彼の気持ちや復縁時期がわかる ▶︎無料で占ってみる

未読無視するくせにLINEをブロックしない男の心理と対策

好きな男性にLINEを送っているのに、いつまで経っても既読がつかない…

そんな、いわゆる未読無視の状態が長く続いているのに、ある日突然既読がついて返信が来ることもありますよね。

つまり、「すぐにLINEを見ることはないけど、ブロックするほどではない」という微妙な立ち位置であることが分かります。

では、男性はなぜ未読無視を平気でするのに、ブロックまではしないのでしょうか。

頻繁に未読無視をするような相手でも、ブロックをしないことに何か理由があるのでしょうか。

気になる男性心理や、未読無視を繰り返す男性に対するおすすめの対策を紹介していきます。

★縁結び神社よりも超強力★

【復縁・不倫・片思い】
・好きな人と強力にご縁を結ぶ方法とは?
・出会いや結婚時期、彼の気持ちまで丸わかり!

▶︎詳しくはこちら

目次

未読無視するくせにLINEをブロックしない男の心理

未読無視をするくらい興味がないのなら、ブロックすれば良いって思う人も多いですよね。

ですが、男性の中には「未読無視は平気でするけど、ブロックはしない」という人も多いようです。

それでも別に「連絡を取りたい」というほどではないので、未読無視を繰り返しつつ、既読をつけて既読スルーに繋がる…なんていうケースもあります。

では、そもそもなぜそのように未読無視をするのにブロックまではしないのでしょうか。

考えられる男性心理を11個紹介していきます。

【ブロックしない理由①】女性を振り回したい

恋愛ではLINEを使う駆け引きをする人が多いですよね。

そのため、男性も女性を振り回すためにわざと未読無視をする人が多いようです。

本当はLINEの内容をすぐにでも確認して返信したいのに、それをすることで女性から「私とのLINEが楽しみなんだ!」と思われるのを避けたくて、未読無視をするのです。

男性の目的は、未読無視をすることで「何をしてるんだろう?」とか「そろそろ既読がついたかな?」と女性に思わせること。

そのため、もし彼とのトークルームを頻繁にチェックしているのであれば、それは男性の思惑通りの行動かもしれません。

【ブロックしない理由②】自分が悪者になりたくない

ブロックは、LINEに実装されている機能の一つ。

そのため、本来であれば興味のない相手に対して使っても問題はありませんよね。

ですが、なんとなく「一方的に連絡を断つ」というブロック機能を使うと、自分が悪いことをしている気分になる人も多いんだとか。

そのため、本当はブロックしたくても、悪者になりたくなくて未読無視に留める人もいると言われています。

未読無視からの既読スルーを繰り返すことで、「返信するつもりがない」ということをアピールし、女性側からLINEを送らなくなるまで待つ人も多いようです。

【ブロックしない理由③】内容によっては応じても良い

誰かに対する感情って「たくさんLINEをしたい」か「ブロックするほど嫌い」のように、簡単に分けられるとは限りませんよね。

「あまり得意ではないけど面白い話ならしたい」という人もいれば「遊びに行くわけではないけど、愚痴を言いたい時に頼りたい」という人もいるでしょう。

「自分から遊びに誘うほどではないけど、誘われたら行きたい」ということもありますよね。

男性にとってそのような立ち位置にいると「LINEが来て、内容によっては返信をしても良い」と思われることがあるようです。

基本的にブロックをするほどではないため、ブロックされることはありません。

ただし、男性から好意を抱かれているわけではないので、男性が「どうでも良い」と判断した内容は未読無視されてしまうこともあるのです。

【ブロックしない理由④】共通の友達が多くてブロックしづらい

その人自体はあまり得意ではなくても、実際にブロックをすると面倒なことになるケースもありますよね。

たとえばサークルの友達や会社の同期、学生時代の友達などのように共通の友達が多いと、ブロックしづらいでしょう。

ブロックしても、周りの人から「どうして?」や「ブロックなんてひどいよ!」と責められると、男性としても面倒なことになってしまいます。

嫌いな人をブロックして、さらに周りから責められるなんて割にあいませんよね。

だからこそ、本心ではブロックをしたくても、未読無視をしていることもあるようです。

【ブロックしない理由⑤】キープはしておきたい

好きな男性のことは誠実だと信じたくなるものですが、その男性が本当に誠実な男性かは分かりません。

たとえば未読無視の理由が、「キープのため」という可能性もあるでしょう。

女性が自分に好意を持っていることが分かっていて「でも他にも良い雰囲気の人がいるし、その人との関係を見てから決めよう」のように思っている可能性があります。

たとえばデートの誘いも長期間未読無視されるのであれば、男性が先に気になる女性を誘い、その女性から返事が来るまで待たされているのかもしれません。

さらに、この状況は「二番手以下」ということになるため、未読無視されている女性は非常に不利な立場だと言わざるを得ません。

男性から「本命女性が忙しい時の暇つぶし」と思われている可能性も高いため、恋が成就することはほぼないでしょう。

【ブロックしない理由⑥】LINE自体が面倒

多くの人が使っているLINEですが、本心ではLINEをそんなに好きだと思わない人も多いですよね。

「周りが入れてるから使ってるけど、既読がつかないメールの方が良かった」とか「できるだけLINEのやりとりはしたくない」という考えを持つ人もいます。

そういう人の場合、そもそもスマホを触ってもLINEを開かないということも多いようです。

未読バッジが溜まっているのを見ても、自分のタイミングでしかLINEをチェックしないのです。

そのため、好きな人かそうではないかということに関わらず、誰に対しても未読無視をするという人もいます。

【ブロックしない理由⑦】内容に興味がない

LINEは最初の数文字であればトーク画面の一覧でなんとなく内容を確認することができます。

さらに、トークルームを長押しすれば未読のままでも内容を確認するテクニックもあります。

そのようにして内容を確認し「返信する気にならない」や「興味のない内容」と判断すると、未読無視をする男性もいます。

「自分の好きな内容ならすぐに返信するけど、どうでも良い雑談には付き合いたくない」という人もいるでしょう。

マイペースな男性の場合、特にこのように内容によって即レスをするのか、未読無視をするのか決めるという人も多いと言われています。

【ブロックしない理由⑧】忙しい男だとアピールしたい

「男性がLINEに依存していると思われるのはかっこ悪い」という価値観から、わざと未読無視をする人もいます。

特に好き女性から「LINEに依存している」とか「いつ送ってもすぐに返事が来るなんて、友達もいなくて暇なのかな?」なんて思われたくなくて、未読無視をするのです。

本当はすぐに返事をしたいのに「仕事が忙しくてLINEを見る暇もない」や「休日は友達と会っていて、LINEは夜にチェックするだけ」というイメージを持ってほしくて、既読をつけるタイミングにこだわる人もいます。

ある意味、脈アリだと思っても良いかもしれませんね。

【ブロックしない理由⑨】しっかり考えて返事をしたい

女性の場合「好きな人からLINEが来たら、すぐに返事をして一回でも多くやりとりがしたい」とか「早くLINEを見ることで、いつでも彼のことを考えていると匂わせたい」と考える人が多いですよね。

ですが、男性は好きな女性に対してすぐにLINEを返したがらない人が多いのです。

好きな女性だからこそ、余裕を持って返信をしたいから未読無視をして心を落ち着かせるのです。

「LINEが来た!」と喜んだ状態で返信をすると自分の気持ちがバレる可能性があるので、平常心になるまで未読のまま放置をするという人もいます。

また、返信内容をしっかり考えるために、未読無視ではなく既読無視のような状態になるという人もいるでしょう。

【ブロックしない理由⑩】怒っていることをアピール

男性と微妙な雰囲気になってしまっている時は、怒っていることをアピールするために未読無視をするという人もいるようです。

女性が謝罪のLINEを送っていても、男性側が「許しても良いかな」という気持ちになるまでは、なかなか見てもらうことも難しいでしょう。

トラブルが大きく、男性の怒りが大きいほど、LINEだけで解決するのは至難の業になってきます。

自分が原因で男性を怒らせてしまい、それでもなんとか許してほしいのであれば、LINEではなく電話や直接会って謝ることを考えるのがおすすめです。

【ブロックしない理由11】自分では終わったつもり

これはよく言われることですが、「話が終わった」と思ってスマホを放置し未読無視にしてしまう男性と、「まだ終わっていない」と思っているからこそLINEを送り、未読無視になってしまって焦る女性の組み合わせは非常に多いようです。

特に、男性が元からLINEを好きじゃないタイプだと、この状況になりやすいでしょう。

あまりLINEが得意ではないタイプの男性に、どんどん雑談を送ると嫌がられてしまうこともあるようです。

男性の返信の様子やペースを見て「そろそろ終わりたいと思っているのかな」と思った場合は、無理に続けない方が好感度も高くなりますよ。

【スルーする元彼へ】未読無視する男性に有効な対策7選

男性にも未読無視に対して色々な思惑があるようですが、それでもLINEを送る側としては未読無視をされてしまうと、困りますよね。

追いLINEをしたくても、男性の意図が分からないと連絡もしづらく、結果的にそのまま自然消滅のような形で交流が終わってしまうケースも少なくはありません。

では、未読無視をしてくる男性に対しては、どのように接していけば距離が縮まるのでしょうか。

有効な対策を7個紹介していきます。

【1】雑談LINEを送らない

未読無視をする男性は、基本的にLINEがそれほど好きではありません。

そのため、LINEでコミュニケーションをとっても、思ったように距離を縮めることはできないでしょう。

それならば、男性のペースを尊重して雑談LINEを送らないのがおすすめ。

男性は「女性はLINEが好きでたくさん送ってくる」と思っている人が多いため、雑談LINEを送らない方が意識される可能性もあります。

さらに雑談LINEは送らないのに、普通の会話の時はしっかり好意をアピールすることで「どういうつもりなんだろう」と興味を持たせることもできるでしょう。

男性に無理をさせないためにも、雑談LINE以外の方法で親しくなるようにしましょう。

【2】スタンプや絵文字はできるだけ減らす

スタンプや絵文字が多いと、文章が読みづらくて読む気がなくなってしまう男性も多いと言われています。

そのため、できるだけスタンプや絵文字は減らして、文字だけのシンプルなLINEを送りましょう。

特に、男性側があまりスタンプなどを使わないタイプの場合は、それに合わせるのが重要です。

そうすれば可愛いLINEを送って女性らしさをアピールするよりも「落ち着いたLINEを送ってくる知的な女性」として好感を抱かれるかもしれません。

【3】質問は一番最後に入れる

質問を送っても未読無視をされるのは辛いですよね。

ですが、もしかしたら男性も意図的に未読無視をしているのではなく、LINEを読んでいるうちに質問内容を忘れてしまい「これなら返信しなくても良いかな」と判断しているのかもしれません。

男性から返事をもらえるようなLINEを送るなら、質問は最後に一つだけ入れるようにしましょう。

そうすれば、それまでのLINEが長くても、男性としても返信しやすくなります。「返信しよう」という気にさせることができれば、そこからラリーが始まることもあるでしょう。

「なんとなく面倒だから読むのもやめておこう」ではなく「質問が来てるからとりあえずそれだけは返しておくか」と思わせるのもおすすめですよ。

【4】LINEではなく電話をする

LINEが苦手な男性は、重要な用件でも返信をくれないこともあります。

それだと、なかなか予定を立てることができず困ってしまうこともありますよね。

デートの誘いはもちろん、多くの人が参加する飲み会の連絡などは、返信がもらえないと他の人にも迷惑がかかってしまいます。

そのような重要な用件なら、最初からLINEではなく電話で相手にコンタクトをとるのもおすすめ。

電話は緊急性の高い時に使う人も多いため、その場で出られなくてもかけなおしてくれる男性も多いでしょう。

「雑談LINEの相手は面倒だけど、電話するくらい重要な用事なら返信しなきゃ!」と考える男性は意外と多いみたいですよ。

【5】会話でのコミュニケーションを重視する

LINEが普及してからは恋愛のアプローチもLINEで行う人が増えていますが、そもそも効果的なアプローチをしたいのであれば、LINEではなく表情や声の調子も伝わる会話の方がおすすめです。

顔が赤くなってしまって恥ずかしいかもしれませんが、それでも懸命にアピールする姿にキュンとする男性も多いでしょう。

未読無視が多い男性ならなおさら、LINEよりも会話のコミュニケーションの方を好む人が多いと考えられます。

今までの男性とは勝手が違うかもしれませんが、勇気を出して会話中にアプローチしてみるのも良いのではないでしょうか。

【6】彼の好きな話題だけ送る

未読無視はされるものの嫌われている雰囲気はなく、むしろ話題によってはすぐに返信が来てやりとりが続くというのであれば、彼の好きな話題だけ送るのもおすすめの対策です。

恐らく彼の中では「普通に返信するほど親しくはないけど、楽しい話ならたくさんしたい」というポジションなのでも、もっと親しくなって「どんな話でもしたい」と思われるまでは話題のチョイスに気を遣うと良いでしょう。

彼の好きな話題でのLINEを繰り返して親しくなれば、もしかしたら彼の方から頻繁に雑談LINEを送ってくれるほど親しくなれるかもしれません。

まずは徐々に距離を縮めていくことを意識してみましょう。

【7】送るタイミングを考える

彼から頻繁に未読無視をされると「嫌われているのかな」などのように心配になる人も多いでしょう。

ですが、実は男性が忙しくて未読無視せざるを得ない状況になっている可能性もあります。

たとえば仕事が忙しい男性や仕事中は休憩時間もスマホに触れないような環境の場合は、LINEを見たくてもチェックできないこともあるでしょう。

また「毎週金曜日は接待の飲み会だから、誰からのLINEもチェックできない」のような状況も考えられます。

もし未読無視をされたくないのなら、そのような男性側の事情も想像して送るタイミングを考えることも大切です。

いつも男性から返信が来るのが何時くらいなのかを確認し、それに合わせてLINEを送れば、彼もすぐに見て返信をくれるかもしれませんよ。

まとめ

何度も未読無視をされると「私のLINEを見るのが嫌なのかな」とか「いっそブロックしてくれれば良いのに!」のように、ネガティブなことばかりを考えてしまいがち。

ですが、毎回未読無視をされてしまっても、ブロックされていないのであれば落ち込む必要はありません。

彼がどうして未読無視をするのか想像しつつ、彼の返信しやすいLINEを送りましょう。

そうすれば、少しずつであっても親しくなれるかもしれませんよ。

▶︎拒否されて辛いあなたへ

たとえ、今は拒否されていたとしても、

あなたのことを恋しく思う瞬間は、まだ彼の心にもきっとあるはず…

占い師にブロック解除してもらい

絶望恋が叶ったリアルな口コミ

\ ブロック解除を可能にするには? /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次