彼の気持ちや復縁時期がわかる ▶︎無料で占ってみる

復縁に効果的な冷却期間は?別れて一ヶ月の男性心理と連絡方法

彼氏と別れた後に、やっぱり彼氏が好きで復縁したいと、誰もが一度は別れを後悔したことがありますよね。

別れた彼氏に気持ちを伝えてもいいのか、そもそも別れたのに連絡なんてとってもいいのか、悩むところです。

ですが、この別れている期間「冷却期間」を上手に過ごすことによって、彼との復縁率もアップします!

そこで今回は、復縁に効果的な冷却期間の過ごし方を男性心理と共にご紹介します。

是非、ひとつの参考になさってみてください。

目次

元彼や元旦那と復縁したい場合、冷却期間は必要?

冷却期間とは、カップルが喧嘩や別れた後に、お互い連絡を取り合わずにいる期間のことを言います。

一切相手と連絡をとらずにいる時間は、気持ちを落ち着かせてもう一度、2人の関係を見直せることができることから、復縁には冷却期間が効果的と言えます。

辛いけど確実に復縁するために、冷却期間が必要な理由

別れてからの冷却期間は、連絡を一切経つ我慢の時期!

ですが、この期間をグッと耐えることでメリットがいっぱいあるのです。

どんなメリットがありのか、見てみましょう!

お互い気持ちのリセットができる

冷却期間をとるということは、「喧嘩が多かった」「お互いを大事に思いあえなかった」と関係がなんらかうまくいかなかったからですよね?

冷却期間をとり、お互いから距離をとることによって、冷静に物事を考えることができます。

上手くいっていなかった2人の関係も、少し問題から離れる事によって、気持ちが晴れ「大したことではなかった」と気持ちのリセットにつながります。

気持ちの再確認

相手に一切連絡せずに過ごす「冷却期間」。

今まで連絡を密に取り合っていた分、急に連絡がなくなると、心にぽっかり穴が空いた気分に…。

連絡を取らない、会えない分、相手への気持ちを再確認するにはちょうどいいと言えますね

自分磨きができる

会えない期間は、自分磨きができる期間と捉えるのも有り!

復縁を望んできるのならば、会えない期間をつかって自分磨きに精を出してみて!

次に元カレと会う時に、今までとは違う自分を見せることで元カレはドキっとするはず。

一歩復縁へ近づけますね。

恋愛以外に新しいことに挑戦できる

彼と付き合っていたころは、少なからず「彼」を優先させてきたでしょう。

冷却期間中は「彼」や「恋愛」から離れ、違うことに目を向けれるチャンスです!

趣味を増やすのもよし、友達と積極的に出掛けるのもよし!

私生活が充実していると、より一層美しくなるのが女性です。

次、彼に会えるまでの期間は、恋愛以外の事に目を向けて、心のリフレッシュをしてみましょう!

元彼の気持ちが知りたい!別れてから1ヶ月の男性心理

彼と別れて1ヶ月が経ち、復縁したいと思う半面、「彼はこの1ヶ月どう思っていたのだろう」と、彼の気持ちが気になりますよね。

1ヶ月もあれば、お互いの気持ちも安定し、様々なことが冷静に見えてくる頃。

「彼と復縁したい」と思っている女性のために、別れて1ヶ月の男性心理を探ってみました!

別れて1ヶ月の男性心理①】別れたことを後悔

別れた原因が喧嘩など、感情的に口論になり別れてしまった場合、だいたい1か月後に「別れなければ良かった」と後悔し始めます。

1ヶ月を過ぎたあたりから、彼女との思い出を振り返り、存在の大きさに気付き始める頃。

別れて1ヶ月頃は、彼も同じく別れを後悔していますが、男性はプライドが邪魔し、なかなか自分から連絡できずにいることが多いです。

寂しさを紛らわすために、仕事や趣味に没頭する

別れた理由が何にせよ、今まで一緒に過ごしてきた彼女が日常にいなくなったのは寂しいと感じています。

考えると寂しい気持ちが襲ってくるのを避けるため、わざと忙しくする男性。

仕事や、趣味に没頭し、なるべく考える時間を作らないようにしています。

別れて1ヶ月の男性心理②】一人身を満喫

喧嘩が絶えなかった関係や、束縛がひどかった彼女、そもそも一人の時間を大切にしていた男性は、一人身になった時間を満喫している可能性があります。

別れて1ヶ月過ぎた頃には、気持ちの余裕も出て、自由な時間が楽しく感じ始める頃。

付き合っていた頃には出来なかった事を、思う存分楽しんでいます。

別れて1ヶ月の男性心理③】恋愛はしない

別れて1ヶ月過ぎた辺り、気持ち的に落ち着いてきて、ひと段落つくところ。

別れてから、自分一人でいる気楽さに気付き「しばらく恋愛はしなくていい」と考えだす男性も少なからずいます。

そんな男性は、彼女は欲しいものの「恋愛は面倒だ」と感じている男性が多いです。

【パターン別】復縁までに必要な冷却期間の目安は?

冷却期間が何か、別れてからの男性心理を解説しましたが、次は復縁するにはどれほど冷却期間を取ればいいのかについて説明します。

別れてから自分の本当の気持ちに気付き、すぐ連絡したい気持ちも分かりますが、別れた原因によって、冷却期間は異なります。

それでは、原因別の冷却期間の目安をご紹介します。

自分から別れを告げた場合に必要な冷却期間

なんらかの理由で自分が彼に別れを告げた場合、彼はまだあなたに気持ちがある状態で別れています。

そんな時は、冷却期間は必要なく、別れを後悔した時点で彼に連絡してみましょう。

ただ、復縁したいと強くせまっても「自分から別れておいてなんだよ」とあなたにもう振り回されたくないと、思っている可能性もあります。

一方的に自分の気持ちをぶつけず、なぜ別れることになったのか、どれだけ彼があなたにとって必要だったのかを誠実に説明するように心がけましょう。

喧嘩別れした場合に必要な冷却期間

喧嘩別れをしてしまった場合、お互いがヒートアップした状態で別れてしまった場合が多いと考えられます。

口論になり、お互いの気持ちがうまく伝わらず、最終的には「もう別れよう!」と感情的になりすぎてしまって結果別れに…。

この場合、1週間~2週間を目安に冷却期間をとれば、お互い冷静を取り戻し、復縁につながります。

女性が浮気をした場合に必要な冷却期間

自身の浮気のせいで別れてしまった場合、復縁に必要な冷却期間は半年~1年ほどになります。

もともと、浮気を許せる男性は女性に比べて圧倒的に少なく、浮気が原因で別れた後の復縁は難しいとされています。

それでも復縁を求めてる場合、彼の気持ちのダメージを考えて、半年~1年間をとることをオススメします。

裏切られた傷はすぐには癒えません。

時間をかけて、焦らず、ゆっくり彼氏の様子を伺う必要があります。

彼からフラれた場合に必要な冷却期間

彼から別れを切り出された場合、1年~1年半の冷却期間は必要になります。

あなたと別れを決断した時点で、既にあなたへ好意をもっていません。

好意のない相手に、すぐ復縁したいと言われても何も響きません。

彼氏に別れを告げられていたら、最低でも1年、長くて1年半の冷却期間をとれば、彼の中で「あなた」という存在が少し変わっているかもしれませんし、なんらかの気持ちの変化があると思われます。

元彼との冷却期間中、LINEや連絡で注意するべきポイント5つ

冷却期間を終えて、彼に連絡する前に気を付けておきたいポイントがいくつかあります。

いくつかのポイントに気を付けてメールをすることで、少しづつ彼との距離を縮めることができるでしょう。

それでは、さっそく見てみましょう!

「復縁したい」気持ちを前面に出さない

彼にメールを送る時に、一番気を付けたいのが「LINEやメールの内容」。

自分の「復縁したい」という気持ちを前面に出したメールは、彼の気持ちが分からない状態の時は、止めておきましょう。

彼が復縁を望んでいない時に「復縁したい」とメールをしても、「鬱陶しい」と思われてしまうだけです。

一回目のメールは、彼とまたメールのやりとりが出来る関係に戻る為に、何気ないメールを心がげるようにしましょう。

長文のLINE・メールは送らない

冷却期間を終え、彼に伝えたいことがいっぱいあるのは分かります。ですが、彼の気持ちが分からない状態でメールを送るのはNG。

そもそも、男性はメールなどマメな男性でない限り苦手です。長文のメールを見た瞬間、読む気さえなくなってしまうでしょう。

送るLINEやメールは、短文で、返信しやすい内を心がげましょう。

彼に対して未練は見せない

自身は復縁したいかもしれませんが、相手がどう思っているかは分かりません。

久しぶりのメールが、未練たらたらのメールでは、受け取った相手は重と感じてしまいます。

復縁を希望していない彼だったら、返信さえ返ってこないかもしれません。

彼に気持ちがあっても、未練を見せないメールが、復縁への第一歩です。

距離感が近すぎるLINE・メールは避ける

別れてから何か月も連絡をせずにいたのに、まだ「彼女」スタンスでメールするのはNG!

以前は彼女でも、別れてしまったら「元カノ」です。

別れてからも「彼女」のようになれなれしくメールするのは、相手も引いてしまいます。

別れた後は彼の「友達」という立場からメールをするように気を付けましょう。

毎日LINEは絶対NG!徐々に頻度を上げる

付き合っていた頃と違って、彼と毎日連絡を取り合うのは控えましょう。

彼の気持ちが分からない以上、毎日の連絡は彼に負担に思われてしまいます。

週に1回、様子をみて彼から連絡がくるようになったら、徐々に回数を増やしてみましょう。

急な距離の縮め方はオススメしません。

【復縁成功へ】彼に返信をもらうLINEやメールの具体例

別れてからの「冷却期間」は、悪魔でも2人は元カレ・元カノの状態です。

一方が復縁したいと思っていても、もう一方が同じ気持ちでいてくれてるかは分かりません。

別れてしまった以上、付き合っていたころと同じように連絡をとりあうのは難しく、第一歩として「返信がくるメール」を送ることを心掛けるのが大事。

そこで具体例を紹介しますので、参考にしてくださいね。

何気なくメールを送った感を出す

シンプルに「元気?」とLINEやメールをするのが一番自然です。

元気?今日友達と〇〇に行ったんだけど、よく〇〇君と行ってたなって思い出して、元気かなって連絡しちゃった。

と、よく彼と行った場所で思い出して、気になったからメールしたと未練も感じさせない、何気ないメールだと、相手も返信しやすくなります。

「教えてほしい」とメールしてみる

メールしたことを深読みされずに済むメールが、彼が得意とする分野について連絡する。

急に連絡してごめんね。〇〇君ってまだ〇〇やってる?私も始めたんだけど、分からなくて〇〇教えてくれるかな?

教えて欲しいというメールに加えて、彼の得意分野であれば返信は返ってきますし、未練があるともとらえられませんね。

その後も、「この間はありがとう!うまくいったよ!」などと連絡を取る口実もできます。

共通の趣味を話題にする

お互いの共通の趣味であるスポーツやアーティストの話題でメールしてみるのも有り!

久しぶり!今ネット見てたんだけど、〇〇今度〇〇でライブするみたいだよ!

と、共通の好きなものの情報交換をすることで、彼も返信に困りませんし、その後も話題に花が咲く可能性も考えられます

これすると復縁が遠ざかる… 却期間中にやってはいけない行動3つ

彼と別れてしまった後の「冷却期間」には、やってはいけない行動があります。

この行動をとることによって、彼との復縁を遠ざけてしまうことになるので、気を付けておきたいポイントです。

それでは、冷却期間中にやってはいけない行動をご紹介します!

【NG行動①】頻繁にメールをする

彼のことが気になり、頻繁にメールをしたい気持ち、すごく分かります。

ですが、既に2人は別れている状態です。

自身が別れたことに後悔していても、相手はどうかは分かりません。

別れた相手から頻繁にくるメールに「鬱陶しい」「面倒臭い」と思われたら、復縁できる確率はぐんと下がります。

ここは、我慢して、焦らず様子を見るのが吉!

【NG行動②】さぐりを入れる

別れてからも相手に好意があると、離れている期間で一番気になるのが「相手に好きな人ができたか」。

復縁を望んでいれば、尚更、相手に良い人が現れていないかとても気になりますよね!

ですが、そこを我慢せずに、探りをいれるように彼のSNSを見あさったり、周りに聞きまわったりすることはNG。

SNSで見る情報は、必ずしも正しいものではありませんし、自分の憶測でしかありません。

又、周りに探りをいれるのも、必ず彼にバレてしまいます。

過去の人は過去の人です。

「自分が何をしてようが勝手だろ」と彼を怒らせてしまうことにもなりかねません。

【NG行動③】体だけの関係になる

別れた後の「冷却期間」は、お互い元カレ・元カノです。

その状態から、体の関係を持ってしまうと「曖昧な関係」を続けてしまうはめに…。

「どんな関係でも彼の近くにいたい」という気持ちも分かります。

ですが、今後はっきりしない関係に苦しくなるのは目に見えていますよね?

冷却期間中は、どんな理由があるにせよ、体の関係をもつことは止めましょう。

復縁のポイントは上手に冷却期間を過ごすこと

別れた相手と復縁した場合には「冷却期間」をとることが大きな鍵となっています。

連絡を一切とらずに過ごす「冷却期間」。

相手の状況が分からず苦しい時間かもしれませんが、ここを上手に乗り切ることで彼との復縁に一歩近づくことができます。

是非、この期間を無断にせず、前向きに捉えて復縁を目指しましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる