しい時にはメッセージをもらったことを忘れてしまうという人もいるでしょう。

ですが、未読スルーして未読バッジを消さないようにすれば、メッセージが流れてもすぐに見つけることができます。

また、常に未読バッジが目に入る状態にしておくことで「返信を忘れないように!」と自分へのリマインドをすることもできます。

そのため「今すぐ返信できないけど、絶対に返事を忘れたくない」という時に、敢えて未読スルーをする人もいるのです。

忙しい男だとアピールしたい

女性の中には「男性からすぐにLINEの返信がほしい」と考える人も多いですが、一方で「すぐに返信してくる男は、なんかLINE依存っぽくて嫌だ」と考える人も、それなりにいると言われています。

そのため男性は、敢えて未読スルーをすることで「自分はLINEに依存していないし、日々忙しく生活している」というアピールをすることもあるようです。

未読スルーが続いた後「ごめん、仕事が忙しかった」とか「職場でスマホチェックできないんだよね」のように忙しさをアピールする内容が入っているのであれば、彼はあなたから「有能で将来有望な人!」と思われたいのかもしれませんよ。

自分が主導権を握りたい

自分が主導権を握るために、女性を焦らせる人も多いと言われています。

対等な立場の恋愛に抵抗感を抱きがちな人や女性に告白させたい人、あるいは付き合い始めてからたくさん尽くされたい人は、親しくなった時点でそのような駆け引きを始めると言われています。

昔からモテて女性に不自由したことがない人や、結婚願望がなくて遊びたいと思っている人は特に、女性を少し不安にさせてでも自分が主導権を握ろうとするでしょう。

こういう男性の場合、仮に付き合ってからも駆け引きの名のもとに振り回されたりして、疲れてしまうかもしれません。

女性にもっと意識してほしい

女性からの好意を感じているものの、もっと自分に夢中になってほしいと考えてわざと未読スルーをして女性に揺さぶりをかける人もいます。

付き合ってからだとどうしても対等な立場になってしまうため、それまでに女性にたくさん尽くされたい人も、このような行動に出るでしょう。

また、女性から好かれているとは感じているものの、単なる「知人や友人としての好意」しかないと誤解して、自分のことを意識してほしくて未読スルーをするという男性もいます。

女性とあまり付き合ったことのない男性は、女性の好意に気付けないためこのようなことをしてしまうこともあるようです。

リアルタイムでLINEのやりとりをしたくない

LINEですぐに返信をすると、また相手からもすぐに返事がきて、リアルタイムのやりとりが始まってしまうこともありますよね。

LINEが普及してからはそういうやりとりを好きな人が増えましたが、男性の中には「時間を縛られるようで嫌だ」と感じる人もまだまだ多いと言われています。

だからこそ、わざと未読スルーをすることで返信ペースをコントロールする人もいるのです。

自分のペースでLINEをしたいようなマイペースな人は、忙しくなくてもちょっと間を置くこともあるでしょう。

既読スルーをすると相手を不安にさせたり返信を忘れたりするリスクがあるため、未読スルーにしているのは男性なりの優しさという可能性もあります。

脈ナシだとアピールしたい

「既読スルーよりは未読スルーの方が脈アリの可能性が高い」とはよく言われていますが、既読スルーではなく未読スルーによって脈ナシをアピールする男性もいるので要注意。既読スルーは「読んだうえで返信しない」からこそ脈ナシだと言われていますが、未読スルーは「読むことすら面倒だからしない」というアピールの場合もあるのです。

普段から冷たかったり、デートに誘っても断られるようなケースでは、残念ながら脈ナシの可能性も濃厚です。

また、未読スルーされた後に謝罪や言い訳もなく、相手から「〇〇って知ってる?」のように自分の気になることだけを送ってくるようなLINEを送られてくる場合も「コミュニケーションをとる気はないけど、必要な時には利用したい」という意思表示の可能性もあるので注意してください。

残念ながら未読スルーで『脈ナシ』と思った方が良いパターンとは?

未読スルーをされても、それだけで脈ナシだと決めつけることはできません。

とはいえ、未読スルーの状況によっては残念ながら脈ナシだと受け入れなければならないこともあるでしょう。

では、どんなパターンだと脈ナシの可能性が濃厚なのでしょうか。3つのパターンを見ていきましょう。

一ヶ月以上の未読スルー

数日くらいであれば、実際に忙しさや体調不良でスマホを見る気力がないということもありますよね。

ですが、さすがに一ヶ月以上も未読スルーをされたら脈ナシだと考えた方が良いでしょう。

さらに先ほど紹介したように、未読スルーの後で「ごめん、忙しくて返信できなかった!」などの言い訳もなく、いきなり男性の用件だけを送ってくるような場合には注意が必要です。

そもそも内容を見る気がなかったり、男性の都合の良い時だけ利用しようとしているのかもしれません。

男性から連絡があった時にどれだけ愛想が良くても、それだけで脈アリだと期待しないようにしましょう。

喧嘩した状態での未読スルー

喧嘩によって未読スルーをした場合は、男性が意図的に「連絡を取る気がない」という意思表示をしていると考えられます。

「もう許す気はない」とか「何を言われても言い訳も聞きたくない」と思っているのかもしれません。

実際、この状態になるとLINEだけで許してもらうのは至難の業でしょう。

他のSNSもブロックされているような場合だと、話しかけても無視をされる可能性も高く、仲直りはほぼ不可能だと諦めた方が良いかもしれません。

愚痴を送った後に未読スルー

仲の良い友達だと、LINEでお互いに愚痴を言い合うこともありますよね。

愚痴を話すことでお互いの心の距離が近づき、良い雰囲気になることもあるでしょう。

ただし、愚痴を送った後でタイミング良く未読スルーになった場合は、脈ナシかもしれません。仮に脈アリなら、男性も頼りがいがあるところを見せたくてしっかり返信をしてくれるでしょう。

それなのにスルーされているということは、「愚痴の内容が重すぎて嫌になった」とか「付き合いきれなくなった」と思っていると考えられます。

未読スルーされても終わりではなく、まだできることがある

いつまで経っても彼に送ったLINEに既読がつかない未読スルー。

彼がどうしているのかも分からず、落ち込んでしまう人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、未読スルーをされたからといって、そこで恋は終わったと落ち込む必要はありません。

どうして未読スルーをされているのか、彼は何を考えているのかをしっかり考えて、今後とるべき行動を決めましょう。

▶︎拒否されて辛いあなたへ

たとえ、今は拒否されていたとしても、

あなたのことを恋しく思う瞬間は、まだ彼の心にもきっとあるはず…

占い師にブロック解除してもらい

絶望恋が叶ったリアルな口コミ

\ ブロック解除を可能にするには? /


【ブロック解除に強い】おすすめの電話占い
編集長ラーラ

ブロックを強制解除へ導く占い師の存在、ご存知ですか?
『LINEやSNSのブロックが解除された』『また連絡が来た』との口コミが続出中!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次