彼の気持ちや復縁時期がわかる ▶︎無料で占ってみる

要注意!彼氏が別れようと思った時に取る行動とサイン6選

彼氏が最近冷たい、以前よりも連絡が少なくなったと気づいた際には既に彼氏の中で別れようと考えている可能性があります。

男性は自分の気持ちをうまく誤魔化すことができません。

そのため、女性よりも自分の気持ちが行動に現れやすいと言えるでしょう。

喜怒哀楽の感情が表に出やすいので、行動をみれば現在の心理状態を見抜くことが可能です。

今回は彼氏が別れようと思っている時に取る行動とサインについて詳しく紹介していきます。

彼氏の行動に照らし合わせて、現在の心理状態を見抜いていきましょう。

目次

彼氏の行動からみる別れの前兆

男性は別れたいと思い始めると、相手に対する行動にも大きな変化が起こるようになります。

自分を偽ってまで関係性を保っていこうとは思いません。

ここでは彼氏の行動からみられる別れの前兆を紹介していきます。

ひとつでも当てはまった際は、彼氏の中に別れたいという気持ちが芽生え始めているのかもしれません。

まずは前兆となるサインを確認して、今後の対応を考えていきましょう。

【別れの前兆①】自分から連絡しなくなる

別れたいと思い始めた際に一番わかりやすいのが、連絡の頻度が少なくなることです。

別れたいと思い始めた途端、相手に対する興味が薄れていくので自分からは連絡しなくなっていきます。

また、自分から連絡しなくなることで気持ちに気付いて欲しいという心理も働きます。

相手に過剰な期待を抱かせないためにも連絡を控えることがあるので、別れの前兆と受け止めてください。

【別れの前兆②】自分の予定を伝えなくなる

恋人同士であればお互いの予定を伝え合ってデートの日取りを決めることは普通のことです。

しかし、別れようと思い始めると自分の予定を伝えなくなってくるものです。

そこには会いたくない、自分の時間を大切にしたいなどの理由が含まれているのでしょう。

同じように会う話をすると何か理由をつけてはぐらかす場合も別れの前兆となります。

男性は仕事を理由に予定を誤魔化す傾向があるので、その理由に流されてしまわないよう注意しましょう。

【別れの前兆③】ボディタッチをしなくなる

別れたいと思い始めた男性は途端に相手へのボディタッチが少なくなります。

ボディタッチは愛情表現の一種ですから、相手に好意があれば自然とボディタッチが増えていくものです。

逆にボディタッチが少なくなるということは、あなたへの興味や関心が低くなってしまっているサインだと考えられるでしょう。

セックスレスになってしまうのも同じ理由からくるものです。

体と体のスキンシップが少なくなってきたら、別れの前兆と受け入れてください。

【別れの前兆④】デートにあまりお金をかけなくなる

男性は相手女性への愛情が薄れていくと、一緒にいる時間にお金を使用しなくなっていきます。

愛されている女性は男性から貢がれることも多いでしょう。

しかし、別れたいと思い始めている男性はできるだけ相手にお金を使用したくありません。

デートにあまりお金をかけなくなり、自宅デートなどが増えてきたら別れが近づいているサインです。

特に記念日や誕生日も忘れてしまったり、特に普段と変わらないデートであればさらに危険度は高くなります。

お金がない男性でも相手に愛情を抱いていれば、自分ができるサプライズを用意してくれるはずです。

【別れの前兆⑤】服装や髪の毛に気を使わなくなる

男性も女性も愛する人の前では常に綺麗な状態でいたいものです。

最初のデートの時には何時間も服装や髪型に悩んでしまった経験がある方も多いでしょう。

付き合いが長くなればありのままの自分を見せてくれるようになりますが、根本的な心理は変わっていません。

同じ服装が続いたり髪型をセットしなくなってきたら、別れの前兆と捉えていきましょう。

気を許している相手であっても、愛情があれば最低限のオシャレはしてくるはずです。

服装や髪型に気を使わなくなるということは、相手にどう思われてもよいという心理状態が働いていることを覚えておいてください。

【別れの前兆⑥】真剣に相手の話を聞かなくなる

会話をしていても適当な相槌を打たれたり、直近で話したことを覚えていない場合も要注意です。

彼氏はあなたの話を真剣に聞いていない可能性が高いでしょう。

愛情を抱いている女性の話はいくら興味がなくても真剣に聞くものです。

自分の話に反応がなくなってきたら、彼氏の気持ちが冷めてきているサインと考えましょう。

【彼氏の心理】男性が恋人に冷める瞬間ってどんな時?

彼氏が別れようと考えるまでには必ず何かしらの原因が隠されています。

特に男性が相手と別れようと考えるきっかけになってしまうのが、恋人の冷める瞬間を見てしまった時です。

ここでは男性が恋人に冷める瞬間についていくつかの例を紹介していきます。

自分に心当たりがないかぜひチェックしてみてください。

彼女の言動に不満を感じた

付き合いが長くなると相手に対する思いやりを忘れてしまう人も少なくありません。

「親しい仲にも礼儀あり」という言葉あるように、思いやりは決して忘れてはいけないものです。

相手の気持ちを考えずに発言していると、ついつい相手に言ってはいけないNGワードを口にしている可能性があります。

一度でも彼女からNGワードを聞いてしまうと、一瞬で気持ちも冷めてしまう男性がいることも覚えておきましょう。

価値観があまりにも違うと感じた

他人同士で価値観が違うのは当然のことです。

しかし、相手の価値観を否定して自分の価値観を押し付けようとすると、相手は価値観の違いに大きな不満を抱いてしまいます。

価値観の違いをプラスの方向に変えていくには、相手の意見もしっかり受け入れていくことが重要です。

彼氏が相手との価値観に大きな相違を感じ始めると、一緒にはいられないと考えるようになります。

結果的に相手に対しても冷めてしまうので、別れたいと思い始めてしまいます。

付き合った当初と彼女が変わってしまった

付き合った当初と彼女が悪い意味で変わってしまった場合にも気持ちは冷めてしまいます。

これは外見的にも内面的にも当てはまることと言えるでしょう。

外見的な変化でわかりやすいのが、体型やファッションの変化です。

彼氏ができたからといって油断すると太ってしまったり、ファッションに気を使わなくなってしまう女性もいます。

また、内面的な変化では自分の本性をさらけ出してしまい、相手にわがままをぶつけるようになったり、不満や愚痴が多くなる傾向があります。

男性は良くも悪くも相手の変化に敏感に気付きます。

彼氏と付き合っている際にも自分磨きを忘れないようにしましょう。

束縛が激しすぎた

男性が女性に対して冷める理由には、相手の束縛が激しすぎるというものがあります。

付き合いたての頃は、彼女の束縛も嬉しく感じるでしょう。

しかし、月日が経過してからも自分の予定を常に管理されたり、誰と行動しているのかチェックされれば、自分を信頼していないと受け止めてしまいます。

束縛が激しくなると男性は相手に対して、どんどん窮屈さを感じるようになります。

いずれその気持ちは束縛から解放されたい=別れたいという気持ちに変わっていきます。

相手を好きな気持ちはよくわかりますが、束縛はほどほどにしておきましょう。

ネガティブ思考ですぐに泣く

男性も女性も恋人に元気をもらいたい、一緒にいるときは楽しい時間を過ごしたいと考えています。

それとは裏腹にネガティブ思考ですぐに泣いてしまうような女性であれば、一緒にいても楽しくないでしょう。

女性は男性にかまって欲しい、心配されたいという思いから悲劇のヒロインを演じてしまう場合があります。

ただし、それは必ずしも彼氏にプラスに映るわけではありません。

自分に置き換えて考えた際、常に付き合っている男性がネガティブ思考であったら、一緒にいて楽しいでしょうか?

一緒にいるとプラスになれるような印象を持った人間を目指していきましょう。

常識がない行動がみられた

男性は特に女性に対して常識ある行動を求めてしまう習性があります。

結婚を視野に入れた付き合いであれば、なおさら常識を相手に求めてしまうでしょう。

挨拶がきちんとできない、不謹慎な発言をするなどモラルのない言動がみられた際には一気に気持ちが冷めてしまう場合があります。

このような言動は、ついうっかりでは済まされません。

人間性そのものを疑われてしまう可能性もありますので、最低限の常識は守れるよう日頃から意識していきましょう。

彼氏が別れを告げようとしているサイン6つ

彼氏の気持ちが変わらず相手と別れようと心に決めると、いよいよ自分の気持ちを恋人に伝えようとします。

ここでは彼氏が別れを告げようとしているサインについて、6つのパターンを紹介していきます。

さまざまな予兆を感じたあとに紹介するパターンのようなサインが見られたら、彼氏が別れを告げようとしている可能性が高いでしょう。

心構えがない状態で別れを告げられるよりは、覚悟を決めて話し合いに応じる方が冷静に対処できます。

彼氏に別れようと思っている行動が見られた際は、別れを告げようとしているサインについても覚えておいてください。

【別れを決めたサイン①】ちょっとだけ電話してもいい?

彼氏から少しだけ電話で話したい旨を伝えられたら、何か言いたいことがあるサインです。

さらに別れの前兆とも言えるような行動が見られたあとにこの発言があった場合、別れ話をされる可能性が高いでしょう。

後ろめたくない用事がある場合は大抵「〇〇について聞きたいから電話してもいい?」といったように電話で話したい理由をつけてくるはずです。

何について話したいのか言わずに、とにかく少しだけ話がしたい旨を伝えられたら別れを告げようとしているサインと受け止めましょう。

【別れを決めたサイン②】改まって話があると言われる

彼氏から改まって話があると言われた場合は、別れようと言われる可能性が高いでしょう。

他愛ない話であれば改まって話があるとは言いません。

彼氏が改まって話があると言うのは、プロポーズの時か別れ話をする時かのどちらかです。

深刻な顔で伝えられたなら、別れ話をされるサインだと考えて、あなた自身も覚悟を決めた方がよいでしょう。

【別れを決めたサイン③】未読や既読無視が続く

未読や既読無視の状態が1週間以上続いて、さらにそこからLINEを送っても反応がない場合は、音信不通を狙っている可能性が高いです。

彼氏は別れたいと考えたものの、あなたと話す勇気がないのでしょう。

一番卑怯な手段と思えますが、このままあなたと音信不通になって自分のことを諦めて欲しいと考えています。

未読や既読無視の状態があまりにも長く続いた場合は、彼氏が別れようと思った先に取った行動だと考えてください。

【別れを決めたサイン④】他の異性の話をやたらしてくる

彼氏が別れようと思っているサインの中には、他の異性の話をやたらしてくるといったものがあります。

これは既に心変わりのサインでもあり、彼氏はよく話に出てくるその女性を気に入っているのでしょう。

布石として先に他の異性の話をしておけば、別れ話をする際にも話が進めやすくなります。

さらにあなたが自分に嫌気がさすのではないかという心理も働いているので、相手に対する自分の気持ちと改めて向き合ってみた方がよいかもしれません。

【別れを決めたサイン⑤】共通の知人3人と会う提案をされる

男性も女性と同様に恋愛の相談を友達にする場合があります。

1人では別れ話を切り出せない際に、友人の力を借りようとする可能性があるでしょう。

会うことを控えていた彼氏が突然共通の知人を含めた3人で会うことを提案してきた際は、共通の知人も含めて別れ話をされるかもしれません。

共通の知人はあなたが感情的になって行動を起こしたり、大喧嘩になってしまうことを阻止するために呼ばれています。

彼氏からこのような提案をされたら、別れを告げられる覚悟を決めて会いに行きましょう。

【別れを決めたサイン⑥】突然待ち伏せされる

彼氏が冷たくなったと感じているのに突然仕事の帰りなどに待ち伏せされていたら、別れを告げようとしているサインです。

相手は自分の決心が鈍らない内に別れを告げようとするので、勢いで行動してしまうのでしょう。

そのため、事前に約束をすることもなく突然待ち伏せする行動に出るのです。

付き合った当初であれば彼氏に突然待ち伏せされていたら、サプライズのような気持ちになって嬉しくなりますが、この場合は要注意です。

突然待ち伏せされて彼氏も深刻な顔をしていたら、別れを告げられるサインと受け止めてください。

まとめ

今回は彼氏が別れようと思った時に取る行動とサイン6つを紹介しました。

彼氏が実際に別れを告げる前には必ずその予兆を示す行動が見られるようになります。

別れの予兆を感じるような行動が見られたら、まず自分自身のこれまでの言動を振り返ってみましょう。

彼氏も決して唐突に別れようと思っているわけではありません。

これまでのあなたに対する不満が蓄積された結果、今のような思いを抱いている可能性が高いです。

実際に別れを告げられるまでに何とか改善させることができれば、別れを回避できるかもしれません。

今回ご紹介した別れようと思っている時に取る行動やサインに一刻も早く気付いて、最悪の事態を回避していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる