彼の気持ちや復縁時期がわかる ▶︎無料で占ってみる

【不倫相手との復縁】失敗しない冷却期間・タイミングをケース別で紹介

恋愛関係には、時に「冷却期間」が必要になります。

それは、不倫関係であっても同じです。

むしろ不倫関係の方が、2人の関係が複雑な分、冷却期間を必要とするシチュエーションが多くあります。

そこで今回は、不倫相手との失敗しない冷却期間と連絡するタイミングをケース別でご紹介します。

「不倫に冷却期間なんて、離れたらおしまいなんじゃないの?」

「不倫だけど、やっぱり彼と復縁したい」

と、不安な冷却期間を送っている方も多くいるはず。

ここで言えることは、不倫だからと言って復縁を諦めなくてもいいということ。

今、不倫相手との冷却期間で悩んでいる方は、是非、参考にしてくださいね。

・彼の家庭事情、あなたへの気持ちは?
・ふたりの未来、結ばれる可能性は?
・奥さんと別れる時期は?

【不倫・既婚者同士】その恋の行方が知りたいですか?
▶︎コチラから

目次

不倫に冷却期間が必要な理由

冷却期間とは

冷却期間とは、カップルや別れた恋人同士がお互い連絡を取らず、会わないで過ごす期間のことを言います。

冷却期間中は、喧嘩をしたカップルは冷静になって考え、マンネリしているカップルは関係を修復するためにお互いの気持ちを再確認するために距離をとりします。

「冷却期間」をとることで、相手の存在の大きさや、気づけなかった問題に気づくことができ、2人の関係を良好にできるとっておきの手段です。

不倫でも「冷却期間」をとることで、2人の関係をより良いものにすることができます。

冷却期間による効果

他のカップルに比べて、少しばかり障害が多い不倫カップルだからこそ「冷却期間」は必要になります。

冷却期間をとることで

  • 気持ちを整理する時間が持てる
  • 気持ちが再熱する
  • 気持ちを再確認できる
  • 不倫疑惑を晴らせることができる

と、メリットは沢山。

不倫関係になると、相手の家庭のことから、周りにバレないかと心配事は絶えません。

相手と少しの時間を置けば、冷静に相手との関係や問題について考えることができますし、職場や家族にバレないように対策もとれます。

また、しばらく会えないことでお互い相手への気持ちを再確認し、気持ちが再熱して、更に燃え上がることも。

「冷却期間」をマイナスに捉える方もいらっしゃいますが、2人の関係にプラスになることの方が多いのです。

【不倫相手との復縁】冷却期間と連絡のタイミングをケース別で紹介

不倫と言っても、人それぞれ状況が違います。

それでは、ここからケース別で必要な「冷却期間」と「連絡するタイミング」を詳しく解説します。

【W不倫の場合】<冷却期間は1ヶ月〜3ヶ月以内>

既婚者同士のW不倫の場合、復縁するのに必要な冷却期間は、1ヶ月から3ヶ月以内と比較的短い期間です。

その理由は、既婚者同士の不倫の方が復縁できる確率が高いからです。

W不倫の場合、お互いが何かしら家庭に不満を持っている場合が多く、その理由には

  • 夫婦関係が破綻している
  • 家庭に自分の居場所がない
  • 家にいずらい

など、同じような悩みを持ちながら一緒になっているため、お互いの心のよりどころになっていることが多くあります。

それでも様々な理由で冷却期間を取らなければいけない状況がおとずれます。

  • 不倫関係に疑問を持ち始めた
  • 不倫関係に罪悪感が出てきた
  • 周りに不倫がバレそうになった

理由は様々ですが、1ヶ月から3ヶ月の短い冷却期間でも、お互いの存在の大きさに気づくには充分。

特にW不倫では、パートナーよりもお互いをよく理解していることから、会えないことで相手の存在や自分の気持ちを再確認できます。

【W不倫の場合】連絡するタイミング

W不倫の関係で、一度は別れたものの復縁を望んでいる方が相手に連絡をとるタイミングは

  • 家庭に問題が起きた時
  • 周りに話題にされなくなった時
  • 相手や自分の気持ちに整理がついた時

それでは、理由を見てみましょう!

家庭に問題が起きた時

自分の家庭での悩みを口実に、もう一度彼に相談してみましょう。

同じ悩みをもって一緒になった彼であれば、きっと彼も理解してくれるはず。

また、彼の家庭で問題があるなどの情報があった時は、LINEで連絡とってみるのもアリ!

その時は、「元気ですか?気になって連絡してみました」とさりげなく連絡してみましょう。彼はきっと、一番の理解者であるあなたにもう一度頼りたくなるはずです。

周りに話題にされなくなった時

職場の人や周りに「不倫疑惑」をもたれている間は、周りの人達が目を光らせています。

ですが、人の噂は長く続きません。

自分達の噂話を聞かなくなったら、周りの監視も緩んでいる証拠。

ただ、やっと周りが落ち着いて来た時に元の状態に戻せばまた疑われてしまいます。

連絡はほどほどに、行動も慎重に。

相手や自分の気持ちに整理がついた時

「不倫」という関係に、自分が納得できたら連絡をしましょう。

様々な悩みや問題がおとずれる「不倫関係」。

自分に言い聞かせるのではなく「これでいい」と気持ちの整理をつけるのが重要です。

納得せずに関係を続ければまた同じことで悩み、距離をおくことになります。

復縁する時はきちんと気持ちに整理をつけてからにしましょう。

【W不倫/奥さん・旦那さんにバレた】<冷却期間半年~1年以上>

相手の奥さんや旦那さんにバレて、強制的に別れさせられてしまった時の冷却期間は半年から1年以上かかります。

一度、不倫がバレてしまうと、奥さんや旦那さんの監視の目が強くなってしまい、なかなか不倫相手と会うどころか、連絡をとることさえも難しくなってしまいます。

  • 奥さんや旦那さんの信頼を取り戻す
  • 周りに迷惑を掛けたと自覚している
  • 世間体の目を気にしている

そんな時は、静かに時が経つのを待つのがベスト。

周りが落ち着くための必要な冷却期間です。

復縁するまで半年から1年以上の冷却期間が必要なのは覚悟しておきましょう。

【W不倫/奥さん・旦那さんにバレた】連絡するタイミング

奥さんや旦那さんにバレて冷却期間をとっていたのならば、連絡するタイミングは、まわりの監視がゆるくなった時しかありません!

その前に何が何でも不倫相手と連絡や、会おうとするのは止めましょう。

バレてしまうと、相手に慰謝料を請求されてしまう可能性があるからです。

不倫相手と復縁したい場合は、静かに騒ぎが去るのを待ちましょう。

【相手が既婚者で別れを告げられた】<冷却期間3ヶ月~半年>

もし、相手の方が既婚者で別れを告げられた場合、必要な冷却期間は半年から1年以上は必要になります。

相手が既婚者で別れを考える原因がいくつかあります。

  • 結婚していない相手に罪悪感
  • 家庭と不倫の両立が難しい

結婚していない相手を家庭を持っている自分が縛り付けてしまって、結婚できないでいるのではないかと罪悪感をもつ男性も多く存在します。

自分が別れれば、きっと良い男性を見つけて幸せな結婚をしてくれると考え、別れを切りだす男性は少なくありません。

ただ、女性からしたら「勝手に決めないでくれ」という感じですよね。

男性側も嫌いで別れた訳ではないので、復縁の可能性はかなりあります!

また、家庭と不倫の両立が難しいと思っている男性のタイプは、一人で全てを抱え込むタイプです。

家庭と不倫を理由にしていますが、両立できない本当の理由は「仕事の忙しさ」や「仕事のストレス」で気持ちの余裕がなく、両方をかまってあげられる余裕がないということ。

気持ちがなくなって別れた訳ではないので、復縁の可能性はおおいにあります。

ただ、どちらの理由も男性側が考えて出した決断。

自分が出した答えに「やっぱり別れるんじゃなかった」と男性が別れを後悔し始めるのが、破局してから3ヶ月~半年だと言われています。

3ヶ月~半年の冷却期間を乗り越えれば、彼はきっとあなたを思い出しているはずです。

【相手が既婚者で別れを告げられた】連絡するタイミング

それではココからは、連絡するタイミングを見ていきましょう!

相手を説得できる理由がある時

まず、罪悪感から別れを告げられているのであれば、「このままの関係で満足」という彼が納得する理由を冷却期間中に用意できたら連絡しましょう。

「不倫」という関係に後ろめたさを感じている彼を、とりあえず引き留めるための言い訳ではいけません。

彼と付き合った先にある自分をしっかりと考えて、自分でも納得いく未来があると言い切れる理由をきちんと彼に伝えてみましょう。

相手の仕事が落ち着いてきたタイミング

仕事が忙しくストレスを抱えていた彼には、仕事が落ち着いてきたタイミングで一度さりげなく連絡してみましょう。

「最近忙しい?体には気を付けてね」など、彼の体を気遣う言葉も忘れずに。

連絡してみて、返信があるようなら復縁の可能性大!

「気晴らしに一緒に出掛けない?」など、少しづつ距離を縮めてみましょう。

【相手が既婚者で自分から別れを告げた」<冷却期間1ヶ月~3ヶ月以内>

相手が既婚者で「不倫」という関係に疑問を持って自分から別れを告げた場合、冷却期間は1ヶ月~3ヶ月以内です。

「不倫関係」に違和感を覚え別れたにも関わらず、やっぱり彼のことが忘れられないというのは珍しいことではありません。

この冷却期間で、しっかりと彼に対しての思いを再確認できた証拠です。

ただ、別れたあと、彼も同じように2人の関係を見つめ直す時間があります。

「違う道もある」「これでいい」と彼も別れを一度受け入れたでしょう。

ですが、あなたに対して未練があるので復縁できる可能性は高いです。

ただし、復縁したい場合は冷却期間3ヶ月以上にならないよう注意しましょう。

3ヶ月以上断ってしまうと家庭に戻ろうと落ち着いてしまい復縁が難しくなってしまいます。

【相手が既婚者で自分から別れを告げた】連絡するタイミング

彼ともう一度やり直したいという気持ちと、不倫関係に戻るという決心がついたら連絡してみましょう。

ただ上記でも説明しましたが、既婚者の場合、家庭に戻ってしまうと罪悪感から不倫関係に戻りにくくなってしまいます。

なるべく3ヶ月以内に連絡することをオススメします。

【自分が既婚者で別れを告げた】<冷却期間1ヶ月から3ヶ月以内>

自分が既婚者で、独身者の彼や自分の家族に対して罪悪感を覚え別れたケースでは、冷却期間1ヶ月~3ヶ月であれば、復縁することは可能です。

独身者の男性に対して理性では止められないほど「好き」という感情が湧いてしまうのはおかしなことではありません。

せっかく結ばれた相手とはいえ、制限ばかりの付き合いをさせている独身の彼や、何も知らない自分の家族への罪悪感から、別れを決意。

ですが、彼はあなたが既婚者であることに納得をしてお付き合いしているはずです。

ハンパな気持ちで既婚女性とお付き合いしていないはず!

冷却期間を置けば、お互いの気持ちに整理がつき、割り切った関係を続けることができるでしょう。

【自分が既婚者で別れを告げた】連絡するタイミング

ここからは、自分が既婚者だった場合の連絡するタイミングを見てみましょう。

  • 自分の気持ちに整理がついた
  • 旦那さんから怪しまれていない

一つづつ解説します。

<自分の気持ちに整理がついた>

独身の彼や家族に罪悪感が芽生え別れを決意したにも関わらず、やっぱり彼が必要と復縁を望んでいる場合は、自分の気持ちに整理がついた時が連絡のタイミングです。

1ヶ月〜3ヶ月の冷却期間であれば、彼はまだあなたに対して未練がある状態。

自分の気持ちをしっかり彼に伝え、今後のお付き合いをどうしたいのか、どうしていきたいのか、同じことで別れることがないようにしっかり話し合いましょう。

<旦那さんに怪しまれていない>

旦那さんに怪しまれていて危ない状況で一時的に別れた場合は、旦那さんからの信頼が戻ったら、彼と連絡をとりましょう。

「怪しい」と思って旦那さんが目を光らせているうちは絶対に連絡してはいけません。

怪しまれている時は危険な道を選ばず、ジッと我慢しましょう。

【不倫愛の復縁は可能】冷却期間中の過ごし方

どんな理由であれ、不倫相手と離れて過ごす時間は切なく苦しいもの。

ですが、この冷却期間中は悲しむだけの期間にすることなく、彼と復縁するために必要な時間と捉えて有効に過ごすことが大切です。

冷却期間中は

  • 別れてしまった理由や原因を探る
  • ヒステリックにならない
  • 自分磨きに力を入れる
  • 精神的に自立する

これらの4つを詳しく説明します。

冷却期間の過ごし方①<別れてしまった理由や原因を探る>

何故、不倫相手との縁が切れてしまったのか原因や理由を探ってみましょう。

  • 不倫がバレた
  • 相手に罪悪感がある
  • 不倫相手の重荷になった

復縁をすぐに望む前に、別れた原因を知ることで彼との縁を復活させる方法を考えられます。

また、復縁した後に同じことを理由に離れ離れにならない対策も立てておけますね。

冷却期間の過ごし方②<ヒステリックにならない>

不倫相手に別れを告げられた後「なんで!?」「このままの関係でいいって言ったじゃない!」と感情を取り乱し、ヒステリックにならないように努力しましょう。

不倫相手も色々なことを考えて別れを決断したはずです。

ヒステリックに「何で私じゃダメなの?」「簡単に別れるなんてひどい!」などと感情的に彼を攻めれば、きっとあなたのことを「重い女」だと思いかねません。

彼との復縁を考えているのであれば、彼が出した決断を冷静に受け止めましょう。

冷却期間の過ごし方③<自分磨きに力を入れる>

会えない期間は、自分磨きにより一層力を入れましょう。

自分磨きと言っても「外見」だけではなく、中身を磨くことも大事。

今までチャレンジしたことのないことに挑戦し、自分に自信をつけるのもありですし、次に彼と会った時に見せたことのない一面を見せれば、惚れ直す可能性もあるでしょう。

冷却期間の過ごし方④<精神的に自立する>

不倫相手と付き合ってる時期の自分を見直してみましょう。

彼に依存している部分はありませんでしたか?

「彼がいないと寂しい」「彼がいないとダメ」と相手に執着している場合、彼は少し重荷に感じていた可能性があります。

冷却期間中は、一人の時間を大切にし、一人でも充実した日々を送れるように自立できるようにしましょう。

今度こそ幸せに!不倫相手と復縁する時に考えておきたいこと

様々な理由で不倫相手と別れた後に、復縁を望むことは自然なこと。

ですが、普通の恋愛とは違って「不倫」には色々な障害がつきものです。

彼と復縁して今度こそ幸せになりたいと思っている方は、復縁する前に考えておきたい3つのことがあります。

  • 彼に依存していないか考える
  • 不倫のリスクを考えておく
  • 関係を続けるなら「冷却期間」は必要

詳しく解説していきます。

復縁前に考えておくこと①<彼に依存していないか考える>

不倫相手の彼と復縁したい理由は何ですか?

  • 一人で寂しい
  • 彼に新しい相手がいたら嫌だから
  • 彼がいない毎日が辛い
  • 彼以外の男性は考えられない

これらを理由に不倫相手と復縁したいと思っているのならば、彼に依存している可能性があります。

彼に依存したまま復縁してしまうと、束縛が強くなったり過剰な嫉妬を繰り返します。

その結果、彼はあなたを重く感じ、別れを切りだすことに…。

不倫関係を上手く続けるコツは「依存しない」「執着しない」「割り切る」です。

出来ない場合は、復縁したとしても自分が辛くなるだけ。

不倫相手と復縁したい時は、自分は彼に依存していないか考えてから行動を起こしましょう。

復縁前に考えておくこと②<不倫のリスクを考えておく>

彼と復縁するならば、不倫のリスクも考えておく必要があります。

相手の奥さんにバレてしまった場合は慰謝料を請求される可能性があります。

その他にも、

  • 仕事に影響(転勤)
  • 親に迷惑がかかる
  • 不倫した人とレッテルを貼られる

不倫がバレた時に払わなければいけない犠牲はかなり大きいです。

自分にそれらを耐える覚悟があるか考えましょう。

復縁する前に考えておくこと③<冷却期間は必要>

不倫関係では普通の恋愛と比べても障害が多く、意図しない冷却期間が必要になることを理解する必要があります。

  • 周りに不倫がバレそう
  • 奥さん・旦那さんに怪しまれている
  • 家庭や仕事で忙しく会えない

様々な理由で、会えなくなってしまうのは仕方のない事。

復縁した後も「冷却期間」が必要になる関係が続くことを考えておきましょう。

冷却期間を乗り越えて大好きな人と再び結ばれるために

不倫関係でおとずれた冷却期間。

不倫だからと言って、相手を諦める必要はありませんし、復縁できる可能性は大いにあります。

今回は、不倫関係で復縁するために必要な冷却期間と連絡するタイミングを詳しく解説しましたが、きっとあなたもこの冷却期間を乗り越えて、彼と復縁できるはず。

もし、自分の行動や選択に自信がないという場合は、最終手段として数々の困難な恋愛を成就させてきた一流の占い師に解決へ導いてもらう方法もあります。。

編集長ラーラ

幸せを手に入れるのに必要なのは、あなたの一歩とスマホだけ♪

不倫・既婚者同士の恋愛に強いスゴ腕”占い師

真実を見抜き、状況好転
星乃叶(ほのか)先生

所属電話占いカリス
得意な占術サイキック/仙道/気読み/波動修正/縁結び祈願
得意な鑑定内容複雑愛/復縁/気持ち/現状/未来/対策

縁切り・縁結び効果が口コミで評判!リピーター続出

著名人の鑑定実績も多く持ち、大きく状況をを大きく好転させるサイキック系能力者です。

⬇︎今なら2,400円分無料鑑定付き

>>星乃叶(ほのか)先生に相談する

✴︎ 提供:Tiphereth ✴︎

ぜひ参考にして、参考にして、幸せになってください。

▶︎ 諦められない相手がいるあなたへ

「もう絶対無理」「完全に嫌われた」と、
諦めるはちょっと待ってください。

\ 復縁までのリアルな実話/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる