彼の気持ちや復縁時期がわかる ▶︎無料で占ってみる

既読・未読スルーからLINEのやり取りを復活させる7つの方法【完全無視から立場逆転】

友人や知人、ましてや好きな相手や恋人から突然LINEを既読・未読スルーされてしまったら、どのように対応してよいか悩んでしまいますよね。

今回はそのようなお悩みを抱えている方に向けて、既読・未読スルーからLINEのやり取りを復活させる7つの方法について紹介していきます。

ただ単に返信するのを忘れているだけの場合もありますが、あまりにも長い期間スルーされているときは何かしらの理由が隠されています。

身に覚えがあった場合もそうでない場合も対応できる7つの方法を厳選して紹介していくので、相手とのLINEを復活させたい方はぜひ参考にしてみてください。

目次

【無視する男の本音】既読・未読スルーする心理状態と理由は?

スルーされているLINEを復活させる前に相手の心理状態や理由を理解していく必要があります。

既読・未読スルーに至るまでには、自分が気づいていない内に相手を傷つけてしまっている可能性もあります。

また、相手が何かしらの理由ですぐに返信できない場合もあるので、まずは相手の心理状態や考えられる理由を探っていきましょう。

相手の心理状態や理由を理解することができれば、対処の仕方も明確に見えてくるはずです。

単に連絡不精で忘れている

元から連絡不精でなかなか返信が返ってこないタイプの場合は、単に忘れている可能性が高いです。

中には一度既読にしただけで返信した気になってしまう人もいるので、あまり気にする必要はありません。

知り合った当初から既読・未読スルーが多い人は、もう一度何かしらの連絡を入れてみましょう。

あくまでも性格上の問題なので、既読・未読スルーに関してはあまり責めないであげてください。

頻繁な連絡にウンザリしている

女性は男性に比べてLINEのやり取りを頻繁に行うことが好きな性質を持っています。

逆に男性は女性に比べると頻繁なLINEのやり取りを面倒に感じてしまう傾向があります。

特に女性は好きな人や恋人と常にやり取りをしていたいと考えてしまうので、連絡の頻度も多くなってしまいます。

それに嫌気がさしてウンザリしている場合、既読・未読スルーなどをしてしまうことがあるでしょう。

この理由で既読・未読スルーしてしまうのは、圧倒的に男性の方が多いようです。

相手はあなたの頻繁な連絡に少しウンザリしてしまっているので、しばらく時間を空けた方がよいかもしれません。

あなたに対して怒っている

友人や知人、好きな人や恋人に限らず、あなたに対して怒っている場合、既読・未読スルーをしてしまうことがあります。

この行動には自分が怒っていることに気づいて欲しいという心理状態が隠されているので、一度自分の言動について振り返った方がよいでしょう。

何か心当たりがあった場合は、しばらく冷却期間を置いてから素直に謝罪してみてください。

相手もしばらく時間を置くことで徐々に怒りの感情は収まってきます。

冷静にあなたからの謝罪を受けることができれば、きっと相手も許してくれるでしょう。

どう返信すべきかわからない

女性は時折自分の気持ちを相手に押し付けてしまうときがあります。

特に別れた直後に復縁を望んでいる女性がやってしまいがちな行動が、長文で自分の気持ちをLINEで送ってしまうことです。

男性は長文でダラダラと未練や今の気持ちを伝えられると、どうしてよいのか分かりません。

気持ちに応えられない場合は、さらにどう返信してよいものか悩んでしまいます。

このようなLINEが続いた場合、既読・未読スルーの状態となり、さらに状況が悪化した際にはブロックされてしまう可能性もあります。

自分の気持ちを伝えたくても、相手にダラダラと長いLINEを送るのはできるだけ控えていきましょう。

LINEを利用できない状況にいる

自分の言動にまったく身に覚えがない場合は、相手がLINEを利用できない状況にいる可能性が高いです。

仕事が忙しくなかなか対応できなかったり、他の異性と一緒にいる場合にもすぐには返信ができません。

また、自然災害時にもLINEを利用できなくなることもあるので、一度相手の状況を確認してみましょう。

相手がLINEを利用できない状況にいる場合は、しばらく返信を待つしかありません。

その間にモヤモヤと余計な心配をしてしまうかもしれませんが、一旦落ち着いて様子をみてみましょう。

あなたの気持ちを試している

男性も女性も普段から恋愛において駆け引きをするタイプの人は、あなたの反応を試している可能性があります。

すぐに返信をすると、相手にも過剰な期待を抱かせてしまうかもしれません。

しばらく既読・未読スルーにしておくことで、自分のことをもっと気にかけてもらいたいという心理状態が隠されています。

このようなタイプの方は、いざ自分が既読・未読スルーされると逆に不安を感じてしまいます。

自分も駆け引きしたいのなら同じような対応をしてもかまいませんが、基本的にはあまり気にせず普通に対応していきましょう。

LINEを既読・未読スルーされた際にすべきこと

既読・未読スルーに気づいても感情的になって行動することは、逆に状況を悪化させてしまう可能性があります。

相手が自分のLINEに対して既読・未読スルーしていても、まずは一旦冷静になってください。

ここでは既読・未読スルーされた際にすべきことについて、詳しく紹介していきます。

あくまでも状況を改善させてやり取りを復活させたい方は、復活LINEを送る前に準備を整えておきましょう。

ブロックされているか確認する

既読スルーであればLINEをブロックされている可能性はないですが、未読スルーの場合はブロックされている可能性も考えられます。

未読スルーが続いてしまった場合は、一度ブロックされているか確認してみてください。

ただし、自分に身に覚えがないのに未読スルーされている場合は、後々ブロックされているか試した方法を見られてしまう可能性が高いです。

一番無難にブロックされているか確認できるスタンプをプレゼントする方法を選んでみましょう。

仮に後で見られてもスタンプをプレゼントしてくれようとしていただけと受け止められるので、バレる心配もほぼほぼありません。

まずはブロックされているか確認して、単に未読スルーなのかをチェックしてみてください。

共通の知人には返信があるかチェックする

既読・未読スルーされている相手と共通の知人がいる場合は、その人に返信があるかどうか試してもらいましょう。

なかなか連絡が取れない旨を伝えて、一度連絡を入れてもらうような形をとれば知人も協力してくれるはずです。

もしも、知人には普通に連絡がきた場合は、単にあなたへの返信を忘れているか、何かしらの意図があって返していないかのどちらかです。

今まで普通にやり取りができていた相手なら、あなたが何か気にさわることをしてしまったのかもしれません。

一度自分の言動を振り返って心当たりがあった場合は、素直に謝罪しましょう。

自分の言動を振り返る

普段はスムーズにやり取りができていた相手なら、あなた自身に何か問題があった可能性が高いです。

相手の状況も考えず頻繁にLINEを送ってしまっていないでしょうか?

相手を無意識の内に怒らせてしまっていませんか?

ここで一旦冷静になって自分の言動を振り返ってみてください。

何かしらの心当たりがあった場合は、冷却期間を置いてから対処していくことが重要です。

追いLINEせず期間を空ける

既読・未読スルーをされたからといって、追いLINEを連発すれば相手からブロックされる可能性も高くなってしまいます。

さらに相手はその対応に対して、スルーを続けてしまうことでしょう。

自然災害などにおいて相手の状況が不明な場合以外は、追いLINEをするのは一旦控えてください。

特に別れた直後に復縁を望んでいる場合は、追いLINEは絶対のNG行為です。

相手も今はあれこれ考えている最中ですから、一旦考える時間を与えてあげてください。

最後に送った内容を見返してみる

既読・未読スルーをされる理由は、最後に送った内容に秘密が隠されている可能性が高いです。

仮に最後に送った内容が長く重たいものであったり、返信を求めるものではなかった場合、それが原因と考えてよいでしょう。

また、最後に相手に送ったLINEの内容が相手の不快に思う内容だった場合は、自分に対して怒っている可能性を考えてください。

スルーされている原因が自分にあるのか、相手の事情によりものなのかを判断する目安になります。

こちらが返信を求めており、内容にも特に問題がない場合は相手の事情が原因の可能性が高いと判断してみてください。

【未読・既読スルーを解決】LINEのやり取りを復活させる7つの方法

相手の心情や理由を理解することができたら、いよいよ実践に移っていきます。

ここではLINEのやり取りを復活させる方法を7つ厳選して紹介します。

成功率が高いものばかりを選んでいるので、早速実践してみましょう。

一旦連絡を控えてみる

自然災害などの緊急事態以外であれば、一旦連絡を控えてみるのが有効的です。

特にあなたに何かしらの原因があった場合は、相手にも冷静に考える時間を与えることができます。

頻繁にLINEを入れてしまっていた方であれば、相手も突然連絡が途絶えたことで逆にあなたを気にかけてくれるかもしれません。

相手も自分がLINEを既読・未読スルーしていることに少なからず罪悪感を感じているので、あなたからの連絡が途絶えれば気になって自分からLINEをしてくれるでしょう。

自分に心当たりがあった場合は、やり取りが再開した際にきちんと謝罪の気持ちを伝えてください。

期間を空けたあとに短文のLINEを送る

好きな男性や彼氏と喧嘩になった際や別れてしまった直後に、ダラダラと未練の気持ちを送るのはNG行為です。

これをきっかけに既読・未読スルーしてしまう男性も多いので、特に女性は注意しましょう。

長文の内容は自己満足だけで、実は最後まで読まれていないことも多々あります。

男性は元々長文のLINEを読むのが苦手なことを覚えておきましょう。

こういった行動をしてしまった際には、ある程度の期間を空けたあとに短文のLINEを送ってみてください。

短文であれば相手も読みやすく返信もしやすいので、やり取りが復活する可能性も高いです。

相手からLINEがきてもすぐに返事をしない

既読・未読スルーされていた相手から返信がきてもすぐに返事をしないでください。

これは再び同じようなことが起こらないための方法です。

自分は何かしらの理由があってLINEを既読・未読スルーしていても、いざ相手からされると逆に気にしてしまいます。

相手も今までの傾向ですぐに返信がくると考えているので、意外にもすぐに返事がこなければ気になってしまうでしょう。

また、自分に何か心当たりがあった場合は、相手もあなたが反省しているためにすぐに返事を返せないのかと考えてくれます。

すぐに返信してしまうと何も反省していないと捉えてしまう可能性があるので、くれぐれも注意してください。

文頭を工夫する

LINEを使用しているほとんどの方が、通知設定をONにしているかと思います。

通知設定をONにしている場合、基本的にはLINEが届くと文頭も一緒に表示されます。

既読をしなくても文頭の大まかな部分が把握できるので、仮に読むのが面倒そうな内容、もしくは文頭からネガティブな雰囲気が漂っている内容であればすぐに中身を確認しません。

また、文頭だけでもネガティブな雰囲気を漂わせている内容の場合、勝手にその先の内容もイメージしてしまいます。

逆に文頭から開きたくなるような印象を抱かせるものであれば、ついついその場で開いてしまうでしょう。

未読スルーが続いている場合は、まず相手にLINEを読ませることから始めてみてください。

特に未練や自分の思いを長々と綴ってしまった内容のLINEを既読スルーされている後には、気持ちを切り替えて相手が読みたくなる文頭を送るよう工夫してみましょう。

相手がその先を聞きたくなる話題を提供する

あなたはLINEで自分の話ばかりをしてしまっていませんか?

また、ネガティブな内容は相手にとっても「これ以上聞きたくない!」と思わせてしまうことがあります。

相手の顔が見えない状況の中で行うLINEだからこそ、相手の気持ちも重視していかなければなりません。

LINEの相手がレスポンスに困ってしまうような内容は、できるだけ控えましょう。

その先を聞きたくない、これ以上やり取りを続けたくないと思わせてしまえば、必然的に相手は既読スルーしてしまいます。

一度既読スルー状態になってしまった相手に対しては、その先を聞きたくなるような話題提供を心掛けてみてください。

既読スルーされてしまう場合は、相手が返信しなくてもよい、どのように返信してよいのかわからないケースが多いことを覚えておきましょう。

相手を心配するLINEを送ってみる

いくら既読・未読スルーが続いていても、相手の状況が見えないと対処の仕方にも困ってしまいますよね。

自分に何も身に覚えがない場合やこれまで普通にやり取りできていた相手が、パタッと既読・未読スルーになってしまった場合は、一旦相手を心配するLINEを送ってみてください。

ここでいきなり感情的になって「どうして返信くれないの?」など、相手を追い詰めてしまうような追いLINEをしてしまうと、余計なトラブルを引き起こしてしまうかもしれません。

相手はふいに急用ができてあなたへの返信を忘れてしまっている場合もあります。

また、突然仕事が忙しくなってしまって、心に余裕がなくなってしまったのかもしれません。

しばらく時間を置いた後に「何かあった?」「具合悪くなっちゃったのか心配…」など、相手を心配するLINEを送れば、あなたのLINEに気づき「ごめんね!」と、素直にLINEができなかった理由を話してくれることでしょう。

心配されて悪い気になる人はほとんどいませんので、自分に心当たりがない場合は一旦、このように対処してみてください。

LINEのアイコンを変えてみる

相手があなたに何かしらの怒りの感情やLINEをしたくない理由を抱えている際は、あなたのアイコンを見ただけでもイライラしてしまうものです。

あなたのLINEを既読・未読スルーしている場合、常に他の人にLINEする際もそのアイコンが目に入ってしまうことでしょう。

しかし、気持ちも落ち着いてきた頃にあなたのLINEのアイコンが変わっていれば、やはり気になってしまうものです。

このように相手の気持ちを引き寄せる意味でも、LINEのアイコンを変えてみるのはとても有効的な手段となります。

相手の気持ちが既に落ち着いている場合は、アイコンを変えたことを理由に連絡も入れやすくなるでしょう。

ただし、相手の気持ちを挑発させるようなアイコンに変えるのはNGなので、無難なアイコンに変えてみてください。

復活LINEを送るタイミング

一度目の既読・未読スルーであれば勇気を出して追いLINEを送ることもできますが、再びスルー状態が続いてしまうと心も折れてしまいますよね。

復活LINEを送るなら、最適なタイミングに合わせて送るのが有効的です。

こちらも何か理由をつけて送ることができますし、相手も再びやり取りを再開しやすくなります。

ここでは復活LINEを送るタイミングについて紹介していきますので、ぜひ送る際の参考にしてみてください。

タイミングは一度逃してしまうとなかなか次のチャンスは巡ってこなくなってしまいますので、最適なタイミングが訪れた際には勇気を持って復活LINEを送ってみましょう。

地震や台風などの自然災害が起きたとき

地震や台風などの自然災害が起きたときは、相手を心配するLINEを送りやすいタイミングと言えるでしょう。

ただし、大きな災害の際には相手も大変な状況で返信ができない場合もありますから、くれぐれも過剰な期待は抱かないようにしてください。

相手も自然災害が起きたときに心配してくれるLINEがくれば、返信も返しやすいです。

このような自然災害が起きたときは、純粋な気持ちで相手を心配する方がやり取りも復活させやすいですよ。

相手の職場や自宅の近くに立ち寄ったとき

相手の職場や自宅が分かっている際には、近くに立ち寄ったときに復活LINEを送ってみましょう。

うまくいけば、やり取り復活の延長でそのままご飯や会うことができるかもしれません。

「今、〇〇の近くまできたから連絡したんだけど…」といった具合に連絡も入れやすい理由ができるので、既読や未読スルーされていても自然に送ることができます。

ただ、仕事の場合はLINEに気づかない可能性があります。

仕事終わりにLINEを見て「気づかなかった!ごめん」といったような返信がくるかもしれません。

その際はたまたま通りかかっただけなので、気にしないでほしい旨を伝えれば、その後からやり取りを復活させることができるでしょう。

相手の誕生日

復活LINEを送る際に相手の誕生日を逃す手はありません。

誕生日というのはお祝いのLINEを自然と送れる最大のチャンスです。

このチャンスを失ってしまえば、当然来年までチャンスは巡ってきません。

既読・未読スルーが続いている相手の誕生日が近い場合は、このチャンスを活かして復活LINEを送ってみてください。

相手も自分の誕生日を祝われれば、どのような理由があってもなかなかスルーすることはできないでしょう。

こちらの場合も純粋な気持ちで相手の誕生日を祝ってあげてください。

年末年始の挨拶を送るとき

年末年始が近ければ、このタイミングで復活LINEを送るのも有効的です。

特に年始の「おめでとう」LINEは相手も開きやすく、返信も返しやすいでしょう。

年末年始は仕事や学校なども休みの場合が多く、LINEを見れる状況である可能性が高いです。

また、他の人たちからも「おめでとう」LINEが届くかと思いますので、流れであなたのLINEも見てくれるかもしれません。

今まで未読スルーしていた人なら、既読にするチャンスです。

既読スルーが続いていた場合は、この機会にやり取りを復活させるチャンスなので、絶対にこのタイミングを逃さないようにしてください。

送る時間は昼間よりも夜がおすすめ

全体的な送るタイミングという意味でも、送る時間帯は昼間よりも夜の方がおすすめです。

昼は何かと忙しい人も多く、仕事をされている人ならなかなかLINEもチェックできないでしょう。

夜は比較的みなさんがリラックスしている時間帯なので、LINEに気づく可能性も高くなっていきます。

ただし、相手が既婚者の場合であったり、夜勤などの特別な事情がある人はその人のタイミングに合わせてください。

あくまでも一般的な状況下にいる人に向けては、夜間の時間帯を狙った方がよいでしょう。

まとめ

今回は相手に既読・未読スルーされてしまった場合のやり取りを復活させる7つの方法について、相手の深層心理や理由なども含めながら紹介してきました。

相手から既読・未読スルーされる理由には、大きく分けて2つのパターンが考えられます。

1つは自分の言動が理由で相手を不快な気持ちにさせてしまったことです。

2つはあなた自身でもどうにもできない相手の事情が主な原因となっているのでしょう。

稀にスマホそのものの調子が悪かったり、LINEの不調によってあなたのLINEが届いていない、もしくは気づかないような現象が起きてしまっている場合もあります。

自分に思い当たる節がない場合は、共通の知人などに協力してもらって、相手の状況を確かめてみましょう。

ただし、自分に思い当たる節があった場合は、言動を振り返って改善する必要があります。

また、自分の言動が相手に不快な思いをさせてしまった場合は、やり取りが復活した際にきちんとその旨を謝罪しましょう。

一番大切なことは同じことを繰り返さないことです。

既読・未読スルーの返事を待っているときは、とても辛くて他のことが手につかなくなってしまいます。

このような思いを二度としないよう、今回の記事を参考に円満な復活を意識してみてください。

▶︎ 諦められない相手がいるあなたへ

「もう絶対無理」「完全に嫌われた」と、
諦めるはちょっと待ってください。

\ 復縁までのリアルな実話/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる