彼の気持ちや復縁時期がわかる ▶︎無料で占ってみる

元旦那と絶対復縁したい!再び好きにさせるために必要な6つの秘策

「一生この人と一緒にいたい」と思って結婚しても、なんらかの事情で別れてしまうことってありますよね。それと同じように、「この人と一緒にいるのはもう無理!」と思って離婚しても、やっぱり再婚したくなることもあります。

一般的に、別れた元旦那と復縁することは、一度別れた恋人たちが復縁するよりもハードルが高いと言われています。

ですが、どうしても復縁したいなら、チャレンジしてみるのも良いでしょう。

どうすればまた好きになってもらえて復縁できるのか、一緒に考えていきましょう。

目次

元旦那と復縁したい!でも今さら彼に連絡をしても大丈夫?

元旦那と復縁したいのであれば、やはりまずは連絡をとることが重要です。

とはいえ、一度は結婚して夫婦になったとはいえ、既に別れている関係。ある意味、他人の中で最も遠い関係のように感じる人も多いのではないでしょうか。

そんな元旦那に連絡をとっても良いのかどうか、別れた時の状況別にチェックしてみましょう。

性格の不一致で離婚した場合

もし別れた原因がお互いの性格の不一致なら、復縁できる可能性は高いでしょう。別れた時期にもよりますが、一般的に性格の不一致による離婚は復縁の可能性が高い離婚だと言われています。

話し合い不足によって「性格が合わない!」と感じて離婚してしまっているケースも多いので、時間をおいてお互いに冷静になってから改めて話し合うことで「やっぱりこの人とやり直したい」と思えて、復縁できる可能性も高いでしょう。

離婚する際にかなり悩んだ場合

離婚する場合「本当に離婚しても良いのかな」とか「この人以上の人が本当に現れるんだろうか」と、お互いに悩んだケースでも、復縁できる可能性は高いでしょう。

何度も離婚届をもらってきては捨てて、それでもまたもらってきて提出したようなケースは、お互いに未練が残っている可能性が高い離婚事例です。

元旦那の方でも「やっぱり別れなければ良かった」と後悔している可能性が高いので、思い切って連絡をしてみてください。

勢いで離婚した場合

かなり悩んで離婚する夫婦もいれば、喧嘩をした時に売り言葉に買い言葉で勢いで離婚してしまう夫婦もいます。この夫婦も、復縁できる可能性は十分にあります。

その場の勢いで離婚した夫婦の場合、冷静になってから「やっぱりもう少し落ち着いて話し合うべきだった」とか「あの人以上に相性が良い人はいない」と考えなおすケースは少なくありません。

案外、元旦那の方でも「やっぱりやり直したい」と思っている可能性もあるでしょう。

完全に嫌われている場合

離婚の理由が、女性側の不倫や金銭的な使い込み、モラハラやDVといったケースもあるでしょう。その場合、離婚して数年以上経っていても、元旦那の方ではまだ怒っている可能性があります。

文字通り、顔も見たくないくらい嫌われていることもあるので、その場合は残念ながら復縁の可能性は低いと言わざるを得ません。

連絡をとってみるのは良いですが、場合によっては連絡に対する返事すらないかもしれません。

すんなりと復縁成功へ!元旦那の心を取り戻す秘策6つ!

元旦那に連絡をとってみて、普通に返事が返ってきたら、離婚事由はどうであれ復縁できる可能性があるでしょう。

では、元旦那の心を取り戻して、復縁するためにはどうすれば良いのでしょうか。

子どもがいる場合、子どもがいない場合に使える秘策をそれぞれ2つ紹介していきます。

また、どちらのケースでも使える秘策も2つ紹介しますので、自分たちの状況に合わせて試してみてください。

子どもがいる場合

子どもがいる場合、やはり復縁の際に大切なのは子どもの気持ちや環境です。どのように復縁に向けて動いていけば良いのか、秘策を2つ紹介していきます。

【元旦那と復縁の秘策①】まずは子どもの気持ちを確かめる

元旦那と復縁したい場合、まずは子どもの気持ちを確かめましょう。子どもが復縁に対して反対しているのに無理に復縁しようとすると、元旦那から「自分勝手で子どもの気持ちを全く考えない人」として、悪いイメージを持たれる可能性があります。

それだと復縁は絶望的になってしまうので、まずは子どもの気持ちを確認しましょう。子どもが「どっちでも良い」と言うのなら、できるだけ復縁を応援してもらう方向に持っていくのもおすすめです。

「子は鎹」という言葉通り、夫婦仲を円満にするために子どもの存在は大きな影響力がありますよ。

【元旦那と復縁の秘策②】子どもから元旦那に復縁をお願いしてもらう

子どもがいて、子どもも「またお父さんとお母さんと一緒に住みたい」と復縁に対して乗り気なら、子どもから元旦那に対して復縁するようお願いしてもらうと良いでしょう。

子どもと元旦那の面会日に「家族で一緒に暮らしたい」と言ってもらえば、それによって復縁に乗り気になる元旦那もいるはずです。

ただし、この場合は絶対に無理強いしないようにしましょう。子どもに無理に言わせて、それが元旦那にバレると、やはり「子どもの気持ちを利用している」のように思われ、元旦那との復縁に不利になる可能性があります。

あくまで子どもの意思を尊重するよう注意してください。

子どもがいない場合

子どもがいないケースでは、別れたカップルがよりを戻すのと同じような方法で、元旦那と再婚できる可能性が高いでしょう。では、どのように動いていけば良いのでしょうか。

こちらの秘策も2つ確認してみましょう。

【元旦那と復縁の秘策③】連絡をとり少しずつ仲良くなる

元旦那と復縁するためには、二人の気持ちを結婚前まで戻さなければなりません。連絡をとり、デートを重ねてお互いに気持ちを盛り上げていきましょう。

一度は結婚までした二人なので、基本的には相性が良いはずです。何度も会うことで「やっぱりもっと一緒にいたいな」と元旦那が思ってくれる可能性もあるでしょう。

さらに、頻繁に会う中で、自分自身も「本当にこの人と復縁したいのか」や「一時の気の迷いで復縁したいだけじゃないのか」と、もう一度確認してみましょう。

復縁を本当に成功させるためには、お互いに心の底から「復縁したい!」という強い気持ちを持つことが大切です。

【元旦那と復縁の秘策④】復縁の意思があることを伝える

元旦那と会うことができ、お互いにぎこちなさがなくデートを楽しめるようになったら、その時点で「私たちの復縁ってありだと思う?」や「実は復縁したいんだけど、検討してくれないかな」のように、元旦那に対して復縁の意思があることを伝えましょう。

復縁の意思を伝えないままデートを続けると、元旦那から「なんでも話せる楽な女友達」だと思われてしまう可能性があります。

そうすると、元旦那から恋愛相談を受けるなんてことになりかねません。

そうならないためには、デートに誘う意図をしっかり伝えてください。その上で、元旦那にも復縁について真剣に考えてもらうことが重要です。

子どもの有無にかかわらず使える秘策

元旦那との復縁の際に子どもの有無は非常に重要です。ですが子どもが既に成人して親元を離れている場合などでは、子どもの意思よりも本人たちの気持ちが重要になってくるケースもあります。子どもの有無にかかわらず、元旦那との復縁の際に使える秘策も2つ紹介します。

【元旦那と復縁の秘策⑤】お互いの実家に協力してもらう

復縁は基本的にお互いの気持ちが大切なものですが、やはり親族との関係が大切になってくるケースも多いでしょう。お互いの実家にお願いして、復縁に対して協力してもらうこともおすすめです。

特に、元旦那の実家と関係が良かった人は、今でも個人的に連絡をとっているケースもあるでしょう。元旦那の両親とは連絡をとっていなくても、元旦那の兄弟・姉妹とは友達感覚で付き合っているというケースは意外と多いものです。

その人たちから「二人って相性良いと思うけど、本当に復縁しないの?」と元旦那に対して言ってもらうのは、非常に効果的だと言われています。

元妻からの復縁要請はそれほど真剣に考えない男性も、自分の身内から言われると「そんなに相性が良いのかな」と心が動くケースは少なくありません。連絡が取れる状況なら、元旦那の実家に協力してもらうのもおすすめですよ。

【元旦那と復縁の秘策⑥】共通の友達に協力してもらう

元旦那の実家とは連絡が取れないという人は、共通の友達に頼ってみるのも良いでしょう。やはり、元妻から「復縁したい」とだけ言われるよりも、共通の友達から「二人は復縁する方が良いと思う」や「二人は一緒にいるべきだと思う」と言われると、心に響く男性は多いようです。

特に、自分側の友人よりも元旦那側の友人から言われると、元旦那も「やっぱりそう思う?」のように、復縁に対して前向きな気持ちを持つでしょう。

元旦那側の友人にコンタクトを取り、復縁したいから協力してほしいことを伝えてみてください。

復縁を成功させたい!それなら復縁前に必ず確認しておきたいこと

何度か二人で話し合ううちに、お互いに「やっぱりやり直してみよう」という気持ちになることもありますよね。そんな風にせっかく復縁できるのなら、今度こそ離婚なんてせずに円満な結婚生活を送りたいと思うのも当然のことです。

では、どうすれば復縁を成功させることができるのでしょうか。元旦那との復縁前に必ずチェックしておきたいポイントを紹介していきます。

【その1】離婚の原因が解消されているか

まずは、離婚となった原因が解消されているのかチェックしてみましょう。多くの場合、離婚とは「性格が合わないから離婚する」のように、一つの単純な原因だけで離婚に至るわけではありません。

「性格が合わず、金銭的な価値観も合わず、話し合いをする気もないから一緒に暮らしていけない」のように、マイナスポイントが何個もあり離婚に至るケースが多いでしょう。

そのため、お互いに離婚した原因を見つめなおし、その原因が全て解消されているかを見極めなければなりません。勢いだけで再婚しても、また同じ理由で離婚する可能性は高いでしょう。

「結婚していた時、どういう不満があったのか」といったことや「今度不満があったらどうするか」ということをしっかり話し合いましょう。

もちろん、不倫などが原因で離婚した場合は「その相手とはもう縁が切れているか」なども確認する必要があります。

【その2】二人の将来像が一致しているか

復縁する際には、再婚後に二人が描く将来のイメージが一致していることも重要です。最初の結婚の時には遠慮して話せなかったことも、しっかり話し合いましょう。「休日は一人の時間を作るか」という二人の付き合い方だけではなく、「今後、家を買うべきか」などの現実的な話し合いも必要になってきます。

他にも、年齢によっては「子どもを作るかどうか」なども話し合っておいた方が良いでしょう。

将来のイメージが一致していないと、再婚してもまた揉め事が発生する可能性があります。そうならないよう、ノートなどに書き出しながら二人の将来像を確認していくことがおすすめですよ。

【その3】周りが応援してくれるか

再婚を成功させるためには、周りの応援も重要です。二人とも「またやり直したい」と思っていても、お互いの友達や家族から何度も「あの人はやめておいた方が良い」や「どうせまた別れるから無駄になる」と言われ続けると、どうしても不安になってしまうでしょう。そんなことがないよう、身近な人にはできるだけ応援してもらうようにしましょう。

もちろん、離婚の原因が「お互いの親とどうしても気が合わなかった」というものもあるでしょう。その場合、どんなに自分で説得しても応援してもらえることはほぼありません。

そういう時は「気が合わない親戚付き合いをどうするか」というような話し合いも必須になってきます。自分たち二人が、周りの声に惑わされずに付き合える環境を作っていきましょう。

こんなケースは厳しいかも?元旦那との復縁が厳しい状況とは?

いくら元旦那と復縁したいと思っていても、残念ながら必ずしも復縁できるとは限りません。仮に元旦那の理想の女性になれても、フラれてしまうこともあります。では、どんな状況だと復縁を諦めた方が良いのでしょうか。

元旦那が既に再婚している

離婚した後の期間にもよりますが、元旦那は既に再婚している可能性があります。既に新しい家庭を築いているのなら、そこから自分の方を振り向いてもらうのはほぼ不可能でしょう。

むしろ、既に他の女性を愛している元旦那にアプローチしても、自分の株を落とすだけです。元旦那が再婚している場合は、残念ですが復縁要請自体を諦める方が良いでしょう。

元旦那に完全に嫌われている

離婚の原因によっては「不倫する女なんて無理」とか「DV女とは付き合いたくない」のように、元旦那に完全に嫌われているケースもあります。このケースでは、そもそも連絡をとっても、返信してもらえない可能性が高いでしょう。必然的に、復縁できる可能性もほぼゼロになります。

完全に嫌われている場合、元旦那は顔も見たくなくて、連絡をとろうとするとストーカー扱いされる可能性すらあります。

子どもが拒否している

元旦那との間に子どもがいて、子どもが拒否をしているケースも復縁は厳しくなります。元旦那も、実際に子どもから「復縁しないでほしい」と言われたら「やっぱりこう言ってるからやめよう」という気持ちになるでしょう。

離婚の原因によっては、子どもが「お父さんの顔も見たくない」とか「お母さんと一緒に暮らすとか本当に無理!」と強い拒絶反応を示す可能性もあります。その場合、少なくとも子どもが成人して親元を離れるまでは復縁を我慢する方が良さそうです。

元旦那に新しい恋人がいる

元旦那が再婚しているケースでも復縁は厳しいですが、同様に元旦那が新しい恋人を作っているケースでも復縁はほぼ絶望的になります。元旦那は新しい恋人に夢中になっているので、そこで元妻から復縁要請をされても「邪魔だな」と思われてしまうだけでしょう。

元旦那が新しい恋人に夢中になっている場合、復縁できる可能性は低いと言わざるを得ません。それでもどうしても諦められないなら、元旦那が新しい恋人と別れるのを待ちましょう。

元旦那が新しい恋人と別れて傷心中なら、もしかしたら復縁の可能性も出てくるかもしれませんよ。

元旦那に対する未練があるのなら復縁に向けて頑張ってみましょう!

なんらかの事情で別れてしまったとはいえ、一度は結婚まで考えた人です。別れた後、ふとした拍子に思い出して「やっぱりやり直したい」と思うこともあるでしょう。

その場合、元旦那の状況や別れた理由によっては、復縁できる可能性は十分にあります。元旦那のことが忘れられず、復縁したいと思うのなら頑張ってみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる